2009年04月12日

Release Notes Volume 2 Book 7 Official その6

Turbineが新しいHero’s Guideを公開しています。今回は霧降り山脈
Featured Article: Hero’s Guide to the Misty Mountains

Lorebookのユーザ作成のガイドをCloverさんが紹介しているシリーズ。今回はドワーフ好きの人のためのガイド。
Player Guide Spotlight!

USで、障害やら何やらで、Spring Festivalが延長されるようです
Spring Festival Bonus Weekend 競馬は、disableのまま

my.lotro.com絡みなのですが、開発者向けにWeb APIが公開されたようですよ。
Developers: XML Data Resource

theBrasse.comがFoundations of Stoneの地図を公開しています。
LOTRO Map: Moria Foundations of Stone

Hedge Maze(生垣迷路)の動画があったので、貼っておこう

4月5日の15時頃(JST)、Brandywineサーバが再起動
Re: Please restart Brandywine

4月6日午前9時頃(JST)から、Landrovalサーバも問題発生
Re: Landroval Server is Borking Out...
Landroval issues 4/5-4/6 Update 1:10AM Eastern
We're still investigating the cause of several issues on Landroval. We do not currently have an ETA for any resolution at this time.
Update: 11:45 PM Eastern
We are currently investigating reports of rubberbanding and invisible walls.

その後、4月6日の予告されたメンテナンス後に、また色々あったようですけど(ゴムバンド、見えない壁)、ここに4月6日の状態がちょっとまとめてあります。
April 6 Service Issues

4月7日にWinfloraをダウンさせたみたいだけど、元に戻ったというメッセージが残ってるだけで、詳細は不明。POSTが4月7日22:45、最終更新日時が4月8日2:26(どちらも日本時間)
Windfola Server Downtime April 7, 2009

4月8日2:36(日本時間)に新しく作られたゴムバンド現象と見えない壁の報告スレッド
Please Report Rubberbanding and Invisible Walls Here

Massively.com、4月6日の問題についての記事
Turbine shuts down servers/forum for problems once again

以上色々な問題について、特に人口の多いBrandywineサーバがひどいので、議論用の統一スレッドができてます。
Brandywine Issues Thread

4月10日のサーバ問題についての経過アナウンス
Service issues - Last updated: 2:50 PM EST (-4 GMT), Friday, April 10th
日本時間だと4月11日の午前1時前から午前4時ぐらいだろうか

イシルディンの硬貨のクエスト授与ウインドウかな、これは。




Release Notes Volume 2 Book 7 Official その6

原文:Release Notes Volume 2 Book 7 Official

アイテム(Items)

