2009年12月21日

Release Notes Volume 2 Siege of Mirkwood Launch Officialその3

Release Notes Volume 2 Siege of Mirkwood Launch Officialその3
Siege of Mirkwoodリリースノート

原文:Release Notes Volume 2 Siege of Mirkwood Launch Official

Monster Play(モンスター・プレイ)

General Monster Play(モンスタープレイ全般)

全てのクラウド・コントロール・エフェクト(Fear、Root、Stun、Daze)は、今後、同じ適用カウンターでカウントされます。 これは、PvMP(PvMPのみ)の収穫逓減の目的のために、あらゆるクラウド・コントロール・エフェクトの各適用が、クラウド・コントロールというタイプの継続時間に対してカウントされることを意味します。 参照用に、各々のクラウド・コントロール・エフェクト対適用カウンターの継続時間表は、以下の通りです:

  • Roots/Dazes(足止め/放心状態)
    • 最初の適用 = root/daze継続時間の50%
    • 2回目の適用 = root/daze継続時間の25%
    • 3回目から9回目の適用 = root/daze継続時間の5%
    • 10回目の適用以降は、root/dazeは、もうターゲットに影響を与えないでしょう。
  • Stuns(失神状態)
    • 最初の適用 = stunの継続時間の100%
    • 2回目の適用 = stunの継続時間の50%
    • 3回目の適用 = stunの継続時間の25%
    • 4回目から9回目の適用 = stunの継続時間は1秒
    • 10回目の適用以降は、stunは、もうターゲットに影響を与えないでしょう。
  • Fears(恐怖状態)(これはクラウド・コントロール・タイプのFearにのみ適用される事に注意してください - 抵抗タイプ:Fearのデバフには適用されません)
    • 最初の適用 = fearの継続時間の100%
    • 2回目の適用 = fearの継続時間の50%
    • 3回目の適用 = fearの継続時間の25%
    • 4回目から9回目の適用 = fearの継続時間は1秒
    • 10回目の適用以降は、fearは、もうターゲットに影響を与えないでしょう。

例: あなたはPvMPでDazeエフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの最初の適用としてカウントされ、このDazeエフェクトの継続時間は50%です。 このエフェクトが切れた後、今度はStunエフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの2回目の適用としてカウントされ、このStunエフェクトの継続時間は50%です。 このエフェクトが切れた後、今度はRootエフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの3回目の適用としてカウントされ、このRootエフェクトの継続時間は5%です。 このエフェクトが切れた後、今度はFearエフェクトを受けます。 それは、CCエフェクトの4回目の適用としてカウントされ、このFearエフェクトの継続時間は1秒です。 収穫逓減適用カウンタは永久的では無いことに注意して下さい - 45秒間全くクラウド・コントロール・エフェクトを被らない場合、適用カウンタはリセットするでしょう。

