2012年07月23日

Developer Diary: The New Farmers Faire

Developer Diary: The New Farmers Faire
Farmers Faireについて

原文:Developer Diary: The New Farmers Faire

 

The New Farmers Faire(お百姓の市)

By: Lauren "Budgeford" Salk

What is this "Farmers Faire?"(この「Farmers Faireとは何です?」)

Farmers FaireはFarmers Marketと混じり合った季節のお祭りで、ホビット庄の豊富な晩夏の収穫を祝います。

それは、Bywater(水の辺)(Hobbitonの隣町、Cotton家とGreen Dragon Innのあるところ)で始まります。 全てのクエストは、食物・・・非常にたくさんの食物と際限なく空腹のホビットたちと関係します。 Vastinは、2のミニゲームをFarmers Faireに関連するようにしました:Egg Scramble と Mushroom Hunt。(彼のマッドサイエンティスト的なデザイン・スキルはこれに最適にフィットしました。)

魅力のあるデイリー・クエストを作り、きちんとパッケージされたシーズン・フィーチャーとなるようこのお祭りを結びつけようと試みるのが私の仕事でした。 Bywaterへの到着は、多彩な食品関連のクエストを開放します・・・

例えば、Mayor Whitfootは、西四が一の庄で最も太ったホビットであると言われています。 彼はFarmers Faireを逃さないでしょう - 実際、私は危険を冒し、彼がどのようにして祝宴テーブルの上に立ち、かつ一日中食べるか確かめて、それが彼の好きなお祭りであると推測するつもりです。 彼は無差別に食べますので、料理があまりに薄味か、あまりにも乾燥しているか、塩気がありすぎる場合に、彼が味の微妙なバランスを修正する助けをする準備をしてください。

Bounder Boffinは、平和の番人たる彼の職で不運があったように思えます。 彼が道端でつい先ごろ遭遇したBlack Riderは、Farmers Faireで秩序を維持する試みと比較すれば1つのケーキでした。 多くのホビットが、あまりにも飲みすぎており、彼らの振る舞いが手に負えなくなる前に叱責されなければなりません。(これは、特定のLothlórienのクエストに似ているかもしれません・・・) 彼らの悪い振る舞いのことで叱責された後に、(飲みすぎたせいで恐らく良識が欠如している)一部のホビットは、彼らに注意したBounderへの報復を欲しています。

好都合にもパーティー・エリアの真北に位置する、BywaterのFishing Holeで行われる魚釣りさえあります。 行うとてもたくさんのことがあり、当然ながら、それをすべて試みるには、限られた時間しかありません。 私は、みなさんが楽しむことを望んでいます!

The Long-term Impact of Festivals on a Human Brain(人間の脳へのお祭りの長期的影響)

私は、主要なお祭りデザイナーとして働いて3年以上になり、お祭りの仕事とともにリージョンの仕事や他のタスクを断続的にこなしています。 全てのコンテンツ同様に、お祭りは多数の人によって触れられますが、一般に、私は常に彼らの唯一の公式ベビーシッターでした。

私の他の仕事は、お祭りにHedge Maze、Haunted Burrow、Winter-homeなどのように、大きな新しいフィーチャーを実装するための時間をしばしば私に与えませんが、お祭りがライブになるたびに、少なくともそれらの靴磨きをしたり整えたりするタスクが常に私に課されます。 これらの洗練パスは、新しい報酬の要求と実装、クリーンアップ、インセンティブの追加、及びプレイヤーが帰ってきて、さらにうまくいけば再び楽しめるように試みることを含みます。

私が1つのお祭りの仕事を完了するときはいつも、さらに2つのお祭りがすぐ近くにせまっており、同様に調節を行う必要があります! さらに、その間にも、ちょうどライブになった最新のお祭りには、修正される必要のある少数のバグなどがあります! その結果、お祭りは常に私の気になるところとなり、それは難しい状況です。 フォーラムは、どのお祭りがよく受け取られるか、あるいは改良の余地があるかという洞察を私たちに与える役に立ちました。 典型的MMOコンテンツとはしばしば異なるこれらのイベントが原因で、奇妙なバグがしばしば見逃され、ライブになる時、私たちを非常に悩まします。 これらのファクター全ては、「Definition of a GOOD Festival(良いお祭りの定義)」についての私の精神データベースを育てることに寄与します。

このコンテンツに対するかなりコンスタントな没頭から3年が経過したところで、この新しいFarmers Faireを作る機会が現われました。 その作業をし始めると、Hedge Maze、私の最初のコンテンツ作品に取り組んでいた時と比較して、自身のアプローチの大きな変化に気づきました。 一例としては、私は、素早く確信を持ってFarmers Faireのための短く単純な設計ドキュメントを書くことができました。 それはかなり素晴らしいものでした! さらに、私は、上司からのフィードバックに非常に速く反応し、私が取り組むクエストに対する膨大な数のアイデアを考え出すことができました。 私が新人デザイナーだった時よりも、とても容易にできるようになっていました。 私の脳には、私がお祭りに取り組んできた日々とそれらと一緒に成長してきた結果として、全体としてのLOTROのお祭りに対する非常に堅固な理解があるように思えます。

しかし、実際にクエストを作り始めるにつれ、私はその初期の素晴らしい勢い全てを失い始めました。 私は、あるクエスト・デザインの概略を作っている時、それが既にこれまでのお祭りのために私が作った3つの他のクエストを思い出させることに気づきました。 計画を行なっていた他のいくつかのクエストを調査し、それらがすべて全く同じゲームプレイ・メカニズムを含んでいることを理解しました。 それは非常に悲観的な意外な新事実であり、私は私が何を作ろうとしていたかに関して自信喪失に陥り、2、3日スローダウンしました。

過去に困惑させられていた時、私の上司は、他のチーム・メンバーと座り、アイデアのために彼らを突くように私を激励しました。 私たちはみな、私たち自身のただ一つのトンネルをじっと凝視するので、私たちが何を行っているかについて互いに話すことがどれくらい有用なのかを忘れるのは簡単です。 その助言を心に留めて、私は、ブレインストーミング・セッションを、お祭りを作っている仲間にとても頻繁にうるさくせがみました。 そして、私の思考過程への彼らの貢献が、このアップデートで私をよりよいデザイナーにしたと感じています。

私のこの識者には、Vastin、Sleepy、そしてPinion(さらに、私が解こうとしていたより複雑なロジックのいくつかを解決するのを助けてくれたJWBarryも)を含んでいました。 私はどんなレベルの有用なインプットをシニアデザイナーから期待するべきか既に知っていますが、私たちの(その時点での)新しい2人の仲間がブレーンストーミングをするプロセスにどのようにこれほど多くの値を加えたかに驚嘆し感動しました。 私は、お祭りためのこのマイルストーンから出て来たものを愛しています - このプロセスの中で行われた仕事は、あなたに2011年冬のお祭り、2012年のアニバーサリー、及びFarmers Faireを持って来ました。 このチャレンジは常に増加しており、私が仕事を続けていくなかで、これらの素晴らしいリソースが使えるのは非常に幸運です。

以上です! 皆さんがFarmers Faireで楽しむことを望みます。



posted by ヴェネラビリス at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Developer Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。