2010年02月24日

Volume III, Book I Preliminary Release Notesその2

細かくは紹介しませんが、Isengard Private Preview Programの案内がアナウンスされています。 Isengardという、Bullroarerとは違ってプライベートなベータサーバがあるのですが、そのサーバでベータ・プログラムをやってくれる人の募集です。
The Isengard Private Preview Program


Volume III, Book I Preliminary Release Notesその2
リリースノート

原文:Volume III, Book I Preliminary Release Notes

Skirmishシステムの変更についての詳細は、Developer Diaryをご覧下さい。

Skirmishes(スカーミッシュ)
  • Skirmish Markのレートは、グループサイズとティアに関して増加しました:(古い値 -> 新しい値)
    • スモール・フェローシップ: +17.5% -> +20%
    • フェローシップ: +30% -> +50%
    • レイド: +60% -> +90%
    • Tier 2: 7.5% -> 10%(special markのレートも増加します)
    • Tier 3: 15% -> 25%(special markのレートも増加します)
  • 以下のSkirmishには、今後、ボス・ルート・ドロップの代わりにチェストがあります:
    • Trouble in Tuckborough(タック郷の騒乱)
    • Thievery and Mischief(窃盗と厄介事)
    • Assault on the Ringwraith's Lair(指輪の幽鬼の隠れ処への攻撃)
  • 以下のSkirmishの野営地の業者でのコストは減少しました:
    • Light Armour(軽装鎧)
    • Medium Armour(中装鎧)
    • Heavy Armour(重装鎧)
    • Weapons(武器)
    • Jewellery and Cloaks.(宝飾品とマント)
  • war orders(戦争の指令書)クエストのドロップ・レートは増加しました。 この変更は、クエストのバージョン変更を引き起こしました。 このクエストをクエスト・ジャーナルで進行中で、まだ完了していない場合、もう一度このクエストを受ける必要があります。
  • War Ordersクエストを与える際に、Skirmishキャプテンは、target list(目標の一覧表)について言及するようになるでしょう。
  • 全てのspecial markのドロップ率は、Tier2とTier3のSkirmishで大幅に向上しました。
  • 全てのBountyアイテムが持っていた販売価格は増加しています。 全てのLieutenant(副官)のドロップ率がかなり増加しました。 ボスは、これまでよりも少ない金を落とします。 最終結果は、特定のボスの討伐に関連した報酬は減っていますが、Skirmish毎に入手される金の量はそれほど変わりません。 さらに、今までよりも、頻繁にきらめいているLieutenantのボディーを略奪するはずです!
  • 「Campeign」 Markのエンカウンター・ドロップ率は、増加しました。
  • Skirmishの野営地には、今後、「Skirmish Exchange」業者がいます。 これらの業者は、Skirmish Markをアップグレードしたり、ダウングレードしたり、さらにそれらを交換するためのCuriosities業者の役目を引き継いでいます。
  • 「Veteran's Fourth Mark」と「Fourth Mark」は、もうSkirmish内で見つからず、どんなアイテムも対価としてそれらを必要としなくなります。 Tier2と3でのドロップ率の増加は、これらの魅力のないMarkを必要としなくさせました。 交換にFourth markを必要とした全てのアイテムは、Third markを必要とするようになるでしょう。 Exchange業者は、あなたが渡すFourth Mark毎に2つのThird markを渡すようになるでしょう!
  • 軽装、中装、重装業者で、3つの新しいレベル65+鎧セットが入手可能です。
  • Skirmishのプレイヤー用コスメティック・アイテムは、Bind on Equip(装備時にバインド)になります。 既に購入されているアイテムは、それらを購入したキャラクタへバインドされたままとなるでしょう。
  • Skirmish兵士のHerbalist(薬草医)は、非戦闘時にも、基本的なヒール・スキルを時々使用するようになるでしょう。
  • 最高Tierの薬液のコストをわずかに減少させました。
  • Moor cowbell(もっとカウベル)は、Curiosities業者で入手可能となります。 (私たち皆のうち、一部しかMoor Cowbellを使用できないので!)
  • 兵士の抵抗率をわずかに増加させました。
  • 兵士のヒール・スキルが、アーマー値によって減少する事はもう無いでしょう。
  • 兵士のヒール量には、今後、プレイヤーのヒール・スキルのようにバリエーションがあります。
  • 「Healing Done(うまく行われた治癒)」特性は、機能するようになり、BannerguardとProtectorが装備する事ができるようになります。
  • Banner of Protectionは、それがそのくらい抵抗を増加しているか表示するようになります。
  • 兵士の特性を与える巻き物は、どの「Role」が特性を使用できるかを述べるようになります。
  • Skirmishチュートリアルの終わりに報酬として与えられるInstructionの巻き物は、購入可能なスキル特性と重複しないように変更されたスキルを与えるようになります。
