2012年02月06日

Re: After Much Waiting...

Re: After Much Waiting...
Update 6のワーデンについて

原文:Re: After Much Waiting...

私はフォーラムへスペックから行くのは難しいです。 最終的にとても大きくなる小さな言葉を時々ミスします。それは謝罪します。 念のため記しておくと、月曜日に再び確認するつもりです。

クリティカル時のWar-cryと他のLifetap

全てがうまくいけば、Lifetapsはクリティカル成功毎にトリガされるでしょう。 さて、私たちは、Lifetapが圧倒的でないことを確実とするため、Lifetapからのダメージと耐久値の転送に少々保守的でした。 ここには取り除くためのハードルがありますが、この作業でそれを得ることができると期待しています。 ここにリストされたものは全て変わる可能性がありますが。

Tiering Buffs

具体的に言うと、War-cry、Brink、及びResolutionから獲得するEvadeバフ。 War-cryは、かなりの時間続くEvade Ratingへの小さなボーナスを適用します。 Brink of Victoryを使用する時、War-cryがアクティブなら、短期間のEvade Ratingへのより大きなボーナスを獲得するでしょう - War-cryは削除されBrinkのボーナスに置換えられ、継続時間はWar-cryバフの継続時間とマッチする長さに延長されます。 Tierのチェーンをあげる場合も、同じようになります。

このゴールは、低TierのGambitの使用に対してあなたに報酬を与えますが、より高TierのGambitを使用したことによりあなたを罰しないことです。 Resolutionをダイレクトに使う場合、短い継続時間の最良のEvadeボーナスを獲得します - しかし、Resolutionを再度使用した場合、そのバフはResolutionの長い継続時間バージョンに置き換わるでしょう。

分かりました?

Gambit Builders

BPEボーナスはまだpartialだけです。 それらは、Block、Parry、及びEvade各々に+6%を許容するようになるでしょう。

War-cry HoT

タイポ - それは普通のHoTです。

Battle Preparation

このスキルは、Gambit Builders と Masteriesの使用を30秒間可能にするでしょう。Battle Preparationのエフェクト下で使用されるどんなGambit Builders あるいは Masteriesも、ブーストやボーナスは適用されません。 Battle Preparationには短い待機時間があり、非戦闘時にのみ使用することができ、Gambitを実行することでBattle Preparationはディスペルされます。 さらに、あなたが構築したGambitを実行する前に、Battle Preparationが満了した場合、それはGambit UIから取り除かれるでしょう。(これは変わる可能性もあります。)

Questions about Legacies or other skills(Legacyや他のスキルについての質問)

後のブログで答えると約束します。

Javelin Range(投げやりの射程)

このLegacy(伝来)については - 私は、ハンターの射程に応じるものにするために最大射程を減少しなければなりません。

Spear Gambits(槍の布石)

遠隔Gambitへ変更された槍のGambitは、射程Legacyに影響を受けるでしょう。

Fist Gambits(拳の布石)

Fistが「Ranged」ラインになるので、私たちは、スキルの多くの射程を25メートルにしています - もちろん、AoEのものは全て、まだ接近していることをあなたに要求するでしょう。 しかし、スキルがシングル・ターゲットである場合、中距離にいることができます。

Stances(スタンス)

スタンスは、すべてのケースでICPRを得ています。 これは気力を速く消費からで、あなたに戦闘中活動的な参加者のままでほしいと思っているからです。

Determinationは、ConservationとDeterminationの最良の部分をとり、それらを組込みます。

Assailmentダメージ・バフはあなたの上にあります。Assailmentの名前は変わっていません。 Assailmentスキルは常に範囲にあります - 今、これはハンタースキルと異なり釘付け状態にしたくないものですが、Javelinベースのスキルに最小距離を課すかもしれません。 これは100%、DPSが最終的に落ち着くところに基づくでしょう。

Way of the Warden != Stance。一定期間、各スタンスを強化するようになります。

Conviction Kiting in Assailment(Assailment中のConvictionカイト)

それを考えると、このスタンスは、より少ない脅威を引き寄せるように構築されています...これは、困難であると分かるかもしれません。 これについては、Convictionがどのように変更されるか成り行きを見守るというのが私のアドバイスです。

作業が前進するにつれて、アップデートしていくつもりです。


ラベル:warden
posted by ヴェネラビリス at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Update 6 事前情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。