2009年07月24日

Book8での12人レイドの最小限Radienceに到達するためのサマリとか、Fellowship Maneuver Stunとか

おそらく何かしらバグらしいのですが、
So this is why we lag.
mobが大量にspawnする現象がフォーラムで報告されてます。1枚目が大量に沸いている画像で、2枚目はGMが処理した画像です。
screenshot00005y.jpg screenshot00008s.jpg
同じような状況が、エテン
In an effort to help our crummy server...
それから、おそらくこれもそうらしいですが、イヴンディムでも起こってるようです。
OMG bears!
Frelornさんが、mobのextra heavy spawnsに出くわしたら、ここで報告するか、GMにチケットを切ってくれと発言しています。
Re: So this is why we lag.
この振舞い(余分な大量のmob出現)を確認した人は、フォーラムを通してここへ、または、GMへのチケットを通して、その位置を私たちに報告してください。 ありがとう。
If anyone sees this behavior (extra heavy spawns) please report the location to us either here through the forums or via a ticket to a GM. Thanks.


上記のバグらしき状況と関連あるみたいですが、モリア内(?)でAnti-Exploit(AE)が頻発しているらしいです。公式フォーラムの以下のスレッドにDolven-Viewで起きたAEの現象がSS付きで報告されてます
Anti-Exploit mode running amuck in Moria
目処は全くたってないようですが、Tubrbineもこのバグは認識して、調査をしているようです。スレ内のTurbineのDingorfinさんの発言
Re: Anti-Exploit mode running amuck in Moria

この問題は活発に調査されています。 そして、2つの異なった(しかし、外見的には関連した)問題があります:
  • これらの位置にspawnするべき数よりも、多くspawnしているモンスター。
  • モンスター経路を見つけられず、それ故にanti-exploit(抗弱点)モードに入っている。
今のところ、この問題に対するフィックスのETAはありませんが、私達はこの問題を今現在活発に調査している事をみなさんには認識して欲しいと思います。

LOTRO Chroniclesに、Watcher、さらにはDar Narbugudに行くために要求されるRadienceの最小限のレベルに達するためのサマリが載っています。
LOTRO Chronicles:Achieving minimum radience in book 8
ざっと読むとこんな感じだろうか。(ちなみに+15Radience装備は、2つセットでティア1.5の意味があります。10Radience=1Hopeですが、Radienceは合計した場合に、5あまると、その部分は切り捨てられます)
2つのエンドゲーム12人用インスタンスは、ゲート制御されています。つまりは、インスタンスに入るために、特定の最小限Radience値を必要とします。 個人的には、これを劣ったアプローチと思うし、大方のプレイヤーがそう思ってるのは秘密でもなんでもない。
現在、必要な最小限のRadience値は、Vile Maw (the Watcher)が+50、Dar Narbugudが+70。
Vile Mawのために必要な+50 radienceを達成する最も速い方法は、ハード・モードで1個のBoAコインをドロップする、最初の(そして最も簡単な)2つの6人用インスタンスを完了する事です。 これらは、Grand Stairs(Bootsと交換できるPlatinum Coin of Courage)とForges(Chestと交換できる、Platinum Coin of Strength)です。 これらの鎧アイテムの各々は、+10の輝きを与え、合計+20になります。
完了するたびに、2つの新しい3人インスタンスは各々3個のGlistening Elf-stonesを落とします;これら4つを、ティア1.5のRadience鎧アイテムと交換することができ、それぞれには+15のRadienceがあります。 Mirror Halls of Lumul-NarとWater Wheels of Nalad-Dumを4回完了する事により、合計で+30になるGlovesとLeggingsを獲得できます。 以前の6人用インスタンスから得たBootsとChestsを加えると、Vile Mawに入るために必要な+50 Radienceが揃います。
しかし、+70を達成する事は、より困難です。 あなたは、16th Hall(非セットのsoulderと交換できるIron Coin of Fortitude)とDark Delvings(非セットのhelmと交換できるIron Coin of Knowledge)という名の、ティア1シリーズの2つの最もタフな6人用インスタンスを完了し、各+10 radienceの価値を持つ装備を2つ手に入れる、あるいはWatcherがドロップする2つのティア1セット鎧(Helmかshoulder、それぞれ+20 Radienceの価値)のどちらかを獲得する。 上記2つのどちらかを行う必要があります。 なお、Dar Narbugudボスを除いては、Gurvand(Dark Delvingsの最終的なボス)は現在までLOTROで最も厳しい戦いであるとみなされます。
更なる1つのショートカットは、できるだけ頻繁にFilikulインスタンス(Nornúan the Turtle)を完了することです。これは、彼が時々ティア1鎧ピースに、交換可能なPlatinum coinを落とすからです。 Nornúanは、簡単にできるインスタンスであり、不完全でも有能なPUG(ピックアップグループ)さえ容易に倒すことができます。
最後に、Watcher用の+50のRadienceとDar Narbugud用の+70 Radienceは、すくみを避けるのに必要な最低限であることが強調されなければなりません;士気とスキルを結果として減少させる、恐怖(Dread)がまだあります。 より多くのRadienceを手に入れる事が、よりよい結果を生みます;これには、Destiny Pointsで買うことができるextra+10を含み、それは鎧から得るRadienceともスタックします。