  • Herbalists Role特性は、Herbalistのベース・ヒール・スキル(彼らがスパムするヒール)同様に、ヒール・オーラについてのボーナスを表示するようになります
  • The Emissary of Shadows Slayer (Advanced)功績は、適切に500個のSkirmish Markを報酬として与えるようになります。
  • Bountyアイテムは、それらが売れるだけものであることを示すために、灰色の背景アイコンを使用するようになります。
  • 全てのSkirmish Markには、その説明文に追加の情報があります。
  • Hobbit-lass(ホビットの娘)の「Blue Fancy Outfit」は青になります。
  • Eregion(エレギオン)の Skirmishの野営地にいる不適当に命名されたNPC達は改名されました。
  • Skirmish Markの説明文にある沢山のタイポを訂正しました。
  • SkirmishのProtectors of Thangúlhad(サングーラドの庇護者)において、カタパルトとバリスタが攻撃する射撃ゾーンは、より明らかです。
  • 旗が使用可能な場合、それは、どれくらい遠くに居ようと煌めいたままでしょう。
  • 「A Lieutenant has arrived!(副官がやってきました!)」メッセージは、チャット・ログにも送られるようになるでしょう。
  • システムは、プレイヤーがSkirmishに入った時のレベルを記憶して、報酬の計算にこのレベルを使用し、Skirmishが「underlevel」かどうかを決定するようになるでしょう。
  • 全てのSkirmishボスは、彼らのレベルを隠すためにVital UIにSkull(頭蓋骨)のアイコンを使用するようになります。
  • 全てのSkirmishボスは、低耐久力時に、移動速度が減少する事は、もうありません。
  • 6人用と12人用のSkirmishボスは、もう遅くすることはできません。
  • Siege of Gondamon(ゴンダモンの包囲): ボスIngithorは、もっと頻繁に近接戦闘を行うでしょう。
  • Lieutenantの「Stormcrow」は、バフ・ツールチップにあったタイポが訂正されました。
Tutorial - Offensive(チュートリアル - 攻撃):
  • Encounterの功績は、スペース内のテキストとマッチするようになります。
Tutorial - Defensive(チュートリアル - 防衛):
  • プレイヤーがWarriorのために種族を選択したとしても、クエストは正しくすすむようになるでしょう。
  • プレイヤーが初期にWarriorを召喚したとしても、クエストは正しく進むようになるでしょう。
Defence of The Prancing Pony(躍る小馬亭の防衛):
  • Willie Hawthorn(サンザシのウィリー)には、今後、Skirmish Lootがあります。
  • パンは現れたときに輝くようになります。
  • 扉は、使用可能な時に輝くようになるでしょう。
  • Old Hunterの耐久力は、わずかに減少しました。
  • 旗の名前が修正されたため、順番に反転するようになります。
Siege of Gondamon(ゴンダモンの包囲):
  • 旗の説明は、適切なゲートを特定するようになります。
  • Hendroval(ヘンドロバル)達が、Dourhand(ドルハンド)を支援するために到着しました。
  • エンカウンターのFlag Poleは、非戦闘時に使用出来るようになります。
  • エンカウンターのFlagをドロップするモンスターは、現れたときに、ビルボード・テキストを表示するようになります。
  • エンカウンターのFlagをドロップするモンスターは、旗が入っているチェストを落とすようになります。 あなたが彼らを叩く前に、NPCが彼らを殺したとしても、いつもこれを落とすでしょう。
  • 2つのエンカウンターが常に現れるようになります。
  • Ghashnakh(グハスフナヒ)は、攻城兵器塔の、より近くに位置取ります。
  • 雑魚Dourhand(ドルハンド)は、Enmity of the Dourhands(ドルハンドの敵意)にカウントされるようになるでしょう。
Thievery and Mischief(窃盗と厄介事):
  • Heathstraw(ヒーストロー)は、Skirmishを出るための、クエストリングを表示するようになるでしょう。
  • エンカウンター・モンスターのTukarは、正しく振る舞うようになるでしょう。
  • 打ち倒されたブリー町民にフィジカルはもうありません。
  • クライアントが、ボス戦でクラッシュした場合、Mat Heathertoesは、もう立っていません。
  • Lieutenantは、狭い範囲の中を歩き回るようになるでしょう。 2体が同じ位置でSpawnした場合に、12人Skirmish中、お互いがお互いの上に立つのを防ぎます。
  • 幻のエンカウンターが選択される稀な状況を修正しました。 それは、存在しません。
  • Lordfisherのビルボードは、北東と掲示するようになります。
  • Lordfisherは、耐久力が少し減少しています。
  • Padfootは、カウンターアタックに首尾よく勝った後にのみ、起動します。
  • Ned Ashleaf(ネッド・アッシュリーフ)のビルボードは、もうあなたの背後について述べません。
  • Snagburzのビルボードは、正しい方向について言及するようになります。
Trouble in Tuckborough(タック郷の騒乱):
  • 一部の正しく表示されていなかったエンカウンター・ビルボードは修正されました。
  • Fithrokh(フィスロヒ)は、適切な戦利品をドロップするようになります。
  • Oldrootのシックル・フライは、難易度が低下しました。
  • Oldrootの耐久力は、わずかに減少しました。
  • Big Fright(大きな恐怖)の耐久力は、わずかに減少しました。