  • Ornate Yew bowは、適切にスキル継続時間ツールチップをアップデートするようになるでしょう。
  • エゼラルンの希望のトークン(Edhelharn Hope Tokens)は、もう薬ではありません。 これらは、トークン/消耗品アイテムです。
  • お祭りの仮面(Festival Mask)は染色可能になります。 (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 強力罠(Strong trap)は、PvMPにおいて足止めを治療する薬液と収穫逓減に、適切に影響を受けるようになるでしょう。 また、略奪者(Reaver)の突撃! (Charge)スキルは、罠からの足止めを正しくブロックするようになるでしょう。
  • Iron Garrisonの「Guard's Medium Shield」は、他に提供されている盾に見合う価格で販売されるようになります。 (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • Lore-master's Staff of the Third Age(第三紀のロア・マスターの杖)の表示名は訂正されました。 ロア・マスター(Lore-master)は、適切にハイフンで結ばれるようになります!
  • Dimrill Dale's Messenger(おぼろ谷の使者)短剣は、+命運する効果について装備時(5分)と使用時(30分)に適切な待機時間を持つようになります。 (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 夏の日の花火(Summerdays Fireworks)は、使用時に消えてなくなる事はもうありません。 プレイヤーは、その花火を持ち続けることができて、30分に一度使用できるようになります!
  • 春祭り(Spring Festival):祭りがアクティブな間、物々交換と業者NPCは、マップノートを表示するでしょう。
  • ユールのお祭り(Yule Festival):Man Gift Boxは、Bree-land Gift Boxに改名されました。
  • もう住宅用装飾品の空っぽの火鉢(Empty Brazier)を点灯させることはできません。
  • チャンピオンとガーディアンのティア2のEttendeep鎧セットは、その名前が逆にされました。 チャンピオンのセットは、Armour of the Swift-slayer(迅速な殺害者の鎧)と適切に名前をつけられ、ガーディアンのセットはArmour of the Last Stand(最後の抵抗の鎧)になります。
  • Vile Mawの住宅用トロフィーが追加されました。 (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • Kranklûk's Brandは、今後は適切に働きます。
  • 以下のモリアのプレオーダー特典のマントは染色可能になります: (これって、Mines of Moria Patch 1 Noteと同じ事をいっているのか、別の話なのか。というか、これらのマントを日本で入手できる日はくるのだろうか。リンク先はマント画像)
  • グラーン・ヴライグ(Glan Vraig)で提供されるガーディアンとチャンピオンの一部の武器/盾は改名されました。
  • フォロヘル(Forochel)の以下のクエスト報酬アイテムは、わずかにアップグレードされました: (クエスト「冷たい風」の報酬)
    • スーリ=キラの復讐(Sûri-kylä's Revenge)
    • スーリ=キラのあだ討ち(Sûri-kylä's Vengeance)
    • スーリ=キラの報復(Sûri-kylä's Retaliation)
  • フォロヘルの鎧セットをアップデートしたので、それらの鎧を使用するための名声の要件は階層化されました。 新しい要件は以下の通りです:
    • 手/足:フォロヘルのロスソスの派閥における知人(Acquaintance)の地位が必要
    • 胸/肩:フォロヘルのロスソスの派閥における友人(Friend)の地位が必要
    • 脚/頭:フォロヘルのロスソスの派閥における盟友(Ally)の地位が必要
  • Helm of the Silent Knifeは、Hood of the Silent Knifeに改名されました。 Silent Knifeは、モリアで導入されるバーグラー用の鎧セット。外観はこのページで)
  • 鎚(hammer)固有の回避デバフが、もっと頻繁に起動するようにアップデートしました。
  • モリアの鎧セットの靴は、誤ったアーマー値を持っていました。 それらのアーマー値は、わずかに減少されました。
  • 一部の高レベルの指輪は、起動するスキルの使用クールダウン・タイマを持っていませんでした。 今後は、クールダウン・タイマを持つようになります!
  • 一部の低レベルから中間レベル(そして、一つは高レベル)のクエスト報酬アイテムを、戦術クリティカル評価値(Tactical Critical Rating)をブーストさせるために、アップデートしました。 いくつかのケースでは、既存の非戦闘時の再生速度(out-of-combat regen)修正因子を戦術クリティカル評価値(Tactical Critical Rating)修正因子に置き換えました。 この変更は、以下のクエスト報酬アイテムに影響します: (これは低中レベルのLRM、MNSのDPSのアップという目的があるのかな)
    • 軽装鎧(Light Armor)
      • 「巡査の羽根付き帽子(Constable's Feathered Hat)」
        (さびし野のクエスト「気高い行い」)
      • 「バインガラブ(Baingarab)」
        (さびし野のクエスト「風見が丘の奪還」)
      • 「庄察張り込みの帽子(Bounder Shirriff's Cap)」
        (ホビット庄のクエスト「優れた張り込み」)
      • 「ディグウィードの帽子(Digweed's Hat)」
        (北連丘のクエスト「陰謀家の半オーク」)
      • 「ガイルシンの羽根付き帽子(Gailthin's Feathered Hat)」
        (エルド・ルインのクエスト「石の柱」。Book7からかな?lorebookでは、グラミーアの羽根つき帽子(Glamír's Feathered Hat)って名前に変わってるようですね)
      • 「チョップリーの帽子(Chopley's Hat)」
        (イブンディムのクエスト「熊の奇妙な数」)
      • 「マナドランク(Manadranc)」
        (エピック序章「野伏を助けに」)
