2009年12月27日

Release Notes Volume 2 Siege of Mirkwood Launch Officialその4

2010年1月から3月の壁紙が公開されています
New Quarterly Wallpapers Available!


Release Notes Volume 2 Siege of Mirkwood Launch Officialその4
Siege of Mirkwoodリリースノート

原文:Release Notes Volume 2 Siege of Mirkwood Launch Official

Auctions(競売)

  • 武器カテゴリの下にリストされている「Orb」は「Rune-stone」にアップデートされました。
  • Class Itemsで一般的な検索を行うと、すべての掲示されたクラス・アイテムが表示されるでしょう。 サブカテゴリのBurglar Toolsは、CaltropとStun Dustを含むようになったので、Burglar Tools & Devicesと改名されました。
  • 新しいClass Quest Trophiesサブカテゴリが、競売所のClass Items(カテゴリに)に加えられています。 ここで、Corrosive Droplets(腐食性の水滴)や Runes of Winged Dominance(翼を持った者の支配のルーン文字)のような、クラス・クエストに関連しているアイテムの新しいリストを見つけることができます、
  • 競売所へ新たに掲示されたFishing Pole(釣竿)は、メイン・カテゴリ見出し「Hobbies」の下に現れるでしょう。
  • 競売所で、一般的な「Crafting」カテゴリで検索した場合、Crafting trophyが表示されるようになります。
  • 購入するには金銭的に足りないアイテムを入札するとき、「please wait」ダイアログがアイテムの上でスタックすることはないでしょう。

User Interface(ユーザ・インタフェース)

  • スキルをトレーニングする時、全てのアクティブ・クイックスロットが表示されます。 デフォルトで、1、2、3で、4、5は対象ではありません。 スキルをトレーニングするとき、どれかクイックスロットが空いている場合、そのスキルは、自動的に最初の利用可能なクイックスロットに置かれ、かつ、そのアイコンはプレイヤーの注意を引きつける視覚インディケータを持つでしょう。
  • 全てのインスタンス功績のための新インスタンス功績タブがあります。
    • Shadows of Angmar, (アングマールの影)
    • Mines of Moria (モリアの坑道)
    • Scourge of Khazad-dum(カザド=ドゥムの惨劇)
    • Dol Guldur.(ドル・グルドゥア)
  • 固定されたツールチップ(デフォルトではHキーのDetach Tooltip機能を使って固定化されたツールチップ)は、ターゲットを選択するのに使用する事ができるようになります。
  • フロート・ダメージのUIオプションをオフにする事が、チャット・ウインドウに表示されるダメージを無効にすることは、もうありません。
  • フェローシップのメンバーが、巻物の筒、またはGift Boxを開ける時に、フェローシップに表示されるメッセージの文法的な問題は訂正されました。
  • Quest Starter Itemの取得注意表示は、Loot Allアクションを通して、Quest Starter Itemが取得された時でも表示されるようになります。
  • Kinship UIの状態ソート順序が修正されたため、ごく最近ログオフしたギルド・メンバーがオンライン・メンバーの後に記載されるようになります。
  • 装備中の武器に基づいたダメージを表示するスキルのツールチップは、武器スロットの名前の代わりに、武器ダメージの値を表示するようになります。 乗数があれば、それは別々に表示される代わりに表示された値に適用されます。 武器が装備されていない場合、武器スロットの名前が(以前のように)表示されます。
  • 競売UI(のサーチ・テキスト・ボックス)へアイテムをドラッグする時、競売UIサーチボタンをイネーブルにするために、テキスト・ボックスにフォーカスしておく必要はありません。
