2012年08月03日

Riders of Rohan Developer Diary: The Ettenmoors

CStMさんのFarmer's Faireガイド
LOTRO Farmer's Faire Guide 2012

キャプテンについての開発日誌が公開されています
Riders of Rohan Developer Diary: Captain

チャンピオンについての開発日誌が公開されています
Riders of Rohan Developer Diary: Champion

"Theme for Rohan" by Chance Thomas


Steed of the Loremaster。8月13日まで発売中です。
LOTRO Store Exclusive Steeds
LOTROストアの週間セール情報。8月3日から9日まで
LOTRO Store Sales 8/3-9
Stat Tomes、Virtuesが20%オフ。 +20% Monster and Quest XP (3 hrs)が40%オフ
Free Sampleは、Tier 4 Relic Pack。クーポンコードは、RELIC78


Riders of Rohan Developer Diary: The Ettenmoors
エテン高地の改訂について

原文:Riders of Rohan Developer Diary: The Ettenmoors

Ettenmoors Revamp(エテン高地の改訂)
By Joe “JBarry” Barry

アロハ、そしてEttenmoorsにお帰りなさい!

Ettenmoorsは、LOTROワールド内になるユニークな場所です;プレイヤーがサウロンの旗を掲げ、善の軍勢に対して公然と戦うことができる中つ国の一角です。 LOTROのライフタイムの間に、Ettenmoorsは数回アップデートされました。

今回のアップデートは、それらの1つとは違います。 これは新しい始まりです;生まれ変わりです。

私たちは、コンテンツとシステム両方の面でEttenmoors全体を精査しました。 Keep、Outpost及びDelvingから、Creepのスキルと特性、全面的な戦闘バランス、Commendationの獲得とコストまで全て;それらは全て、私たちの会話および内部の批評でのかっこうの的でした。 私たちは、莫大な量のEttenmoorsに関連したフィードバックと、このリージョンとPvMPの全ての側面に関連したフォーラムポストを収集し読みました。 Ettenmoorsの元々の目標は何だったか、このリージョンでどのようなプレイがされると考えていたか、実際にはどのようなプレイが行われたか、この数年にわたる変更がどのようにそれらの目標を調整したか、さらにゲームプレイがそれにあわせてどのように答え適応したかをじっくり検討しました。 私たちは、何がきちんと働いたか、何が標準に達しなかったかについての考えに重点をおきました。

この作業から、私たちは、ゲームプレイとPvMPエクスペリエンスを期待される品質レベルへと押し上げるために、Ettenmoors内で改善され、アップデートされ、削除され、追加され、変更され、再構想される必要のあるもののリストを構築しました。

私たちが加えるどんな変更もボートを揺らすでしょう。 私たちはこのことを理解しています。 しかしながら現時点では、Ettenmoorsの現状が、私たちがボートを揺らす必要があると命令していると感じています。 私たちは、Ettenmoorsがプレーヤー数と使用法に関する限りは、そのポテンシャルに近いところにいるとは思いません。 Ettenmoorsは、私たちがそこがそうありえると思っている場所から根本的に離れていて、その使用は、希望を持ってはるかに高い可能性を達成するために実際にそこをかき乱し、危険を冒してそこにあるものを壊してみるのを心配しないでいいくらい十分に小さいです。 私たちには、大胆で、私たちが望むものと、私達が集めたEttenmoorsのプレイヤーベースが望むもの両方について、そうあるべきようEttenmmoors内の物事を根本的にシフトする計画があります。

まずはじめに、LOTRO内部のEttenmoorsとPvMPのデザインゴールを洗練しアップデートしました。 それらは以下のとおりです:

  • 主要なPvP成長がPvPアクティビティによることを確実にする。
  • 補助的なPvEアクティビティでPvP成長率を増大する。
  • 両サイドに複数の関連する有益な目標を常に持つ。
  • それぞれに総合的価値と使用法がある、メカニズムと戦略的場所を持つ。
  • 2つのサイド間の統計的戦略的不均衡を減少する。
  • モンスタープレーヤーに、レベル・キャップ・キャラクター成長を提供する。
 