      • 「ゲルルイランク(Gelluiranc)」
        (ブリー郷「巨人のおおごと」)
      • 「ティリスランク(Tirithranc)」
        (トロルの森「正真正銘の盗賊」)
      • 「ダエアヴンの肩当て(Daervunn's Shoulder Guards)」
        (北連丘「暗黒語の解読」)
      • 「屍肉喰らいの群れ(The Scavenger's Lot)」
        (エピック第一部第二巻「第8章:赤のぬけ道」)
      • 「ハース=ヘルサール(Herth-herthar)」
        (エルド・ルイン「略奪された港」)
      • Aearanc
      • 「ギャトソンの肩パッド(Gatson's Shoulder Pads)」
        (北連丘「群れの防衛」)
      • 「レヘアルフ(Rehearh)」
        (北連丘「老人に死を」)
      • 「ザンスルグの没落(Zanthrug's Fall)」
        (フォルノスト「正体を現したリーダー」)
      • 「リーディの帽子(Reedy's Hat)」
        (ブリー郷「沢地の蜘蛛退治」)
      • 「研究家の帽子(Scholar's Hat)」
        (霧降り山脈「学者の教え」)
      • 「クルガラブ(Curugarab)」
        (イブンディム「古代の王の友」)
      • 「(Ión's First Helm)」(モリア高レベルアイテム)
    • 中装鎧(Medium Armor)
      • 「サエラダンの肩当て(Saeradan's Shoulder Guards)」
        (ブリー郷「シャーキィの計画」)
      • 「ボス=ヘアサール(Both-herthar)」
        (エルド・ルイン「立場違いの料理人」)
      • 「車輪修理工の肩鎧(The Wheelwright's Shoulders)」
        (北連丘「ケンプのへそくり」)
      • 「牙猪の肩当て(The Tusker's Flanks)」
        (さびし野「死水」)
      • 「アラスティルのかぶりもの(Arastil's Headgear)」
        (北連丘「谷の母親」)
      • 「ジョフア=ハールム(Jofur-hálm)」
        (エルド・ルイン「仕掛け金庫」)
      • 「笛鳴らしの頭(Hornsounder's Head)」
        (北連丘「遺産の復興」)
      • 「ワーグの皮革の兜(Warg Hide Helm)」
        (北連丘「影の上着」)
      • 「ピークの兜(Peake's Helmet)」
        (北連丘「アンヌーンディアのワーグ」)
      • 「カンダックの兜(Candac's Helmet)」
        (さびし野「カンダックの配達」)
      • 「エメリンの兜(Emelin's Helm)」
        (さびし野「証拠の重圧」)
      • 「ハナの兜(Hana's Helmet)」
        (さびし野「不快な隣人」)
      • -宝飾品(Jewelry)
      • 「マンスの指輪(Munce's Ring)」
        (さびし野「最高の掘り出し物」)
      • 「きらめく指輪(Shimmering Ring)」
        (エピック第一部第二巻「第6章:ガウント・ロードの手中に」)
      • 「アグラルディアのルビーの指輪(Aglardir's Ruby Ring)」
        (北連丘「散乱した所有物」)
      • 「アエゴール(Aegor)」
        (北連丘「腐敗の特質」)
      • 「タリンゴール(Taringor)」
        (北連丘「アルセダインの廃墟」)
      • 「ロスリン(Lothrinn)」
        (北連丘「遺産の復興」)
      • 「森の指輪(Ring of the Grove)」
        (トロルの森「巨人の足跡」)
    • 武器(Weapons)
      • Staff of Lore
      • Staff of Othrikar
      • 「アマルシス(Amarthis)」
        (クラスクエスト「ロアマスターの遺言」)
      • 「つぼ探しの杖(Urn Finder's Staff)」
        (大塚山「歴史収集」)
      • 「ホークリングの杖(Hawkling's Staff)」
        (ブリー郷「狼の生皮」)
      • 「アイアンバンドの杖(Ironband's Staff)」
        (ブリー郷「盗まれたメモ」)
      • 「一撃の杖(Striking Staff)」
        (さびし野「エグラインの敵」)
      • 「無慈悲の杖(Relentless Staff)」
        (ガルス・アガルウェン「ルダウアの指輪」)
      • 「スタンリックの杖(Stanric's Staff)」
        (さびし野「空にある恐怖」)
      • 「エメリンの杖(Emelin's Staff)」
        (さびし野「証拠の重圧」)
      • 「創設者の杖(Founders Staff)」
        (北連丘「創設者の本の復元」)
      • 「クラングの杖(Culang's Staff)」
        (イブンディム「古びた埋蔵品」)
      • 「ケレグラング(Celeglang)」
        (エピック第一部第二巻「第8章:赤のぬけ道」)
      • 「バヴォールの刃(Bávor's Blade)」
        (エルド・ルイン「仕掛け金庫」)
      • 「リグルの死(Rigul's Bane)」
        (さびし野「風見が丘の奪還」)
      • 「ニシュルークの敵(Nishrûk's Foe)」
        (さびし野「ゴブリンのリーダー」)
      • 「ヒスリムの矛(Hithlim's Mace)」
        (北連丘「攻城技術」)
      • 「トゥーアダム(Túrdam)」
        (北連丘「空腹者への肉」)
      • 「オルグリンの鎚矛(Orgrin's Mace)」
        (北連丘「協定を結ぶ」)
      • 「バラヘンの木槌(Barachen's Mallet)」
        (トロルの森「らしくないトロル」)