  • Old Goldhead(黄金頭) - Tirith Rhaw(ティリス・ラウ)の砦の持主が変わったとき、Old Goldheadが利用可能であるべきでは無いときに、Old Goldheadは時々利用可能でした。 正しいステータスにある場合のみ現れるように変更しました。 さらに、Old Goldheadは消えて(despawn)、自由の民が支配中の砦を攻撃しないでしょう。
  • Coldfells(寒い丘原) - Krajarn Tyrant(クラージャルンの暴君)は、Coldfells Outpostの階段でリセットするようになります。 もう階段の下側に彼を引っ張ることはできません。
  • Flag Capture(旗取り) - Players and Monster(プレイヤー対モンスター) - プレイヤーとモンスタープレイヤーは、首尾よく旗を得るためにTol Ascarnen(トル・アスカルネン)にいる間、バフを受けるようになるでしょう。
  • Power RegenとHealth Regenパッシブ特性の各ランクによって与えられる、戦闘時の気力再生速度と戦闘時の耐久力再生速度の量を増加させました。
  • Delving(堀)のspirit stone(入魂の石)、Tyrant's Crest(暴君の飾り)、及びChieftain's Brooch(首長のブローチ)は、100個までスタックするようになるでしょう。
  • Ettenmoors(エテン高地)で見つけられる、(Hobbit Leg、Barrels of Oil、Slabs of Troll Stone等の)クエスト収集品は、100個までスタックするようになるでしょう。
  • モンスタープレイヤーの耐久力と気力ポーションは、50個までスタックするようになるでしょう。
  • モンスタープレイヤーの食事アイテムは50個までスタックするようになるでしょう。
  • Seeking charm(捜索のお守り)とTracking talisman(追跡の護符)は、20個までスタックするようになるでしょう。
  • Cure fear potion(物々交換アイテム)は、20個までスタックするようになるでしょう。
  • 足止め継続時間減少を持つアイテムは、モンスタープレイヤー・キャラクタからの足止めスキルにもう一度作用するでしょう。
  • Resilience(略奪者)とSnap Out of It!(ウォーリーダー)は、足止めクラウド・コントロール・エフェクトを治癒するでしょう。
  • モンスタープレイヤーは、グループを去る時、またはグループ・リーダーを変更する時、FellowShipと言及するメッセージをもう見ないでしょう。
  • Rend FleshとRabid Biteのターゲットのアイコンは、もうあべこべにされることは無いでしょう。
  • フェローシップ/ウォーバンド連携のStunがターゲットに適用される時、ターゲットは、頭上に短いエフェクト・グラフィックを表示して、フェローシップ/ウォーバンド連携のStunと通常のStunを区別するのを助けるようになるでしょう。
  • PvMPプレイ(Delving of Frorまたはエテン高地)に入る自由な民は、「Monster Play」エフェクトに追加ボーナスを受けるでしょう。 このボーナスは、連携チェイン耐性の継続時間を伸ばすでしょう(ウォーバンド連携を受けた後に、「Temporary Fellowship Skill Immunity(一時的なフェローシップ・スキル耐性)」エフェクトを受けます)。 この耐性の継続時間は、60秒までブーストされるでしょう。 この変更はPvMPエリアでのみ有効な事に注意して下さい。
  • モンスタープレイヤーには、現在、Rank0で自動的に与えられる、Advanced Fellowship Maneuver Chain Protectionと呼ばれる新しいパッシブがあるでしょう。 このパッシブは、連携チェイン耐性の継続時間を伸ばすでしょう(フェローシップ連携を受けた後に、「Temporary Fellowship Skill Immunity(一時的なフェローシップ・スキル耐性)」エフェクトを受けます)。 この耐性の継続時間は60秒までブーストされるでしょう。
  • Resilience(弾性)は、略奪者が足止めされているときに、起動することができるようになります。 このスキルのツールチップもまた、このスキルが足止めエフェクトも治癒することを示すために、完全にアップデートされました。
  • Tol Ascarnanから獲得できる「Strength of Many」ダメージ・バフとstrength damage恩恵は、時間ごとのダメージと、時間ごとのヒール/士気スキルに正しく作用するようになるでしょう。
  • オーク、ワーグ、及びウィーバーには、今後、/chargeのアニメーションとサウンドがあるでしょう。
  • Chest of Glan Vraig(グラン・ヴレイグの宝箱)、Chest of the Second Marshall(二等司令官の宝箱)、及びChest of the First Marshall(一等司令官の宝箱)は、Lootテーブルがアップデートされました。
  • Delving of Fror内のトレジャーはアップデートされました。
  • 自由の民のための新しいレベル65のPvMP報酬(宝飾品と鎧セット)があります。
  • エテン高地とDelving of Fror(フロールの堀)にいる間に、自由の民に与えられる「Monster Play」エフェクトは、死亡時のアイテム損耗に対するペナルティも取り除くようになるでしょう。
  • レベル65プレイヤー用のアイテムを提供するために、Coldfells Provisioner(寒い丘原の食糧供給人)をアップデートしました。
  • Fresh Blood of the Little Folk(小さい民の新鮮な血)は、Moving Target(動く標的 )とFrenzy(激高)により与えられた回避バフをもう上書きしないでしょう。
  • Tracking talismanは、もうPhial of Mazauk's Resolve(マザウクの決断の小瓶)の待機時間開始のトリガーとならないでしょう。
  • Salt of Hartshorn(気付けの塩)、Solvent of Release(解放の溶剤)、Odorous Salts(臭い塩)、及びSolvent of Painful Freedom(苦痛解消の溶剤)は、使用時にプレイヤーまたはモンスタープレイヤーから一定量の耐久力(-250)を奪うようになるでしょう。
  • Scathing Mockery(痛烈なあざけり)(ルーンキーパーのスキル)からの時間ごとのダメージエフェクトは、戦術治癒ポーション(Bottled Warg Breath)を使用することで治癒できるようになります。
  • レイドにいる間に受けとるinfamy/renown(悪評/戦功)の量はわずかに増加しました。
  • モンスタープレイヤーの戦闘中の気力再生速度、戦闘中の耐久力再生速度、非戦闘中の気力再生速度、非戦闘中の耐久力再生速度のベース値は、増加しました。
  • エテン高地のワーデンとルーンキーパーのトレイナーは、正しい衣服を着るようになっています。
  • 同タイプの自由の民の功績の要求される討伐数と合わせるために、以下の功績によって要求される討伐数は減少しました。
    • "Slay Enemies of Angmar -- Tier 4"(アングマールの敵を倒す - ステップ4)
    • "Slay Enemies of Angmar -- Tier 5"(アングマールの敵を倒す - ステップ5)
    • "Slay Enemies of Angmar -- Tier 6"(アングマールの敵を倒す - ステップ6)
    • "Slay Enemies of Angmar -- Tier 7"(アングマールの敵を倒す - ステップ7)