Riders of Rohanと同時の今回のリリースで、Ettenmoorsはそのライフ・サイクルの次の過程へ入って行くでしょう。 このリリースでの明確なゴールは、強固な基盤上にPvMPを戻し、ゲームプレイ経験の質および全面的意図を守ることです。 このゴールは、Ettenmoorsにとって良くないもの全てを修正しようと努めることではありません。 私たちは、魔法のように全てを良くする神秘的な銀の弾丸を放とうとはしていません。 それは、私たちを今日いる場所ヘ導いた、過去私たちが行おうと試みてきたことです。 そのような銀の弾丸は存在しませんし、それを見つけようとするどんな試みも私たちを惑わすだけでしょう。 ゴールは今すぐに行うことです。 PvMPのバランスを保つことは決して終わらないタスクです。 そして、私たちが物事を正す時、振り子は前後に数度揺れるでしょうが、私たちはその振り子を動かし続けます。

私たちは、初めに重点的に取り組む3つのプライマリ・エリアを決めました。 最初に、私たちはKeep、Outpost、及びDelvingを検討し、それらの目的と意図の両方を再検討しました。 次に、有用性、性能、及び取得コストについて既存のCreep特性とスキルの評価を始めました。 3番目に、それらがFreepの値と釣り合っていることを保証するためのCreepのダメージとヒールの総合的なバランス調整と協調した、各Creepクラスの新スキル。

それでは、ランドスケープ変更の詳細に入りましょう・・・

 

Landscape Changes(ランドスケープの変更)

現在のモデルはコントロール・ポイントを占拠したりフリップすることに対して、プレーヤーに報酬を与えることに集中しますが、それを保持し続けるインセンティブはほとんどありません。 今回のゴールは、ロケーションを獲得する恩恵の代わりに、ロケーションを保持し維持することに、大きな恩恵を備えるようモデルを変えることです。 私たちは、プレーヤーが「支配」スタイルのゲームプレイに参加することを望みます。 それは何を意味しますか? ハイ・レベルでは、それは次のことを意味します:

  • あなたの報酬を獲得するために、誰かが死ななければなりません。
  • Outpostのコントロールは、敵を殺すことであなたをよりよくします。
  • Keep と Delvingのコントロールは、敵を殺すことに対してよりよい報酬をあなたに獲得させます。
  • あなたのRelicのコントロールは、敵があなたを殺すことをより難しくします。
 

Outposts(前哨基地) (ID, AE, River, CF, PGF)

Outpostの目的は、敵対者を倒すことで、あなたをよりよくすることです。 これはダイレクトなPvMP恩恵を提供し、戦いの間にOutpostに重要な目的と価値を与え、OutpostがメインKeep戦を補完することを可能にします。 Keepよりも少数のプレーヤーでOutpostを獲得できるので、小さなグループは、進行中のKeep戦のダイナミクスをシフトするためにOutpostを利用することができます。

あなたのサイドがコントロールする各Outpostは、Ettenmoors全体であなたのサイド全員に、スタックするPhysical/Tactical Masteryバフ(Outpost毎に~10%ブースト)を提供します。

  • Outpostは、それらがフリップした時、もはやCommendationを直接報酬として与えません。
  • Plains of Gramsfoot Outpostは、もう存在しません。 削除されました。
  • Coldfells Outpostは、アクセスを提供する1組の橋と共にHoarhallowを見下ろす丘に移動されました。
  • Arador's End Outpostは、Grothum と Isendeepの中間の崖の下に移動されました。
  • Outpostは、もうDelvingへのアクセスを制御しません。
  • Outpostは、今後も6時間後に中立状態に戻ります。
  • Outpostフリップクエストは、あなたがそこにいて死んでいる場合、完了するようになります。
 

はい、1つの前哨当たり10%は、バランスに影響する大きな数字です。 それは必要があります。 いくぶん不均衡である必要があります。 Outpostがキャプチャする価値があって欲しいからです。 Outpostを持っている価値がなければ、それらは再び無視される状態に戻るでしょう。 私たちは数字をモニターし、必要ならば調整するでしょう。