Stand at Amon Sul:
  • スモール・フェローシップの場合、中央の焚き火に2つの松明があるようになるでしょう。
  • 火のバフとデバフは、もうLieutenantに影響しません。
  • 暗黒のデバフは、Candaith(カンダイス)に影響するようになります。
  • 中央の焚き火が使用された後に、残っているAthelas(アセラス)プラントはどれも、見えなくなるでしょう。
  • Candaithは、中央の焚き火の反対側のmonにもAggroするようになるでしょう。
  • Cargûl(カルグル)を素早く倒した場合に、Skirmishが壊れることはもうないでしょう。
  • 全てのエンカウンターは、正しく機能するようになるはずです。 一部は現れていませんでした。
    • Lieutenants(副官):
      • Golnauk(ゴルナウク)には、今後、正しい死亡時のビルボードがあります。
      • Norgol(ノルゴル)のダメージ反射は、ソロ時には削除されています。
      • Bloodwing(血の翼)は、そのサイズが大きくなり、また外見もアップデートされました。
      • Gugaw(グガウ)には、もうLootはありません。
      • Gwandir(グワンディア)には、アップデートされた外見があります。
      • Thadaen(サダエン):
        • 適切にスケーリングされるようになります。
        • もう、Trash Lootはありません。
        • 弓を持つようになります。
        • 新しい外見があります。
      • Urgal(ウアガル):
        • もう中央の焚き火に突撃しません。
        • 彼のダメージ反射とオーラは、ソロ時には削除されました。
        • もうTrash Lootはありません。
      • Gwathrengor(グワスレンゴール):  
        • もっと初期に出現します。
        • 石塚は選択可能になります。
        • 石塚は、もう矢とは呼ばれません。
        • 石塚が使用された後に、戦闘の引き金となり、戦闘状態に入ります。
      • Urkflagit(ウルクフラギト):
        • ビルボード・テキストは、彼とどのようにインテラクトするかを示すようになります。
        • 彼は、眠っているようになります。
        • ノックバックは削除されました。