  • マント、「ゴロディアの外套(Golodir's Mantle)」と「ゴロディアのマント(Golodir's Cloak)」は、元々の外観に戻りました。 (Mines of Moria Patch 2 Noteに同じものがありました)
  • 以下のアイテムのエンハンスメントは復元されました。 偶発事故により削除されていました:「ケリアの刃(Blade of Keriä)」、「ケリアの短剣(Dagger of Keriä)」、「ケリアの剣(Sword of Keriä)」、「ケリアの杖(Staff of Keriä)」。
  • ルーン石アイテムが、骨男(Bone Man)クエストのもう一つの選択可能な報酬として追加されました。
  • Bombadil's Rune-stone(ボンバディルのルーン石)の耐久性レーティングは増加しました(28から90ポイントへ)。 (「第一部第一巻第10章:塚山丘陵へ」の報酬)
  • Singed Cloakの説明文にあったタイポを修正しました。
  • 霜枝角の頭のトロフィー(Frost-antler Head Trophy)は正しいアイコンを持つようになります。
  • Lest We Forget(忘れる事のないように)の2つのクエスト報酬アイテムは、アップグレードされました:
    • 「Storied Blade」は、体力(Vitality)へのボーナスを受け取りました。
    • 「Borgar's Gauntlets」は、戦闘中に士気を与える可能性のあるエンハンスメントを持ちます。
  • 高レベルのロアマスターの首飾りのステータスは、強化されました。 これは、以下の首飾りに影響します:
    (全部50+の装備です)
  • バーグラーの鉄菱とマーブル(Burglar's Caltrops & Marbles)のアイコンはアップデートされました。
  • モリアのMark of Victory(勝利の印)アイテムの説明文のタイポを修正しました。
  • Elven Steel Boots of Fate」の名前にあったタイポを訂正しました。
  • カワカマス(Pike)の説明文にあった文法的誤りを訂正しました。
  • 薬液と軟膏の名前に一貫性を持たせるために、これらのアイテムの一部を改名しました。
    (生産の研究家の項目にあった変更内容と関連しますね)
    • レベル50以下のエフェクトを取り除く「純正(Pure)」薬液と軟膏は、レベル55以下のエフェクトを取り除く「Distilled(蒸留された)」バラエティと入れ替えられました。
    • レベル60以下のエフェクトを取り除く「Brewed(熟成された、調合された)」薬液と軟膏は、レベル65以下のエフェクトを取り除く「Infused(煎じられた)」バラエティと入れ替えられました。
    • 業者とトレジャーから「純正(Pure)」と「Brewed」バラエティーを取り除く一方で、プレイヤーが所持している、既存のこれらのアイテムは、変更されておらず、今後も通常通り使用できます。
  • Hooded Cloak of Moonlightの説明文にあったタイポを訂正しました。
  • いくつかのワーデンの低レベル一般的盾は古い名前を使用していました。 また、アートワークをよりよく表すためにアップデートされました。
  • 多くの非一般的なルーン石が、まだ「Orb」と呼ばれていました。
  • ルーンキーパーの裂け目(Rift)装備アイテムのHat of Graven Wordは、Circlet of Graven Wordに改名されました。
  • 釣竿は、左手武器/盾スロットを不可能にするためにアップデートされました。
  • Ringent Gem Ringのアイコンと説明文をアップデートしました。
    (The Grand Stair(GS)インスタンスの箱からDROP)
  • チルベインの呪い(Chillbane's Curse)チルベインの嘆き(Chillbane's Woe)は、わずかにアップデートされました。
    (フォロヘルのクエスト「問題の根本」の報酬)
  • ニコの弓(Niko's Bow)ニコの弩(Niko's Crossbow)のツールチップ情報をアップデートしました。 このアップデートは、アイテムの効果を変更しません。
    (フォロヘルのクエスト「類を見ない長牙」の報酬)
  • 一部の非一般的なバーグラーの道具が装備時にバインドとしてフラグされていませんでした。
  • 「Robe of the Mighty Verse」の名前を、「Shirt of the Mighty Verse」に変更しました。 このアイテムは、はじめから決してローブではありませんでした。
  • クエストアイテム:「The Captain of Sâd Rechu」クエスト報酬、Tudur's Challengeの説明文にあったスペルの誤った語を訂正しました。
  • レシピの巻き物の筒(Recipe Scroll Cases):全ての巻物の筒のスタック時の複数形の名前を訂正しました。 また、母音で始まる名前が原因で、文法的に不正確に見えていた、一部の巻物の筒の名前を修正しました。
  • Tool Scroll Cases(道具の巻物の筒):全ての道具の巻物の筒の説明文を、より正確なものとなるようにアップデートしました。
  • Master Tool Scroll Case:今後、Master Tool Scroll Caseを使用するとき、古の鉄、または古の鋼生産道具レシピのどちらかを手に入れる50%の確率があります。 これは、以前よりも、古の鉄の生産道具レシピを見つけることが僅かに少なくなり、古の鋼の生産道具レシピを見つけることがわずかに多くさせます。
  • 一部の非一般的な投げ槍が、間違って弓として設定されており、(他の問題と共に)間違った攻撃アニメーションを使用する問題を引き起こしていました。 これらの問題は修正され、適切に投げ槍として扱われるでしょう。
  • 指輪の「Pride of Búrzghâsh」は、戦術クリティカル・エフェクト(Tactical Critical Effects)に+0%を与えていました。 このバグが他の低レベル帯のアイテムに見られるバグがありましたが、修正されました。
  • Scented Candles(良い香りのする蝋燭)とドワロウデルフの角笛(Horn of the Dwarrowdelf)は、全てのエゼルハンのトークン(Edhelharn Tokens)が使用するものと同じクールダウン・チャンネルを共有するようになるでしょう。 これらすべてのアイテムには、15分のクールダウン・タイマがあります。
  • White Cloth Strip(白い布片)にはアイコンがあります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)