Keeps(砦) (TA, TR, Lug, LC, IM)

Keepの目的は、あなたに敵を破ったことに対するより大きな報酬を提供することです。 より多くのKeepをコントロールすることは、あなたが受けるボーナスもより大きくなりますが、あなたのボーナス全てを維持することはよりチャレンジングになります。

  • Overall Updates(全体的なアップデート)
    • あなたのサイドがコントロールしている各Keepは、Ettenmoors全体であなたのサイド全員に、スタックするInfamy/Commendation 獲得バフ(Keep毎に+20%ブースト)を提供します。
    • Keepフリップ・クエストは、もはやCommendationを直接報酬として与えません。
    • Keepフリップクエストは、あなたがKeepにいて死んでいる場合、完了するようになります。
    • Keepは、十分な数のDefenderの状態でスタートし、補強クエストは削除されました。
    • Keep「シナジー」相互作用(Lugがより多くのスキルを持ったTAボスを提供)が削除されました。 各Keepは、他のKeepの状態に影響されずに、独力で立つようになります。
    • Hope/Dreadは、Dar Gazag と Ost Ringdyr以外の全てのKeepから削除されました。 これらの場所では、それらは不変になります。
    • Keepのボスたちは、脅威がリンクしており、彼らのうちの誰かが部屋を去る場合、完全にリセットするようになります。 Keepをフリップするためには、全てのボスたちが同時に死ななければなりません。
    • KeepのDefenderとBossがレベルキャップの増加とAudacityに遅れを取らないように、評価がKeepのDefenderとBossのStatに対して行われました。
    • Orc/Elfの野営地と Hoarhallow/Grothumで始まり、TR、Lug、及びTAにリンクする旗取りメカニズムは削除されました。
 
  • TR/Lug
    • Flag部屋は、Keepのクエスト授与者を収容し、ボス部屋から両サイドによって常にアクセス可能になります。
    • Flag部屋には、ランドスケープからの裏口があります。
      • Keepをコントロールするサイドだけが、部屋に上がるためにウェイポイントを使用することができます。
      • 両サイドが、下に降りるためにウェイポイントを使用することができます。
    • FlagとそのCTF unlocked defenderが、削除されました。
      • Keepの3体のボスが倒される時、Keepはフリップするでしょう。
 
  • TA
    • 新しい部屋がクエスト授与者の上にアンロックされました。 それは裏口を収容しています。
      • Keepをコントロールしているサイドのみが、上がってくるためにウェイポイントを使用できます。
      • 降りるために両サイドがウェイポイントを使用できます。
    • 2つの橋は、もはやTAから切り離されたコントロール・ポイントではなく、そのDefenderは、Keepを所有する側と一致するようになります。
    • 芝地のDefenderは削除されました。
    • 汀線は、ほぼあらゆるアングルから、水上からのアプローチ、水上への脱出をできるようにするため、滑らかにされました。
    • 各地の水深は調整されたので、全ての種族はつねに歩くか、泳ぎます。
    • Murderholeは、サイド・エントランスに移動されました。
    • Hornクエストは削除されました。
 

Relics

Relicの目的は、長い戦いであなたを維持する防衛のボーナスをあなたのサイドに提供することです。 Outpostのように、このボーナスは持つのに実質的で魅力あるものである必要があり、その結果、Relicを奪い去る魅力のあるものにします。

  • あなたのRelicがピックアップされる瞬間に、あなたのサイドはRelicが提供するボーナスを失います。 したがって、あなたがそれを拾い上げるために十分遠くまでいくことができれば、Relicに対する攻撃は部分的に成功することができます。
  • もはや両方のRelicを持つことでボーナスを得ません。 代わりに、敵対サイドから彼らの持つボーナスを奪っています。
  • DG と ORは、最大のボス数、ボススキル、Hope/Dread、及びDefender数で始まります。 もはや最も近い2つのKeep所有状態によって影響を受けません。
  • Relic所有権は、もはやKeep内の戦闘バフを提供しません。
  • あなたの遺物所有は、1個の装備と等価なAudacityブーストを、Ettenmoors全体であなたのサイドに提供します。
 