Ford of Bruinen(ブルイネンの浅瀬):
  • もうこのSkirmish内でV1 Bk4 Ch3を進めることはできません。
  • 巨人が敵に加わりました。
  • 敵の前線の背後に励ましているオークを追加しました。
  • 死んでいる場合に、射手はもう矢を射ることは無いでしょう。
  • 射手の矢は、もうElladan(エルラダン)とElrohir(エルロヒア)を攻撃しないでしょう。
  • Kolluth(コルルス)が出現した時の、ビルボード・テキストを追加しました。
  • Kolluthは、旗が入ったチェストをドロップするようになるでしょう。
  • 矢のためのビルボードには、かごに関する詳しい情報があります。
  • Morghash(モルグハスフ)が出現した時の、ビルボード・テキストを追加しました。
  • Morghas(モルグハスフ)は、火薬樽を含むチェストを落とすようになるでしょう。
  • Durkuf(ドゥアクヴ)は、もうお金をドロップしません。

Strike Against Dannenglor(ダンネングロールへの反撃):
  • 今後、ボスには、チェストがあります。
  • ボス戦での爆発するLimrafn Remnant(リムラフの残骸)は、30秒以降、消えるようになるでしょう。
  • East Terrace(東のバルコニー)をきれいにするときの、メッセージは、正しくEast Terraceと、現在のUper Courtyard(上層の中庭)に言及するでしょう。
  • 魔術師の死は、コントロールポイントを反転するのではなく、ドアを開けます。
  • 松明は、使用可能なときに、輝くようになります。
  • 角笛は、使用可能なときに、輝くようになります。
  • 今後、角笛には、誘導時間があります。
  • Fikluk(フィクルク)の耐久力は、少し減少しています。
  • Spider Egg(蜘蛛の卵)は、使用可能なときに、輝くようになります。
  • Seregruin(セレグルイン)の耐久力は、少し減少しています。

Breaching the Necromancer's Gate(死人占い師の門を破壊する):
  • 今後、ボスには、チェストがあります。
  • Sorcerer's Ascent(魔術師の上り坂)での最初のカウンターアタックは、わずかに遅延します。
  • Aurochs(野牛)の肉には、マウス・オーバー・アイコンがあります。
  • Aurochs(野牛)の肉は、輝きます。
  • Aurochs(野牛)の肉の台は、使用可能な時に輝きます。
  • 全てのエンカウンターの討伐ビルボードが、モンスター名を使用するようになります。
  • ランタンは使用可能な時に輝きます。
  • すべてのカウンターアタックには、カウンターアタックを撃破し、その後の追撃からは安全であるときに示されるメッセージがあるでしょう。
  • ソロ時の全てのエンカウンターmobは、適切な戦利品をドロップするようになるはずです。
  • 全てのエンカウンターmobは、意図した通りに振舞うようになるでしょう。

Protectors of Thangúlhad(サングーラドの庇護者):
  • 6人: 北東のカタパルト位置は動くようになります。
  • バリスタに関連するエンカウンターは、もうターゲットが立ち去った後に、メッセージをトリガーしません。
  • Ruithroval(ルイスロヴァル)のオーラを削除しました。 彼は、もうRodelleth(ロデルレス)にaggroしないでしょう。
Assault on the Ringwraiths' Lair(指輪の幽鬼の隠れ処への襲撃):
  • 若干のタイポを修正しました。
Battle in the Tower(塔での戦い):
  • 松明を使用するエンカウンターは、常に使用可能でしょう。


Raids & Instances(レイドとインスタンス)
  • クエスト:Tower of Death and Rot(死と腐敗の塔)は、それをトラックしている時に、地図上に適切に現れます。
  • DGアリーナの「エアロック」に伴なう小さななリセット問題は修正されました。

Barad Guldur(バラド・グルドゥア)
  • Bard(吟遊詩人)と業者のアイコンは削除されました;もっとも、NPCは、それでもDurchest(ドゥアヘスト)が打ち破られた後に到着するでしょう。
  • Lieutenantの黄色のCorruption(汚染)周期は、正しくプレーヤーの気力コストを吊り上げるでしょう。 Corruption周期に他の調整を行いました。
  • Lieutenant of Dol Guldur(ドル・グルドゥアの副官)は、Seed of Dissent and Terrorスキルが影響を及ぼすターゲットを無作為に選択するようになるでしょう
Waterwheels(大水車)
  • 最後のボスでのリセットに伴なう問題を修正しました。
  • Caeryg(カエアイグ)とCaerlung(カエアルング)を討伐するチャレンジ・クエストは、適切に完了できるようになるでしょう。
Fil Ghashan(フィル・ガシャン)
  • 食堂のオーク達は決して死んだふりをしません。 彼らはまた、他のオークのいずれもそうしないとわかるようになります。 つまり、死んだふりをするどんなオークも、オークであってはいけません! やつらを殺せ!
Sammath Gûl(サンマス・グール)
  • 稲妻は、門に電気を通すようになります。 あなたがいる場所に注意してください。
  • 最初の部屋のBlack Uruk(黒いウルク)は、あなたのとても卑怯なやり方に気づくようになりました。

Garth Agarwen(ガルス・アガルウェン):
  • Fortress(要塞):
    • Edan and Edsyld(エダンとエドスイルド):
      • 戦闘の最終フェーズで、彼らは、近接スキルのみを使用するようになるでしょう。
    • Naruhel(ナルヘル):
      • Red Maidは、パーティが全滅した時にリセットするでしょう。
    • Dunlang(ドゥンラング):
      • Dunlangは、彼が戦闘に参加する前に、プレイヤー達が全滅しても適切にリセットするでしょう。



Auctions(競売)
  • 競売所の「Stat」ドロップ・ダウンを利用する検索は、より適切な結果を返すようになります。

User Interface(ユーザ・インタフェース)
  • 一番左のツールバーボタンの既定の設定は、システムメニューを示す「System」から、イン・ゲームのヘルプパネルを表示する「Help」に変わりました。 それを「System」に戻すか、他のモノに変えるには、自動攻撃ボタンのすぐ左の「Customize Toolbar Slots」ボタンを使用するか、Option / UI設定に行きます。
  • ヘルプ・パネルは、他のウインドウの前に上って来るようになります。
  • 最も近いNPC選択は、垂直距離も、より正確な因子となります。
  • 様々な「defeated(敗北)」エフェクト・アイコン(恐怖(dread)をあなたに与えるもの)は、デバフ列に現れるようになります。
  • 銀行員には、VaultとShared Storageの両方を同時に開いた時のラグ問題を解決するための、Action Pickerがあります。
  • Shared Storage(共有倉庫): フィルタの機能は、以前からプレイヤーの他のキャラクタにバインドされたアイテムを隠すことでしたが、言葉遣いはそれほど明確ではありませんでした。 新しい説明文は、これをもっと明確にするはずです。
  • ツールチップは、ペットとSkirmish兵士UIの2番目の列のエフェクトに対して、適切に機能するようになるでしょう。



ラベル:Release Note Skirmish
posted by ヴェネラビリス at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度お疲れ様ですm(__)m
しかし、同じ記事が二つあるような?
Posted by poponta at 2010年02月25日 00:04
あら、投稿時に調子が悪かったのですが、2重になったようですね。 ご指摘ありがとうございます。
Posted by ヴェネラビリス at 2010年02月26日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。