Book8で導入された、Fellowship Maneuver Stunについて いまひとつ、よくわかってない感じで訳

原文:Re: Outrageous Nerf to Cow-Tipping

戦闘状態(combat state)の一貫性に対する懸案事項に対処するために、私たちはFellowship Maneuver Stunと呼ばれる新しい戦闘状態を作成しました。 この戦闘状態はそれ自身のユニークなアイコンと共に、失神状態(stunned state)として現れるでしょう。

この変更は、様々な戦闘状態と、それらに伴う耐性、両方に関しての混乱を抑えるために行われました。

今日のフォーラム中でも、人々は、何がノックダウン(knockdown)、失神(stun)、放心(daze)、ノックアウト(knockout)、フェローシップ連携開始イベント(Fellowship Maneuver starting event)かを尋ねます。 このヴィジュアル/ゲーム・システムの質問を軽減するために、わたしたちは、この戦闘状態を標準化しました。 フェローシップ連携(Fellowship Maneuver)を開始できるあらゆるプレイヤースキルまたは能力は、この戦闘状態を通して、フェローシップ連携を開始するでしょう。 今後数ヶ月に渡って、私たちは、フェローシップ連携を開始するために、この状態を使用するように、全てのスキルを変換していくつもりです。

現在の戦闘状態(Combat State)は、以下の通り:Fellowship Maneuver Stun、失神状態(Stunned)、放心状態(Dazed)、ノックダウン(Knockdown)、ノックアウト(Knockout)、足止め(Rooted)、恐怖状態(Fear)、Full Immobilize(完全な停止状態?)。

みなさんにとって、これが意味するもの:

  • フェローシップ連携開始スキルによるFellowship Maneuver Stun状態を標準化するだけであって、どのようなクラスのフェローシップ連携能力をも除去するつもりはありません。
  • フェローシップ連携を開始するものと、ランダムなノックダウン・アニメーションの対比がプレイヤーにとってより明確となるでしょう;Fellowship Maneuver Stunとそれ以外です。
  • また、それは、私たちが他のスキルに混乱を発生させずに、ノックダウンとノックアウト・アニメーションを使用できることを意味します。
  • FS連携(conjunctions)を開始するモンスターAIによるFS連携は、当初故意に難しい状態で設計された意図通りになるでしょう。
  • PVMPでは、プレイヤーがフェローシップ/ウォーバンド連携(Fellowship/Warband Maneuver)を開始できた場合、それを止めることができるものがわずかしかないため、致命的になることを意味します。


posted by ヴェネラビリス at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。