The Delving(堀)

Delvingの目的は2つあります。 最初にKeepと同じように、それがあなたの敵を破ったことに対する、より大きな報酬を提供するであろうということです。 2番目は、DG、OR、4つのOutpost、ECおよびOCを接続する速い移動ネットワークとして機能することです。

  • Delvingへのアクセスは、もうアウトポストの所有権によって制御されません。
  • Rogmul、Drake、及びHuornを最後に殺した人は誰でも、Ettenmoors全体でスタックするInfamy/Commendation獲得バフを受け取ります。
    • Drake と Huornは、それぞれ30%の価値があります。
    • Rogmulは、40%の価値があります。
  • Outpostと同じように、これは、対立サイドにによってクレイムされない場合、6時間後に中立に返るでしょう。
  • 他の部屋は、特定のアウトポスト、EC、またはOCにマップされます。
  • マップされた部屋にはそれぞれあなたをEC/OCの中心、またはOutpostの裏口へ連れて行くウェイポイントがあります。
  • Outpost、EC、及びOCには、それぞれDelvingの対応する部屋にあなたを降ろすウェイポイントがあります。
    • これらのウェイポイントは両サイドから使用可能で、戦闘による使用制限はありません。
  • Outpostにマップされた部屋は、Outpostの対応する所有権に基づいて、Defenderを変更します。
  • EC/OCにマップされた部屋は、絶えずそのサイドがコントロールし、Defenderとしてそのサイドの軍勢がいます。
 

Rangers/Trolls Session Plays(野伏/トロル・セッションプレイ)

セッション・プレーは、負けているサイドに、戦いの潮を彼らのサイドに変えるのを支援する能力を与えるのが目的です。 人口の不均衡は、戦いの趨勢を決める一つの理由であるが、スキル、ランク、その他も関係あります。

  • セッションプレイは、もう人口の不均衡ではアンロックされません。
  • OutpostとKeepで、9つのコントロール・ポイントがあります。 対立するサイドが7、8、及び9ポイントをコントロールした時、あなたのサイドのRanger/Teoll 1、2、及び3がアンロックされます。
 

Elf Camp and Orc Camp(エルフの野営地とオークの野営地)

ECとOCは、TA内部の不均衡な戦闘の間の予備ポイントを期待されていました。 1つのサイドが押し出したり戻ったり、EC/OCで再グループし、増援軍を集め、協調した出撃/カウンターアタックをする可能性が考慮されました。 しかしながら、結局このようなプレイは行われませんでした。 代わりに、1つのサイドはEC/OCへ押し返され、それから単に、敵対サイドに囲まれ、キャンプさせられます。

今や、ECとOCは、敵領域の前線本部を意味します。 それらの位置はマップの敵対サイドの中心となるところへ移動されており、Delvingのそれに対応してコントロールされている部屋への恒久的なアクセスが与えられています。 この変更は、これらの野営地が敵のテリトリーでターゲットを攻撃するための、後退位置、補強位置、及び集合位置であることを可能にするはずです。

  • Elf Campは、Lugの復帰サークルがあった場所に移動されました。
    • この移動は、Elf CampにTA、Lug、DG、HH、River Outpost、Coldfells Outpostへの有望なアクセスを与えます。
    • Lugの復帰サークルは、 River outpostの用地内部の3つの一連の木のほうへおよそ100メートル南へ移動されました。
  • Orc Campは、TR の復帰サークルがあった場所に移動されました。 この移動は、Orc CampにTA、TR、OR、AE Outpost、Isendeep Outpost、Grothumへの有望なアクセスを与えます。
    • TR 復帰サークルは、小さな丘(Candy Mountain)の約100メーター北です。
      • Isendeep Outpostへ復帰サークルを接続する橋に加え、復帰サークルが追加され、この丘には3つの登攀道があります。
  • 両方のCampには、Delvingへの恒久的なウェイポイントがあります。


