2011年06月25日

Reaver Revisionsの補足とか

メンテナンスのお知らせ。日本時間は6月27日19:00から23:00まで
Scheduled Server Downtime: 6:00 AM - 10:00 AM Eastern (-4 GMT) Monday, June 27th
LOTRO Game Serverは、Hotfixのため、米国東部時間(-4 GMT)6月27日月曜日午前6時から午前10時までダウンする予定です。 忍耐に感謝します。 またすぐにゲーム内でお会いしましょう!

6月24日付のFree Peoples' Pressが公開されています
The Free Peoples' Press 6-24-11
それと、WeatherStock特別増刊
The Free Peoples' Press Weatherstock Special Insert


Re: Proposed Reaver Revisions
Reaver変更案についての補足

原文:Re: Proposed Reaver Revisions

ここのポストの一部に口を挟みたいと思います。

Charge(突撃!)
-私は、オリオンが、Freepサイドに与えられている同様のスキルとの関連で、このスキルを伝えようとしたのだと思いますが、それははっきり決まってはいないようです。
-私はこれを心に決めたわけではなく、一般的な議論は、それに反対しているので、それは確実に私の「おそらく起こらない事」リストにありますが、これはFreepがそれを獲得しないという意味ではないことを心に留めてください。

Wrath(激怒)
-十分な説明を提供していないのは、部分的に私のせいです。
-スキルが働く方法: 討伐イベントを得ると、(討伐イベントを消費して)ReaverはWrathを使用します。 次の30秒間、Reaverは成功したスキル攻撃のときに回復するでしょう。 ここで、あなたは、「何が成功したスキル攻撃の構成要素ですか?」と尋ねます。 答え:回復は、1回の成功したスキルプレイに1度、発動します。 複数の打撃を持つスキル、あるいはAoEダメージは、ヒット毎にではなく、1度だけ発動します。 彼/彼女が、30秒間、あらゆる潜在的ヒットを食らわせることができるなら、これは合計3kの利益をReaverに与えるでしょう。
-FreepとしてWrathに立ち向かう様々な解決策があります: ReaverをCCする。 Reaverを殺す。 Reaverから逃げる。 など

Trash(打ちのめし )
-今後も、このスキルは、あなたのターゲットが武装解除されるのを必要とするでしょう。 これが、有効性のアップグレードを得ている主な理由の1つです。 攻撃するのが容易でないスキルなので、それがうまくあたった時インパクトが必要です。

Improved Gut Punch(腹殴打強化)
-私は、多くのReaverが、Dev Strike(破壊的な一撃)のローテーションに関連した気力コストについて口を挟んでいるのだと思います。 このアイデアは、戦術クラスに立ち向かうより良い手段をReaverに与えることでしたが、私は、その改訂について考えることができます。 誰かBlade Tossのための待機時間リセットを好むでしょうか?(特に後述する改訂を考えている場合)

Blade Toss
-Root(足止め)かSnare(鈍足)を加えるのは、最初にこのスキルを実装したとき考えていたものでした。 そして、正直なところ、私はこの考えが好きです。 特に「Charge」がStunを失うならば、それは確実に考慮の対象です。


posted by ヴェネラビリス at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Isengard Proposal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。