伝説的アイテム(Legendary Items)

  • 伝説的アイテムのUIは、「Runics」ではなく、どんな「Relics(遺物)」がスロットされたのかを述べるようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • チュートリアルチップとツールチップは、「Item Advancement Panel(アイテム成長パネル)」ではなく「Legendary Item Panel(伝説的アイテム・パネル)」と正しく言うようになります。
  • 伝説的アイテムの魔法と近接攻撃防御の異名(Magic and Melee Defence Titles)は、ダメージを緩和せずに、受けるダメージを増加させていました。 しまった!
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 遺物の背景は、UIの遺物スロットの色とマッチさせるために切り替えられました 象嵌(Setting):紫(Purple) 宝玉(Gem):青緑(Teal) ルーン(Rune):橙(Orange)
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 最大レベルで伝説的アイテムを解体する際、現在アイテム上にスロットされている、どのような遺物もプレイヤーの元に返されるでしょう。
  • 再鍛錬で伝来(Legacy)をアップグレードするときはいつも、その伝来に費やされたすべての伝説ポイント(Legendary Points)は返済され、新しくアップグレードした伝来はランク1となるでしょう。
  • 遺物(Relic)ウィンドウに遺物を自動的に結合するためのボタンを追加しました。
  • 成長アイテム(item-advancement item)を解体する前に表示されていた警告を明確にしました。 今後は以下のように警告します、「解体しようとしているアイテムは破壊され、このアイテム、及びこのアイテムに関する全ての遺物、および異名を失うでしょう。 続けますか?」
  • アイテム成長システム(Item Advancement):遺物「Sealed Iron Setting of the Fleet Hand(封印されたはやての鉄象嵌)」と「はやての鉄象嵌(Iron Setting of the Fleet Hand)」の表示名にあったタイポを訂正しました。
  • すべての伝説的アイテムの異名は、異名のティアにかかわらず適切に異なったタイプの異名に置き換えることができるようになるでしょう。 同タイプの異名に関しては、今後も既存の異名が新しい異名よりも低いティアの場合にだけ使用できます。 また、異名アイテムのツールチップは、異名が関連しているのがどのカテゴリかを表示するようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 伝説的アイテムの光と炎ダメージの異名は、もうハンターとワーデンがそれらを使用できると述べません。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • モリアの第一巻第十四章(Book 1, Chapter 14)によって支給される伝説的アイテムは、他の全てのクエスト報酬と調和するように取得時にバインドに変更されました。