Creeps

Orc Reaver(オークの略奪者)

  • Dying Rage(死に際の激怒)は、正しくFearへの耐性を与えるようになるでしょう。
  • 略奪者のTime-out(小休止)のエフェクト・アイコンは、スキル・アイコンとマッチしたものになるでしょう。
  • 略奪者のWrath(激怒)スキルは、50%士気を奪われ、奪われた士気の75%を気力に正しく変換するようになるでしょう。
  • 略奪者のCharge(突撃!)は、フェローシップ連携をブロックしないようになります。

Spider Weaver(大蜘蛛)

  • 大蜘蛛のhatchlings(小蜘蛛)は、名前を変えられるようになります。
  • Latent Poison(密やかな毒)は、もうオートアタックをオンまたはオフに切り換えないでしょう。

Uruk Blackarrow(ウルク・ブラックアロー)

  • ブラックアローのターゲットがストーカーのSavage Fangs(どう猛な牙)スキルで攻撃速度を遅くされている時、Tangleshot(絡め矢)スキルは、正しく追加のダメージを与えるようになるでしょう。

Warg Stalker(ワーグ・ストーカー)

  • Crippling Bite(四肢噛み)エフェクト中のPounce(急襲)使用を通じて発生するワーグのフェローシップ連携Stunは、Sign of Power: Righteousness(力の呪術的:正義)を正しく貫通するようになるでしょう。

Uruk Warleader(ウルク・ウォーリーダー)

  • ウォーリーダーの旗は、名前を変えられるようになります。
  • Aura of Command(指揮者のオーラ)は、ウォーリーダーの近接攻撃スキルに、正しく25%ダメージ増加を与えるようになるでしょう。

Defiler(冒涜者)

  • 冒涜者は、Plague of Flies(ハエの異常発生)で発生するハエの群れを改名できるようになります。


ラベル:Release Notes
posted by ヴェネラビリス at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。