2012年01月17日

Small Change(s) coming with Update 6

Small Change(s) coming with Update 6
Update 6でのミンストレルの変更点

原文:Small Change(s) coming with Update 6

私はこのスレッドをしばらくの間アクティブにしておき、変更事項が潜在的に発生した時に、調整を行うつもりです。 最初の変更は、少しネガティブなものです。
  • Anthem of Warによって与えられるフェローシップ・ボーナスは、ダメージボーナスMelee、Ranged、Tactical各々+5%まで減少させられるでしょう。 これは他のクラスがフェローシップにボーナスを供給する余地をもっと多く持てるようにするために行われています。 ミンストレルに提供されるボーナスは同じままでしょう。
  • Anthem of Warの各バフ面に影響するLegacyボーナスも、Melee、Ranged、及びTacticalの各ダメージへ与えられる5%のエクストラボーナスを可能にするために半分のパーセンテージ・ステップに減少されるでしょう。


posted by ヴェネラビリス at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

A Little Teaser

1月13日付けのFree Peoples' Press が公開されています
The Free Peoples' Press 1-13-12


A Little Teaser
Update 6のワーデンについて

原文:A Little Teaser

ちょっとしたティザーを。 本当にちょっとしたティザー情報です。 私がこれを書いているように、ワーデン・クラス改訂のデザイン作業に膝まで浸かっています。 私は、それを管理しています。 実際にデザイン作業で動き始める準備をしており、みなさんが一番確かな筋から情報を聞く時は今だと考えています。

いつものように、テストを行うにつれて、ここに記載されているものは変更される可能性があります。

いくつかの著しい変更がワーデンに行われています。 これらの変更は、ワーデンの役割全部を強化するために行なわれています。「ああ素晴らしい、Orionは 別のクラスを<卑語省略>した!」 そう...私は、これがアップデートされたワーデンを使った時に、人々が持っている感情ではないことを心から望みます。 実際は、私があなた方全員に言ってほしい言葉は次のとおりです:「クラスの魂は完全です。 自分たちがどのようにして遊びたいか、より多くの選択肢を本当に持てた。」

これは、どういうことでしょうか? アップデートの意図は、ワーデンに3つのはっきりと異なる実行可能な役割を供給することです。
  • Primary: Tank(タンク)
  • Secondary #1: Melee DPS(近接DPS)
  • Secondary #2: Ranged DPS(遠隔DPS)

Stance Changes(スタンスの変更)

スタンスは、ワーデンの現在のプレイスタイル(タンク、近接DPS、または遠隔DPS)へワーデンをガイドする際に重要な役割を果たすでしょう。 スタンスのうち2つの名前は変わり、残りの1つは同じままです。 SalvationはConservation(保護)にとって代わり、戦いにおいてワーデンを生かし続けておくものの強化をターゲットとします。 AssailmentはDetermination(決断)に取って代わり、実行可能な遠隔DPSであるために彼らが必要とする装飾品をすべてワーデンに取って来てやることにフォーカスします。 最後に、Recklessnessは近接DPSスロットにフォーカスします。

Tank(タンク) - Salvation(救済)

これは現在のワーデンの主要な役割であり、将来も彼らの主要な役割になるでしょう。 ワーデンが今直面している問題は、ここにいる全員が指の皮が剥け、顔が青くなるまで、議論されてきました。 したがって、現時点で再度詳細を焼き直すことは少し成果がなく思えます。 代わりに、それら多くの問題を扱うために行なわれている変更を確認しましょう。

Battle Preparation(戦闘準備)

ワーデンの成長のかなり初期に獲得される、この新しいスキルは、ワーデンが非戦闘時にGambit(布石)を構築し、使用されるまで30秒間それをリザーブに保持することを可能にします。 これは、ワーデンが戦闘の初めにいくつかの先制防御を起こすことを可能にするでしょう。

Defiant Challenge(大胆な挑戦)

この伝説的特性は、もうGambitをアンロックしません。 代わりにこれは、5-7.5分毎(時間はまだ100%確実ではありません)に使用することができるスキルになるでしょう。 最大10体のターゲットに影響し、5秒から6秒間そのターゲットがワーデンを攻撃することを強制します。 さらにIncoming Damageを40%減らし、ワーデンを攻撃するターゲット全てに報復エフェクトを30秒間与えます。

Gambit Builders

Update 5で実装されたPartial Mitigation Benefit(部分的緩和恩恵)はそのまま残り、現在の通り大きな20%ブーストを獲得します(注意:これは皮肉です。最大6%になるでしょう)。 また、Tier Upするようになり、一度に3つのアイコンが表示されるのではなく、1つのアイコンのみが表示されるでしょう。

Gambits(布石)

これは、タンク特化に唯一フォーカスするのではなく、もっと全般的な変更です;Gambitは、現在選択中のスタンスの、有益及び有害なエフェクトを払うでしょう。 これは、 SalvationでのFist Gambitが脅威、Evasionなどに注目するだろうということを意味します。 さらに、いくつかの恩恵は、大きなGambitよりも小さなGambitを使用する、または一旦大きなGambitが最大限になったら、小さなGambitを再考することを、あなたに余儀なくさせるためにスタックするでしょう。

Salvationについては大雑把に、Fistは主として脅威にフォーカスし、Shieldは主として防御とクリティカル防御にフォーカスし、Spearはダメージディールにフォーカスします。 もちろん、ダメージは前者2Gambitラインの一部でもあります。

Traits & Trait Sets(特性と特性セット)

Masteryに関する多くの議論がありましたが、それらはとどまるでしょう。 それらは特性ラインへ移動し、いずれか1つの特性ラインの5つをスロットする、または4/2、3/3、2/2/2でMastery全てにアクセスできるようになるでしょう。 実際、Master of X特性は、恩恵がもう一度Masteryへノーマル・ビルダーによって与えられるのを許可するでしょう。

ワーデンのタンク・スペックに関しての最後の重要なティザーは、特性ラインの特性を4つまたは5つスロットしている場合に、「クリティカルを受けた後に、ワーデンはX秒間クリティカル打撃に耐性を持つ」が含まれる可能性です。 これは用心深く考慮する必要があるものですが、恐らくアップデートで現れるでしょう。

みなさんは忍耐強く、私は多忙でした。 私は、今後数日予定されている変更を共有し続けたいと思っています。
posted by ヴェネラビリス at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

Scheduled Server Downtime: Tuesday, January 17th

アップデートのためのゲームサーバのダウンのお知らせ。日本時間は1月17日 20:00-24:00。月曜日は、Martin Luther King Jr.'s Birthday( マーティン ルーサー キング牧師の誕生日)のため火曜日がダウンの日になってるようです
Scheduled Server Downtime: Tuesday, January 17th
LOTRO ゲームサーバは、ゲームへのアップデートのため米国東部時間(-5 GMT)1月17日火曜日 午前6時から10時までダウンする予定です。 パッチノートはダウンタイム中に公開されます。 忍耐に感謝します。 またすぐに、ゲーム内でお会いしましょう!

LOTROストア。1月17日から新Armourと新トラベルマップがいくつか追加されるそうです
See What’s New In The LOTRO Store on January 17th!

posted by ヴェネラビリス at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。