ルート・システム(Loot System)

  • 監視者(Watcher)の触手は、もうアイテムをドロップしません。
  • Journeyman Tool Scroll Case(素人の道具巻物の筒)から見習い鋳造師(Apprentice Metalsmith)用の生産道具レシピを受けとる、すべての可能性を除去しました。
  • 一部の一般的戦利品のドロップが、稀な戦利品ドロップと同一の名前を使用していた問題を修正しました。 一般的な黒ずんだ鉤爪(Blackened Claw)戦利品アイテムは、Bent Claw(曲がった鉤爪)に改名され、一般的な浅黒い鉤爪(Dusky Claw)戦利品アイテムは、Crooked Claw(ゆがんだ鉤爪)に改名されました。
  • 大塚山のサムブログ(Sambrog)からドロップする2つのレベル50アイテムは、レベルが変更されました:
    • Javelin of the Unbelieverは、レベル24になります。
    • Runic Slabは、レベル25になります。
    • これらのアイテムの一部のエンハンスメントは、削除されたり、減少されたりしています。

グラフィックス/アニメーション/FX(Graphics/Animation/fx)

  • モリアのGlobsnaga(グロブスナガ?)のオークは、さらに多くの・・興味深い遠隔攻撃アニメーションを使用するようになるでしょう。
  • さびし野で見つかるチャンピオンのレベル32「Glimmer Sword」にあった、グラフィカル・グリッチを修正しました。
  • モリアのオークの散兵(Orc Skirmishers)は、自己治療チャンネル状態の間、より良いFXを持つようになり、彼らを攻撃することによって、彼らのチャンネル継続時間を短縮できます。
  • モリアのオークの狂戦士(Orc Berserker)とゴブリンの忍び(Goblin Sneak)は、彼らの「Bloodied Fury」と「Knives Out」バフが自らに掛かっている間、持続的なFXを持つようになります。 (これにより、mobをターゲットしていないプレイヤーは、ターゲットしていないmobのバフがいつ終わったかをより容易に見分ける事ができるでしょう。)
  • 一体化したシャツとズボン一式の服飾は、新しい灰色、青緑色、橙色の染料で、意図された通りに(シャツだけではなく、ズボンも)染まるようになります。 これらの新しい染料は、これらの衣服の残りのものに対しても同様に動作するようになります。
  • 新しいエフェクトがVile Mawエンカウンターに追加されました。
  • マザルブルの間(Chamber of Mazarbul)の飾り額(plaque)は、適切にその名前を表示するようになるでしょう。
  • Vile Maw - 監視者の誘導スキル使用時のエフェクトは水上に表示されるようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • Gularan VolumeとGularan Compendiumは、適切なアイコンを持つようになります。
    (バラド・グラランの功績「書物の管理人」の対象のアイテムですかね。最近グララン行ってないので、何て日本語訳かわかりません)
  • ワーデンの回避アニメーションを訂正したので、回避中にワーデンの手から、槍以外の武器が飛び出ることは無いでしょう。
  • 座る(sitting)、横たわる(lying down)、または気絶している(fainting)間に、パイプ草またはパイプを使用することによって引き起こされるアニメーション問題を修正しました。
  • ローブを着たドワーフの首は、不正確にマッピングされていました。 これは修正されました。
  • エモート/Smoke1と/Liedown間のインタラクションを修正しました。 なぜなら、喫煙はよくないからです。 特にベッドでは。
  • ホビットとドワーフが、盾を背中に吊るした時に、もう、盾は彼らと同じサイズに縮まないでしょう。
  • プレイヤーは、/musicコマンドを素早く繰り返す事によって、楽器がみえない状態にスタックする事はもうできません。
  • 第一部第十五巻第6章(Volume I Book 15 Chapter 6) - Arodelの戦闘アニメーションのいくつかの問題を修正しました。
  • キャプテン・スキル(Captain Skill) - 暗闇からの脱出 - このスキルを使用した時の軽微なアニメーションのグリッチを訂正しました。
  • ドワーフは、殴り合いによる実験を済ませ、彼らの種族的な攻撃にもう一度頭突きアニメーションを使用します。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • アラゴルン(Aragorn)は足が軽やかなのでしょうが、彼は「旅立つ仲間(Fellowship Departs)」の間、適切に地面に置かれて、皆が用意するのを待っている間、もう地面から浮き上がって歩かないでしょう。
  • Rumilには、もうこれ以上「俺はズラを被ってるんだ!」と見えるような外観はありません。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • モンスターは、攻撃と攻撃の間に、腕を広げた状態で突っ立つ事はもうないでしょう。
  • インテル・グラフィックス・チップセットで動作させている場合に、モリアの一部の通路と天井が不可視になっていました。 これは修正されました。
    (Mines of Moria Patch 2 Noteに同じものがありました)
  • モリアで他のプレイヤーを見るとき、彼らのトーチの光は、正しく彼らの下方の地面を照らすようになるでしょう。
  • 景観は、一部のエリアにおいて、遠方でとても明るく表示されていました(そして時には全く表示されない)。 これは修正されました。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 特定のグラフィック設定を使用すると、カメラ移動時に光るオブジェクトが点滅することがありました。 これは修正されました。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • ホビット庄(Shire):道具無しで農作業をしていたホビットを修正しました。
  • モリア:Fungus Takes Flight(菌類は飛び立つ):Globsnagaは、檻からテレポートする代わりに、檻から逃げだすようになるでしょう。
  • モリア:Oxiの全てのバージョンは同じように見えます。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 人間女性のモリアバーグラー兜は、誤ったテクスチャを呼び出していました。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 女性エルフの下半身のテクスチャ・マッピング問題を修正しました。
  • 男性人間がハドランク(Hadoranc)を装備した場合に、その他のあらゆるアバターが装備した場合と異なって見えていました。 これは修正されました。
    (「第一部第十四巻第15章:北方の運命」の報酬)
  • ドワーフ製兜は、もう一部の人間女性の鼻を切り取る事はありません。
  • ルーンキーパーの裂け目鎧は、すべてのコンポーネントで適切なテクスチャがかけており、さらに適切な染色性能も欠けていました。
    (ひょっとしたら、Mines of Moria Patch 2 Noteと同じ事を言ってるのかもしれない)
  • 様々な配置問題と浮遊するオブジェクトを修正しました。
  • 伝説的武器のビジュアルFXが有効になりました。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました。この下位項目も)
    • 全ての伝説的武器には、デフォルトの白いVFXがあります。
    • スレイヤーの異名を適用されている武器は、そのスレイヤー・タイプに関連しているモンスターに対してつらぬき丸(Sting)vfxを獲得します。
    • 各ダメージタイプは、それぞれ自身のVFXを持ちます。
    • VFXはアイテムレベルに応じてより強くなります。
  • Foundations of StoneのRune-rockは、Rune-rockらしく見えるようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • Aflame Deepsにある余分な浮遊しているレバーを削除しました。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • インゲームのクレジットの間に現れるイメージは、もう低解像度で全てのテキストをカバーしないでしょう。
  • モリア:Asgil the Forge-master(鍛錬名人)頭上のアイコンは、もう柱の中にはありません。