  • (チャンピオンのFight On(終りなき戦い)、ワーデンのDark Before Dawn(暁の闇)などの)士気制限を持つスキルは、キャラクタ・ジャーナルのスキル・パネルで利用可能なものとして一貫して表示されるようになります。
  • (クエストの状態が変わった時などに画面中央に表示される)クエスト・ビルボード・テキストは、「Quest」テキスト・タイプとして、チャット・ウインドウに同じ内容が表示されるようになります。
  • レベルアップしたとき、新しく利用可能になるSkirmishがある場合、プレイヤーは、そのことを知らせるアラートを受けます。 アラートをクリックすると、Skirmish参加パネルが開、アラートは消えます。
  • キャラクタ・ジャーナルのスキル・パネルのアクティブなタブから、スキル・エントリーをダブル・クリックまたは右クリックすることによって、スキルを直接起動する事ができるようになります。 また、スキル・アイコンは、スキルがキューに入っている、トグル・オンされている、利用不可能であるといった状態を示すでしょう。
  • スキル・タブがキャラクタ・ジャーナルに表示されている場合に、常にスキル・パネル上の「Active」タブが自動的に選択される、という事はもうありません。
  • LorebookとBug Entryフォームの「常にトップに表示」という振舞いはもうありません。
  • 金庫を開くと、他のウインドウに手前に表示されるようになります。
  • 「Show the Vitals of your selection's target(選択したターゲットがターゲットしているバイタルを表示)」とレイド・アシスト・ウインドウは、もうバイタルが無いターゲットを表示しません。
  • Heritage Runesが使用されている時、Select Legendary Item UIは、もう他のウインドウの後ろに現れないでしょう。
  • アイテムのスタックを販売して、買い戻す際に、複数形を考慮に入れるために、業者メッセージを訂正しました。
  • 業者は、より長いアイテム・グループ名に十分に対応できる、広いフィルタドロップダウンを表示するようになります。
  • ロア・マスター:Knowledge of the Lore-master(ロア・マスターの知識)スキルは、Lightning Damage Mitigation(雷ダメージ緩和)とRoot Immunity(足止め耐性)を表示するようになります。
  • 右クリック/Inspectパネルは、他の開いているウインドウの手前に表示されるようになります。
  • Mounts 2.0 - Dismount/Remount(降馬/再乗馬)と呼ばれる新しいキーボード・ショートカットがあります。 このショートカットは、乗馬中のどんなマウントからも降馬させます。 また、プレイヤーが以前使用した最後のマウントを覚えていて、まだ乗馬中でない場合は、使用されると、そのマウントに乗馬させるでしょう。
  • ドロップダウン・メニューの親ウィンドウがあまりにスクリーンの縁の近くにある時に、ドロップダウン・メニューが部分的に切り取られることはもうないでしょう。
  • インスタンス・クエストは、Quest Logで正しいFellow Statusアイコンを見せるようになるはずです。
  • メイン・チャットウィンドウ上のテキスト・エントリ・ボックスへ、切り離されたチャットタブをドラッグする時、クライアントクラッシュが起こる問題は修正されました。
  • 住宅メンテナンスUIが適切にアップデートされないように見える問題を修正しました。
  • エフェクトの期限が切れようとして「点滅」している時、それらは以前ほどは、色あせないでしょう。
  • キャラクタシートの統計ディスプレイは、3つのサブタブに分割されるようになります: ひとつは、防衛的な統計、ひとつは一般的な戦闘の有効性、ひとつはMelee、Ranged、Tacticalポイント値のものです。
  • もうクエストジャーナルの「Cancel」ボタンを複数回クリックすることによって、複数の確認ダイアログボックスが列をなす事は無いでしょう。
  • より多くのUIがスキン可能です。 様々な修正が行われました。

