2009年12月25日

1月終わりくらいにPatch1がくるそうな

公式フォーラム。Mirkwood(闇の森)の功績のまとめ
Re: The Randir's Guide to Mirkwood (Deeds, PoI's, etc.)

Adam Merskyとのインタビュー
Turbine in 2010
Adamによると、Turbineは2010年にTurbineの第3のタイトルを発表出来ることを望んでいるが、アナウンスの時期は何も約束できない。
Turbineは、2月にLOTROのVolume IIIのFirst Bookを明らかにするのを計画しており、一年を通して、より多くのアップデートを計画しています。
3月26日から28日にボストンで行われるPAX EASTで、色々なニュースを発表を望んでいる。

Tentonhammer.comが、2009年の様々なベスト何々である2009 'Best of'を発表して、Siege of MirkwoodがBest of Expantionに選ばれましたというアナウンスです。
Siege of Mirkwood Named Best Expansion of 2009

試してみようと思いつつ、個人的にはまだあまり試してないのですが、LOTROのCombat LOGのパーサーにCstatsというのがあります。
A Lord of the Rings Online Combat Log Parser Cstats
まだ、色々バグがあるようなのですが、結構使ってるのを見かけることがあるので、ご紹介。
使い方は、まずcombat logが必要です。普通にログをファイルに保存する設定をしておけば良いですが、どこどこのゾーンで行われた戦闘かをCstatsに判別させるためには、これに加えて、戦闘タブでStandardメッセージもログするようにフィルタを変えておきます。あとは起動して、File - Start Parsingでログが解析できます。 わたしがやったことがあるのはそれくらいです。
cstats1.jpg
cstats2.jpg
ちなみに、DPSがTOTALと一緒じゃんという事に気づいた場合は、以下のように使います
1.LOTROでCombat TABのファイルへのログ取得を開始
2.Cstatsでそのファイルをパース開始
3.戦闘するとリアルタイムでlogがパースされ、DPSも計算されます

Decobocoさんの演奏会 動画を撮ってきました。 ちと重かったので、まあまあうまく撮れたのは以下2つです。


Bullroarer Siege of Mirkwood Patch 1 Testing

現在1月下旬に予定されている、来るSiege of Mirkwood Patchのベータが適用されている状態で、12月23日水曜日に、Bullroarerを再開させる予定です。 このパッチは多くの問題に対処します。 そして、完全なパッチ・ノートは、1月の最終版の前に利用可能になる予定です。

ベータで既に解決されている変化の一部は、以下のものが含まれます:

General(全般)
  • Nimble Redhorn-goatとTame Redhorn-goatは、関連したマウント・スキルを使用するためにもうBasic Riding特性を必要としないでしょう。
  • たくさんのタイポを修正しました。

Instances(インスタンス)
  • 様々な意図しないゲームプレイ問題を解決しました。

World(ワールド)
  • Mirkwoodでの追加の狼、Mirk-huorn(闇のフォルン)、オークのspawn。
  • プレイヤーがスタックする可能性のあったMirkwoodの様々な場所を修正しました。

Items(アイテム)
  • Shadow-walkerセットのリセット・スキルのボーナスは訂正されました。 このボーナスはSurprise Strike(奇襲)を適切にリセットするようになるでしょう。

Legndary Items(伝説的アイテム)
  • バーグラーのOff-hand Critical Chance Legacy(左手のクリティカル・チャンス・レーティングの伝来)のTier6のレーティング値を修正しました。
  • ロア・マスターのSticky Gourd Direct Damage legacy(ねばねば瓜のダイレクト・ダメージ伝来)のTier6の値とコストを訂正しました。
  • Guardian's Threat legacy(ガーディアンの脅威伝来)が、Guardian's Threatスキルに影響していなかった問題を修正しました。
  • チャンピオンのIncreased Critical Damage Multiplier Legacy(クリティカル・ダメージ乗数伝来)のTier6のランク値とコストを訂正しました。
  • ハンターのBarbed Arrow Bleed Damage legacyのTier6のランク値とコストを訂正しました。
  • 以下のLegacy(伝来)のTier6のコストを訂正しました。
    • Captain(キャプテン)
      • Maximum targets for Pressing Attack.(全力攻撃の最大ターゲット)
    • Guardian(ガーディアン)
      • Challenge Targets.(挑戦のターゲット)
      • Guardian Area Effect Melee Targets.(ガーディアンの範囲攻撃の近接ターゲット)
    • Hunter(ハンター)
      • Maximum Targets for AOE Skills.(AOEスキルの最大ターゲット)
    • Lore-master(ロア・マスター)
      • Fire-Lore Targets.(火の伝承知識のターゲット)
      • Bane Flare Targets.(禍の炎のターゲット)
      • Ancient-Craft Targets.(古の生産のターゲット)
    • Minstrel(ミンストレル)
      • Call to Second Age Targets.(第二紀の招集のターゲット)
      • Still as Death Duration.(死んだふりの継続時間)
    • Rune keeper(ルーンキーパー)
      • Vivid Imagery Targets.(鮮明想起のターゲット数)

Skirmishes(スカーミッシュ)
  • プレイヤーがスタックすることのあった様々な場所を修正しました。
  • モンスターのウェーブが適切に現れていなかった多くのインスタンスを修正しました。

このリストは、決して完全でなく、またそうなることを意図してもいません。 もっと多くの変化が、リリースの前に、このパッチのために計画されています。 また、これはVolume III Book 1とは関連しません。 それは、また後で!


posted by ヴェネラビリス at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。