ワールド(World)

  • Dalgum-ruにさらに多くのオークを追加しました。
  • キーホルダー(key ring)に「カルン・ドゥームの門の鍵(Carn Dûm Gate Key)」を追加していると、カルン・ドゥームの門が開いているようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 霧降り山脈(Misty Mountains)のゴブリンの火炎壷の野営地(Goblin Fire camp)は、大釜が使用されると、再びその大きなドラマシーケンスを適切に始動させるようになるでしょう。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • エリアドールの賢者(Sages of Eriador)は、3個の大勝利の印(Marks of Triumph)で、1個の達人研究家の巻物の筒(Master Scholar Scroll Case)を提供するようになります。
  • 長い断片が深淵の西側にあって、短いものが東側にあった状態のカザド=ドゥム(Khazad-dum)の橋の壊れた断片は逆さでした。 それらは、今回反転されました。 これは、壊れた橋に立ったままログアウトした人たちが、空中にログインして真っ逆さまに破滅へと落ちる可能性があります。 これは、不安定な橋でログアウトするべきではない事を彼らに教えるはずです。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • ジラクジギル(Zirakzigil)の馬屋の主人は、守衛を持つようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • Thorgynyは、他のドワーフと一緒に引っ越してきました。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • アングマールに居るさまざまな守衛(guard)の外観を修正しました。
  • モリア:ジラクジギル(Zirakzigil):こうもりは、檻の中にいるようになります。
  • The Drowned Treasury」にタイポが発見され、訂正されました。 品質は著しく増加しました!
  • 「旅立つ仲間(The Fellowship Departs)」の間、フロドが恐怖(Dread)を持っていない事に気が付いたみなさん、もう恐れる事はありません:彼はまだ指輪を持っています;このインスタンス中の彼の恐怖は戻ってきました。
  • トーリンの館(Thorin's Hall)と裂け谷(Rivendell)の鍛錬名人は、本当の名前を持つようになります。皆さん、RósarとSnárに会いに行きましょう!
  • 別の主張があるにも関わらず、モリア外のIron Garrison Guardは、本当にドワーフです。 彼らを調べる時、もう誤って人間とレポートされる事はないでしょう。
  • おぼろ谷(Dimrill Dale)のドワーフは、プレイヤーが彼らと話すときに、もうモリア内部にいる振りをしないでしょう。
  • エレギオン(Eregion):ミロベル(Mirobel)近くのテント内部に居る一部のアングマリムは、バイタルを表示するでしょう。
  • Dark Delvingsの「Grasp of Darkness(暗黒の支配)」エフェクトは、フェローシップのメンバーが光から出入りするたびに、フェローシップのプレイヤー上にスタックし続けることはないでしょう。

街のサービス(Town Services)

  • 我々は、ドワーフとエルフの軽装鎧業者が同一だった事に気が付きました。 ドワーフの名前を持っていたエルフは改名され、名前の命名者も改名されました。
  • 宝飾品の商人(Jewellery Trader)のあざみ冠毛家のフローラ(Flora Thistledown)とブライズ(Blythe)のタイトルにあったタイポを訂正しました。
  • 洋品店(Outfitters):中つ国の洋品店は、いくつかの追加グッズを販売するようになります:
    • しっかり染色されるシンプルなフード付きとフード無しのマント。
    • ホビット、エルフ、及び人間の洋品屋は、だれでも使用できますが、(それが投げ槍のパックであるので)ワーデンを直接ターゲットにしたバックパックを販売するようになります。。
  • 酒場連盟(Tavern League):Jigダンスは、秋祭りのトークン(fall festival token)で購入できます。

Travel/Maps/Radar

  • 春祭り(Spring Festival):全ての業者は、マップノートを持つようになります。
  • モリアの壁(Walls of Moria)の地図には、エリアドール、ロヴァニオン(Rhovanion)、及びモリアへのショートカットがあります。 ドゥリンの扉(Durin's Door)のアイコンを含むように、この地図のアートをアップデートしました。
  • モリアと第一部第十五巻(Vol I: Book 15)の無理に使われたり、失われていたミニマップは修正されました。 他のモリアの多くのダンジョンも修正されました。
    locはあなたが居る地域を与えるようになるでしょう。
    Location: 有効であれば座標が与えられます。
  • エレギオンの快速旅行ルートは、通常の旅行ルートよりもコストが掛かるようになります。
  • ドワーフは、エルド・ルインのノグロンドに馬屋を作りました! これは、プレイヤーがトーリンの館(Thorin's hall)からゴンダモン(Gondamon)へ行く途中で馬から降りる必要無しに、ノグロンド(Noglond)への旅行を可能にするでしょう 。逆もまた同様です。
  • エルド・ルイン、ホビット庄、及びブリー郷のほとんどのルートの馬旅行のコストはかなり下げられました。
  • 以前、Stone-Climber's Campを参照していた旅行ルートは、正しくAnazârmekhemを参照するようになります。
    (Mines of Moria Patch 1 Noteに同じものがありました)
  • 乗馬中に、痛烈ヒット(Devastating Hit)を受けても下馬しなかった問題を修正しました。
  • 新しい快速旅行ルートが追加されました! 各ルートのコストは1spです:
  • 小谷村(Combe)
    • ケロンディム(Celondim)への快速旅行
    • 大堀町(Michel Delving)への快速旅行
    • トーリンの館(Thorin’s Gate)への快速旅行
  • ブリー南(South Bree)
    • ケロンディム(Celondim)への快速旅行
    • 大堀町(Michel Delving)への快速旅行
    • トーリンの館(Thorin’s Gate)への快速旅行
  • 大堀町(Michel Delving)
    • 小谷村(Combe)への快速旅行
  • ケロンディム(Celondim)
    • 小谷村(Combe)への快速旅行
  • トーリンの館(Thorin’s Gate)
    • 小谷村(Combe)への快速旅行

パフォーマンス/クライアント(Performance/Client)

  • ルーンキーパーのスキル使用が一部のシステムで性能問題を引き起こしていました。 これは修正されました。
    (Mines of Moria Patch 1 NoteにDX10システムでという書き方でルーンキーパーのスキルの性能問題の記述がありました。同じものかもしれない)
  • 生産中、及びメールボックスを開こうとしている時に、奇妙な「忙しすぎる(Too busy)」エラーが発生する事はもうありません。
posted by ヴェネラビリス at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水着 ビキニ
Posted by ブーツ レディス at 2013年08月26日 09:22
ck
Posted by パネライ 時計 at 2013年10月11日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122732422

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。