Quests(クエスト)

クエストへのフォーカスは、大多数の報酬がPvP活動から来ることを確かにするためでした。 keepをとるか保持するための、あなたのアビリティを補完したクエストは、もはや直接Commendationを与えません。 それらのただ一つの恩恵は、keepをとるか保持するための、あなたのアビリティを補完することです。 無関係な多くのクエストが削除されました。 これは絶えず評価され続ける進行中のプロセスです。

  • OutpostとKeepでボスを倒すことと関係したクエストのCommendationを削除しました。
  • Reinforcementクエストは削除されました。
  • Keep攻撃中にNPC(熊、鷲、蜘蛛など)の援助を得る、あるいは彼がそうできないようにそのキャラクタを倒すクエストは、もうCommendationを報酬として与えません。
  • 残りのクエストからのCommendation報酬は、半分にされました。
  • Y位置でX人のプレーヤーを倒すクエストは、10まで落とされており、完了時直ちに再授与可能です。
    • 私たちは、キリング・ブローを与えたプレイヤーだけでなく、討伐からInfamy/Commendationを受け取る全てのプレイヤーがクエスト・アドバンスを受け取ることを可能にするテクノロジーを調査しています。
 

Systems Changes(システムの変更)

Audacity(剛勇)

今季のモンスター・プレーでは、Audacityは、通常購入できるランクは14、Relic Controlを通してのみ到達可能なランク15まで拡張されています。 Audacityのボーナスは、ランク1-6が利用可能な最大の性能のうちの1/3を保持し、ランク7-14は残りの2/3を保持するように再分配されています。

 

Acquiring Audacity(剛勇の獲得)

Freepについては、新装備は、1ではなく2レベルのAudacityを与えます。

Creepについては、Audacityのランク2から6(全てのCreepはランク1から始まる)は、合計1125のCommendationを要します。 ランク7から14は、それぞれ6000のCommendationを要します。

 

Commendation Revisions(賞賛の改訂)

Accrual Rates(発生率)

プレーヤーを倒すことに対するCommendation値は、事実上2倍になりプレーヤーの敗北をおよそ100 Commendationの価値にしました。

私たちは、次のものを含む発生率を増強する他の手段を現在調査しています:

  • より手強い敵を倒したことに対するボーナス。
  • 大きなグループでのCommendation配分の改善。
  • それほど活発でないPvMPを持ったサーバを援助するためのCommendationを集める追加の方法の提供。
 

Creep Skill & Trait Cost Updates(蛆のスキルと特性コストのアップデート)

私たちは、CreepがPvMP戦闘に必要なツールにリーズナブルにアクセスすることを確かにするため、Creepスキル、Corrption、及び特性のCommendationコストを下げることにしました。 ローンチ後も、Commendation発生率を見続けるでしょう。

スキルのCommendationコストは、2000から500に減少しました。

CorruptionのCommendationコストは、1000から500に減少しました。

特性のCommendationコストは、1500から1000に減少しました。

 

Freeps(自由の民)

Ettenmoorsの新しい「Season」のリリースで、Freepは、PvMPを通して獲得ができる新報酬一式を見るでしょう。

このアップデートでは、以下の目標にフォーカスしました:

  • それらがCommendation投資の価値があることを確実にするため、新鎧セット(Statとセット・ボーナス)の作成にプレーヤー・フィードバックを活用する。
  • PvEとPvMP両方でそれらの値を持続する、新しいランクに基づいた報酬を導入する。

 

Armour Sets(鎧セット)

今シーズンのモンスタープレーで、私たちは、現在存在する鎧セットのひねられたバージョンをリリースしています。 各鎧ピースのStatはブーストを受け取り、さらに、最も不足していると感じたセット・ボーナスたちにいくらかの愛を与えました。 さらに多くのクラス特有の変更に加え、防衛ボーナスについてPhysical mitigationよりもTactical mitigationをひいきしました。 これはCreepはそのタイプのダメージをそうでないものより使う傾向があるからです。 そして、気力コストに影響するボーナスを切り替えました。 気力消費量に既に相当なボーナスを提供するAudacityがあるので、これらのボーナスは少量を提供しています。 私たちは、セット・ボーナスの多くは既によい位置にあると思ったため、それらが変わってないことに注意してください。

