2009年10月21日

Developer Diary: Legendary Item System Updates プラス PvMPの収穫逓減アップデート

lotrofishing.comというサイトが出来てます。
www.lotrofishing.com

LOTRO宝くじ。
Try Your Luck in Middle-earth!
LOTRO宝くじのβが始まったそうです。
mylotro.comにログインして、自分のページを見ると(キャラクタページ、プレイヤーページどちらでもかまわないです)、左のカラムに以下のようなウィジェットが追加されてるようです。プレイヤーページからがいっぺんに出来て楽かも?
lottery.jpg
これをクリックすると以下のようなウインドウが表示されるので、チェックしてsubmitします。 drawing.jpg
そうすると以下の画面が出て、結果はインゲームのメールで来るらしい。
drawing success.jpg
この宝くじはキャラクタ毎にあり、レベル、種族、クラスによってランダムな場合があるようです。賞品はインゲームのアイテムのみで、Turbineの裁量で分配されます。 Turbineのアカウントを持ってる人なら誰でも参加できます。
このベータテストの間は、毎日のくじと、月末のくじがあるようです。 この宝くじを祝うために、レベル相応の銀貨と2つの花火が含まれます。
一部のプレイヤーにはこのウィジェットが現れないバグがあるようです。
フィードバックのために、新規フォーラムが公開されています


Sapienceさんの発言。
Re: A compilation of Dev Answers regarding SoM pricing - for your convenience
Adventurer's Packにアップグレードしたのに、SoMが追加されてない
それ(SoM)は、ローンチに伴って、あなたのアカウントに追加されるでしょう。

Siege of Mirkwoodをfreeで手に入れるために、month to monthプランから複数月プランへ支払いプランを変更する人は、あなたの支払いプランを変更するだけでよい事を覚えておいて下さい。 myaccount.turbine.comページで「アップグレード」ボタンを使用する必要はありません。 UpgradeボタンはAdventurer's Packを購入することになっています。

また、その他の質問について。 そうです、たとえSiege of Mirkwoodを購入しないほうを選んでも、あなたは、12月1日以降に、Adventurer's packのみを購入できます。
It will be added to your account at launch.

For those who are changing from month to month plans to multi-month plans to get Siege of Mirkwood for free, please remember you ONLY need to change your billing plan. You do not need to use the 'upgrade' button in the myaccount.turbine.com page. The Upgrade button is to purchase the Adventurer's Pack.

Also, for those who have been asking, yes you can purchase just the Adventurer's pack after December 1 even if you choose not to purchase Siege of Mirkwood.


Frelornさんの発言。Siege of Mirkwoodで、PvMPの収穫逓減(Diminishing Returns)が変わります。例えば、今までstunとrootは別々にカウントされてたのが、別々にカウントされなくなって、CCという括りでカウントされます
Re: Where is the dev info about new monster changes for 65???

私たちは、いくつかの点でまだテスト中のため、マウントシステムについて、まだコメントする事はなにもありませんが、私は、SoMでもたらされる何らかの情報を与えるよう要求しました。 Creepが自動的にレベル65を獲得する事に加え、ここに来るもう一つの変更があります・・・

クラウド・コントロール収穫逓減の法則への変更(Changes to CC Diminishing Returns)
全てのクラウド・コントロール・エフェクト(fears(恐怖)、roots(足止め)、stuns(失神)、及びdazes(放心))は、同じ適用カウンタ上でカウントされるようになります。 これは、PvMP(もちろんPvMPだけで)の収穫逓減を対象として、どんなクラウド・コントロール・エフェクトの各適用も、クラウド・コントロールというタイプの継続時間にカウントされることを意味します。

参考として、各々のクラウド・コントロール・エフェクト対適用カウンターの継続時間テーブルは、以下の通りです:

Roots/Dazes(足止め/放心)
  • 最初の適用(First Application) = root/daze継続時間の50%
  • 2回目の適用(Second Application) = root/daze継続時間の25%
  • 3回目から9回目の適用 = root/daze継続時間の5%
  • 10回目以降は、root/dazeは目標に何の影響も及ぼしません

Stuns(失神)
  • 最初の適用(First Application) = stunの継続時間の100%
  • 2回目の適用(Second Application) = stunの継続時間の50%
  • 3回目の適用(Third Application) = stunの継続時間の25%
  • 4回目から9回目の適用 = stunの継続時間は1秒
  • 10回目以降は、stunは目標に何の影響も及ぼしません

Fears(恐怖) (これはクラウド・コントロールのfearのみに適用される事に注意して下さい - 抵抗タイプ:fearのデバフには適用されません)
  • 最初の適用(First Application) = fearの継続時間の100%
  • 2回目の適用(Second Application) = fearの継続時間の50%
  • 3回目の適用(Third Application) = fearの継続時間の25%
  • 4回目から9回目の適用 = fearの継続時間は1秒
  • 10回目以降は、fearは目標に何の影響も及ぼしません