一層多くのオプションをディスクへセーブできるようになります! これまでと同じコマンド「/ui layout save」と「/ui layout load」を使うことで、一層多くのオプションがディスクへとセーブされます。 「/ui」コマンドそのものは同じままですが、私たちはもっともっと多くの機能をみなさんに与えます!

  • セーブし、ディスクからロードできる新UI設定:
    • 設定されたAliasのリスト
    • UI,戦闘、ソーシャル、チャット、及びクイックスロット設定(UIスケールが含まれます!)
    • チャットのフォント、カラー、サイズ
    • レイアウトのサイズと位置は今まで通りファイルにセーブされます。
    • また、XMLファイルの形式は変更されました。 全てがラベル付きのセクションに細分化されました。
  • いくつかの既知の問題があります:
    • アウトフィットの表示・非表示スロットはディスクにセーブされません。
  • スパム制限が実施されています! 10秒に一度だけオプションをアップロードできます。
  • Aliases(アライアス)
    • 最大50個のアライアスを持ちます。 50個以上のアライアスをインポートしようとすると、ファイル内で遭遇する最初の50個のアライアスに制限されるでしょう。 あなたが50個以上のアライアスを現在持っている場合、いずれも削除する予定はありません。 あなたが現在持っているいずれのアライアスも置換する事ができます。 既存のアライアスを削除、またはクリアせずに、新しいアライアスを加えることはできないでしょう。
  • Layouts(レイアウト)
    • 「Height」、「Width」、「X」、及び「Y」値は、0.0-1.0間のfloat数によって全て指定されます。 数字が範囲外にあるなら、スクリーンのサイズ、またはウインドウの最小/最大サイズにそれらを平準化するでしょう。
    • あなたが、私たちが知らない「LayoutID」か「ID」に変更しようとする、または指定しようとするなら、私たちはそれを無視します!
  • Options(オプション)
    • 私たちが理解していない、新しいオプション「Name」を追加しようとした場合は、それを無視します!
    • あなたが「Option」に「Value」を指定しようとして、それが私たちが予期したものにマッチしていない場合、それを無視します! 例えば、「AlwaysLootAll」に対して、「True」または「False」の代わりに「purple」をセットするなら、その値を現在のセッティングのままで残します。
    • あなたがlistboxに存在するオプションに「Value」を指定して、それが妥当なオプションでない場合、リスト内の最初のアイテムに選択をリセットするでしょう。 例えば、「ShowClassIconsOnRaidPanel」に対して、(「None」の代わりに)「N0ne」と指定すると、オプションは「Background」にリセットされるでしょう。
  • ChatColors(チャットの色)
    • 「ChatFont」エントリの「Color」値は、「Red Green Blue Alpha」形式で表されます。 各値は、0.0から0.1のfloat数によって表されます。 数字が範囲外にある場合は、それらを平準化します。 つまり、私たちがそれを平準化しなければならないなら、あなたが予想した色を見る事にはならないでしょう。
    • 「ChatFont」の「Alpha」部分全てをあなたの望むように変えることができます。 - しかし、再度それをスキャンし直す時に、それは無視されます! つまり、あなたがそれを変えても、「Alpha」値はいつも1.0になるでしょう。
    • 「ChatFont」エントリーのパースが失敗した場合、関連したテキスト色は「White(白)」になるでしょう。 つまり、 Red = Green = Blue = 1.0で、Size = 「Medium」となります。
    • 「ChatFont」エントリ内で、システムが理解できない「TextType」の使用を試みた場合、それらを無視します!
    • 「ChatFont」の「Size」部分に対する有効な値は以下の通りです: Small、Medium、Large、XLarge、XXLarge、及びXXXLarge。

Quest Guide(クエスト・ガイド)

  • 新ユーザ用チュートリアルをスキップした場合、クエスト・ガイドは、適切に最初のクエストの目的にあなたを向かわせるようになるでしょう。
  • クエスト・ガイドは、指定された位置までオブジェクトを運ぶのを必要とする、全てのクエストの目的を正しく表示するようになるでしょう。
  • 地図上で、実際の目的の位置からわずかに離れた位置に置かれた特定のクエスト・ガイド・マーカーは、正しい位置を表示するようになるでしょう。
  • クエスト・トラッカーは、Buckland(バック郷)から外へ、古森へと向かうクエスト「Forest Spiders(森の蜘蛛)」と共に動くようになるでしょう。
  • クエスト「A Ring Wandered Away(さまよう指輪)」は、クエスト・トラッカーに適切なビルボードと目的を表示するようになるでしょう。
  • クエスト・ガイドを使用する時、クエスト「Supplies and Demands(供給と需要)」は、ゲーム地図に正しいイメージを示すようになります。

Chat/Social/Kinship(チャット/ソーシャル/キンシップ)

  • (オプションの「Chat」の下に)「Stop repeated keys in chat(チャットでリピートされるキーによる停止)」と呼ばれるオプションを追加しました - これは、デフォルトでオフです。 オンにすると、プレイヤーが、チャット・バーをオープン状態にしていて、(例えばwのような)いずれかの文字キーを押しっぱなしにすると - (プレイヤーが本当は走るか、他の何かをしたかったのをほのめかす)このキーのおよそ20回の繰り返しを1秒未満で入力した後、チャット・ウインドウはチャット・ボックスから繰り返されたキーを削除し、チャット・ボックスを閉じるでしょう。
  • キンシップ設立許可書は、少なくとも8人のメンバーを登録しなければならない、さもなければ、24時間後にキンシップが解散される事を正しく示すようになるでしょう。
  • 自動攻撃のための特定のスキル名を含むように戦闘ログをアップデートしたので、他のタイプのダメージとヒール(例えば、時間ごとのダメージ)と区別する事ができます。 今後は、戦闘ログ内で、「Default Melee Attack」、「Default Ranged Attack」、「Unarmed Attack」とレポートされる自動攻撃ダメージを見るようになるでしょう。
  • 「Unspecified」なダメージについて言及した戦闘ログのエントリーは、今後、ただダメージと呼ばれるはずです。
  • 「...wounds you for X points of 'Damage type'」形式の戦闘ログ・メッセージは、他のメッセージと一致したものにするために「X points of 'Damage type' damage」と表示されるようになります。


posted by ヴェネラビリス at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。