新セット・ボーナスは以下に記載されています。 クラスとセット名でソートされています。

ロア・マスター

Restoration

2: +704 Tactical Mastery Rating

3: Beacon of Hopeに時間ごとのヒールを追加

4: +76 Will

5: Wisdom of the CouncilのDamage Negationは、セルフヒールになり、より頻繁に生じます

Storm-caller's

2: +704 Critical Rating

3: +10% Fire スキルのダメージ

4: +76 Vitality

5: Light of the Rising Dawnは、クリティカルヒット時にSticky Gourdの待機時間をリセットします。

Tradition

2: +365 最大士気

3: -50% ダメージでDazeが壊れるチャンス

4: +76 Will

5: Frost-loreは、ターゲットを10秒間沈黙状態にします

 

ミンストレル

Harmonious

2: +704 Tactical Mastery Rating

3: -25% Gift of the Hammerhandの待機時間

4: +76 Will

5: Soliloquy of Spiritは、10秒間、2秒毎にPoison、Disease、Fear、またはWoundエフェクトを1つ削除する

Resonance

2: +365 最大士気

3: Coda of Resonanceは、フェローシップに912 Finesseを提供する

4: +76 Will

5: Call to Greatnessは、2体のターゲットに影響する

Dissonance

2: +704 Critical Rating

3: 7% Ballad ダメージ

4: +76 Vitality

5: Coda of Furyは、クリティカルヒット時にCry of the Wizardsを回復する。

 

ルーンキーパー

Thunder-struck

2: +704 Critical Rating

3: 5% Shocking Words のStunチャンス

4: +76 Vitality

5: Essence of Stormは、クリティカルヒット時にEssence of Winterの詠唱時間を削除する

Scalding Wit

2: +704 Tactical Mastery Rating

3: +10% Smouldering Wrath ダメージ

4: +76 Will

5: Fiery Ridiculeは、クリティカルヒット時に、10秒間の詠唱ノックバック耐性を提供する

Tranquility

2: +704 Tactical Mastery Rating

3: Epic for the Agesは、Desablingエフェクトを削除する。

4: +76 Will

5: Mending Verseのイニシャル・ヒールは、ターゲットとキャスター両方に適用されます。

 

バーグラー

Unseen

2: +2 Stealth レベル; 352 Critical Rating

3: +10% Run Speed

4: +76 Agility

5: Surprise Strikeのヒット時に、15秒間 +5% Devastating critical チャンス(4回スタック)

Pandemonium

2: +388 Physical Mastery Rating

3: +Knives Out:攻撃者に3回までスタックする出血を適用する。

4: +76 Vitality

5: Riddleは、2体のターゲットに適用される。

Chance

2: +776 Evade Rating

3: +5% Evade時のStacking Damage bonus(スタック継続時間増加)

4: +76 agility

5: Lucky Strikeは、ターゲットを10秒間沈黙状態にする;Gambler's Strikeは、ターゲットを10秒間沈黙状態にする。

 

ワーデン

Spear Lord

2: 776 Critical Rating

3: Power Attack、Mighty Blow、及びUnerring Strikeの出血ダメージを25%増加する。

4: +76 Might

5: Onslaught、Adroit Maneuver、及びWarden's Triumphを使用する時、ターゲットのIncoming Healingを20%減少する。

Solidarity

2: 786 Physical Mitigation; 1747 Tactical Mitigation

3: +20% Spear-Shield Damage Bonus

4: +76 Vitality

5: Maddening Strike、Celebration of Skill、及びRestoration使用時に、ターゲットがKnock Downするチャンス 25%。

Vigilance

2: +776 Physical Mastery Rating

3: +10% Fist Gambit Damage

4: +76 Might

5: Fierce Resolve、Resolution、またはDesolation使用時に、ターゲットに25% