2011年11月14日

LotRO's Update 5 - an Interview with the Devs

TenTonHammer.comによる、Executive Director of CommunicationsのAdam Mersky、Senior ProducerのAaron Campbellとのインタビュー記事
LotRO's Update 5 - an Interview with the Devs
エピックストーリ
「これは私たちにとって大きなものです」「これは『ローハンの王子』で、それは素晴らしい物語になるでしょう。 この物語はTheodred周辺にフォーカスします。 また、実のところ、それは野伏へのあなたのさよならの物語です。」 キャラクタは、灰色の一行のドゥネダインの野伏と別の道を行くでしょう。 彼らは、この5年間エピックラインの頼りになる仲間でした。そしてキャラクタは、ローハンからの彼らの新しい仲間で協力者たちと東方へと向かいます。
インスタンス・ファインダ
「Update 5で実装されるものについて、これまで話されたことがあると思わない、もう一つのおおきなものは、Instance Finderと呼ばれるものです」 これは、インスタンス・コンテンツの現在進行中の進化を継続するでしょう。 その昔、誰でもインスタンスを開始するためには、インスタンスの入り口へ移動しなければなりませんでした。 その後、招集の角笛がインスタンスの入り口に追加され、グループがもっと素早くインスタンス入り口に集まることが可能になりました。 次のステップは、インスタンス・ジョイン・パネルでした。 それは、プレーヤーがワールドのいかなる場所からもインスタンス・スペースに入ることを可能にしました。 インスタンス・ファインダはこのプロセスの次のステップです。
「私たちには、まったく新しいインターフェースがあるでしょう」このインタフェースは、プレーヤーが、個々にあるいはグループでインスタンスを求めて待ち行列を作ることを可能にします。「それに加わった誰でも、そのときスペースをちょうど捜している誰でも、あなたのレベル帯、正しい役割、エトセトラで、それは自動的にマッチングし、スペースにあなたを送り込みます。」
本質的に、これはチャットチャンネルの使用を要求しないフェローシップ・ファインダです。 これはLotROには新しいですが、そのアイデアは、World of WarcraftおよびEverQuest IIの世界にしばらくの間存在しています。 新インスタンス
新インスタンス・クラスタは、Rise of Isenfardの主人公、多彩なるサルマンの悪名高き棲み家Tower of Orthancを中心とするでしょう。
「私たちには、3つの3人インスタンス、一つの6人インスタンス、および一つの12人レイドがあります。また、それらは全てOrthanc、およびSaruman自身に非常に集中します」 「テーマは実際に、Sarumanにダイレクトに挑戦しています。私たちは、彼がこれらの小さな力の指輪を作り上げていることを知っています。そして、それは彼を止め、これらの指輪を破壊するというあなたの挑戦になるでしょう。あるいは、彼が外部に広がり、ローハンを脅かすことを始めることができる前に、少なくともある程度、彼の軍隊を止める。」
「私にとってエキサイティングなものは「Fangorn's Edge(ファンゴルンの端)」と呼ばれる3人インスタンスです。 基本的に、初めてファンゴルンの森の端にいくことになります。 その森を焼き落とし、切り落とそうとして働いているオーク、トロル、その他不快なものでいっぱいのエリアを移動します。そこの木たち、想像通りそこにいるフォルンとエントは、侵入者に満足しておらず、また、彼らは、実際に敵対者と友人を区別できません、したがって、敵として、オークとフォルンの両方を持ちます。 さらにインスタンスを進むにしたがい異なった種類のボスにも出会います。」これは大きな戦いで終わります。
3人インスタンスの別のものは「Pits of Isengard」と呼ばれます。それはオルサンクの下の空洞およびトンネルで起こります。 「The Foundry(鋳造所)」と呼ばれる6人インスタンスも、Isengardの深みで起こり、サルマンのLieutenentに直接挑戦することをグループに要求します。
「The Tower of Orthanc」と呼ばれるレイドは、非常に挑戦的であると分かるに違いありません。 「そこでは、あなた自身が結局サルマンに挑戦し、実際に戦いで彼に面するでしょう。」ロア純正主義者は、これを問題と捉えるかもしれません - ファンゴルンの森の怒ったエントによる暴動攻撃中にさえ、サルマンに直接対決するために、塔へ至ったいずれの軍の公式の説明はありません - しかし、そのようなアイコニックで強力な悪漢と実際に直接会うことは、非常に面白いと分かるに違いありません。



posted by ヴェネラビリス at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Update 5事前情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。