この適用カウンタの変更についての例:

PvMPで放心状態エフェクトを受けます。 それはCCエフェクトの最初の適用としてカウントされ、放心状態エフェクトの継続時間は50%です。 その効果がなくなった後、次に失神状態エフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの2番目の適用とみなされ、失神状態エフェクトの継続時間は50%です。 その効果がなくなった後、足止めエフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの3番目の適用とみなされ、足止めエフェクトの継続時間は5%です。 その効果がなくなった後、恐怖状態エフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの4番目の適用とみなされ、恐怖状態エフェクトの継続時間は1秒です。

収穫逓減の適用カウンターは永続的では無い事に注意してください - 45秒間どんなクラウド・コントロール・エフェクトも受けないなら、適用カウンタはリセットするでしょう。


Developer Diary: Legendary Item System Updates
伝説的武器触った事ないので、勘所がわかりません
あと、こちらの補填的なPOSTの内容も含めています

原文:Developer Diary: Legendary Item System Updates

開発日誌:伝説的アイテム・システムのアップデート Developer Diary: Legendary Item System Updates

概要(Overview)

The Lord of the Rings Online™: Siege of Mirkwood™において、Mines of Moria™で導入された伝説的アイテム・システム(Legendary Item system)はアップデートされています。 伝説的アイテム・システムのこの修正は、伝説的アイテム・システムの導入以来、私たちが受けたフィードバックの大部分を組み込んでいます。

識別と再鍛造の変更(Identification and Reforge Changes)

システムの主要な問題の1つは、プレイヤーが、特定のLegendary Itemが「good(良い)」ものだと分かる前に、大量の時間を注ぎ込まなければならないということです。 私たちは、識別と再鍛造プロセスを、もうちょっとシステムの前面へ持っていくために、変更しました。 識別時に、Legendary Item(LI)にセットされている初期伝来(Legacy)は、「best(最も良い)」伝来だけから引き出されます。 これは、LIにいくつかの魅力のある伝来があるのを確実にし、プレイヤーは、それをレベリングするのに時間を費やす前に、そのLIが価値があるかどうか、大体推測をすることができます。

アイテム経験値の変更(Item Experience Changes)

2番目の大きな変更は、レベリングに必要なアイテム経験値の量と、それを行った事に対する報酬です。 最初の30レベルは、現在ゲームで使用されているのと同じ経験値テーブルを使用します。 レベル10、20、及び30の時、最初の3回の再鍛造では、識別(グループA)プールからではなく、伝来の2番目のグループ(B)から主に伝来が追加されるようになります。もっとも、グループAから伝来が選択される小さなチャンスもあります。 プレイヤーは、今後も、彼らの伝説的アイテムに追加するために選ばれた、2つのランダムな伝来を獲得します。

レベル30から、最高レベルの60までレベルアップするのに必要となる経験値(Ageに関わらず、全てのの伝説的アイテムは、最大60レベルになります)は、伝説的アイテムのAgeに依存します。 30から60の各レベルは、同じ量の経験値が必要になります; 第三紀(Third Age)のLIはレベル毎に20,000の経験値が必要に、第二紀(Second Age)は40,000、第一紀(First Age)は80,000が必要となります。

レベル40、50、及び60での再鍛造は、アイテム上の伝来の一つのティアにアップグレードを与えるでしょう。 ただ今後も、アップグレードのために、2つのランダムに選択された伝来を選択できるでしょう。

これらの変更の結果、第三紀のアイテムは、現行システムと比べると、最高レベルに達するために必要な総経験値が約1/3になります。 第二紀のアイテムは総量の約2/3で、第一紀のアイテムは、現行システムと比べると、最高レベルに達するために必要な総経験値が少し増えます。 このレベリング体系は、より多くの成長の瞬間与え、現在の高レベルXP値で「grinding(骨身を削って作業)」している感じを減少させます。

伝来の変更(Legacy Changes)

Siege of Mirkwoodに伴い、各クラスの一連の伝来(Legacy)はアップデートされました。 最も劣った伝来は、削除され、新しい伝説的アイテムにはもう追加されません。また、一方で他の劣った伝来は強化されました。 さらに、各クラスは一握りの新しい伝来を獲得しました。 ほとんどの場合、各クラスの伝来にどんな大きな変更もありません。 あまりにも特殊すぎるアプリケーションを持つ、あまりに多くのチャンピオン用伝来があったと感じられたので、チャンピオンは例外となります。 彼らのスタンス・ベースのダメージ伝来を、個々のスキル・ダメージ・ボーナス、及びもっと一般的なダメージ伝来に置き換えました。 他の栄光(Glory)及び熱情(Ardour)ベースの伝来は、これらスタンスの両方に影響するように結合されました。

Siege of Mirkwoodがローンチされると、全ての伝説的アイテム上の全ての伝説ポイント(legendary point)はリセットされるでしょう。 また、それぞれ既存の伝説的アイテムは、新しい経験値テーブルに変換されるでしょう。 ほとんどの場合、この措置の結果、アイテムは追加レベルを獲得するでしょう。 このプロセス間に、発生するどんな再鍛造チャンスも保持されます。 プレイヤーは、Forge Masterのところで、複数の再鍛造が利用できる事があります。


伝説的アイテム成長の巻物(Legendary Item Advancement Scrolls)

通常のアイテム・レベリング・プロセスに加え、プレイヤーは、伝説的アイテムがアップグレードされるとき、さらに伝説的アイテムをカスタマイズする機会を持つようになるでしょう。 mobからのドロップと伝説的アイテムの解体(deconstruction)中に、見つけることができる、新しい一連の伝説的アイテム巻き物(legendary item scroll)があります。 各タイプの巻き物は、それらを使用する伝説的アイテムに更なるアップグレードを許すでしょう。

力付与の巻物(Scrolls of Empowerment)

これらの巻き物で、プレイヤーは、彼らの持つ伝説的アイテムの1つで、選択したいかなる伝来のティアもアップグレードさせることができます。 入手可能性と、アップグレードするために利用可能な伝来を持っている事以外に、これらの巻き物の使用に対する制限は全くありません。

伝来交換の巻物(Legacy Exchange Scrolls)

これらの巻き物で、1つの既存の伝来を、巻き物にある伝来と交換ができます。 今までのところ、賢者(Wise)は基本的なステータス(Statistics)、腕力(Might)、体力(Vitality)などを増加させる伝来を与える巻き物を解読できただけです。

探求の巻物(Scrolls of Delving)

これらの巻き物は、伝説的アイテムの最大成長レベルをレベル70まで10増加させます。 アイテム経験値は与えられません。 追加の10レベルが得られなければなりません。 どんな伝説的アイテムも、1つの伝説的アイテムに、これらの巻き物の1つしか使用できません。 伝来アップグレード再鍛造(legacy upgrade reforge)がレベル70で与えられます。 レベル60からレベル70の伝説的アイテムは、解体目的のために最高レベルに達したとして扱われます。

刷新の巻物(Scrolls of Renewal)

これらの巻き物は、プレイヤーがどういう風にでもポイントを再び費やすことができるように、アイテムに費やされた伝説的ポイント(legendary point)を0にリセットします。


遺物システムのアップデート(Relic System Updates)

生産された遺物(Crafted Relics)

あらゆる伝説的アイテムは、今後4番目の遺物(Relic)スロットを持ちます。 このスロットは、遺物結合システムの一部では無く、代わりにクラフターによって作成される新しいタイプの遺物だけを保持するでしょう。 各生産は、特定のステータス、士気または気力にボーナスを与える遺物を作ることができます。 さらに、いったんSupreme Masterランクに達すると、すべてのクラフターは、Greater Crafted relic(名工の作った遺物)を作ることができます。 これらのGreater Crafted relicは、それらを作ったクラフターによってのみ使用されることができ、近接(Melee)、遠隔(Ranged)、または治癒(Healing)スキルに小さなボーナスを与えます。

ステップ9の遺物(Tier 9 Relics)

遺物の新しいティアが、ティア8後の遺物結合システムに追加されました。 これらの新しい異物は、他の遺物と同様のスタイルのボーナスを与えます。


遺産ルーンの変更(伝説的アイテムXPルーン)(Heritage Rune Changes (Legendary Item XP Runes))

 
Mines of Moria™で見つけられる遺産ルーン(Heritage rune)には、最大レベル60のアイテムを目標としてもつようになります。 ステータスレベル60以下のどんな伝説的アイテムにでも、これらの遺産ルーンを使用できるでしょう。 モリアの遺産ルーンは、Siege of Mirkwood™で見られる、ステータスレベル61以上の伝説的アイテムには使用できません

私たちは、Siege of Mirkwoodの全ての伝説的アイテムで使用できる新しい遺産ルーンを導入するでしょう。


解体補償(Deconstruction Compensation)

 
以下の要件に適合する伝説的アイテムは、モリア遺産ルーンと闇の森遺産ルーンの両方を解体時に生み出すでしょう:

  • 伝説的アイテムは、経験レベル60でなければなりません(レベル・アンロックの巻物が使用されていた場合、レベル61-70)。
  • 伝説的アイテムは、第一紀か第二紀のアイテムのどちらかでなければなりません。
  • 伝説的アイテムは、ステータス・レベルが60以下です。

  
この変更は、プレイヤーが、モリアの能力が最高度に達した第一紀または第二紀の伝説的アイテムを解体して、新しい闇の森伝説的アイテムに使用するための、闇の森(Mirkwood)遺産ルーンを生み出す事ができるようにするでしょう。 これらの解体から受け取った闇の森遺産ルーンは、モリア遺産ルーンよりも少ない経験値量を持つルーンとなるでしょう。




posted by ヴェネラビリス at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。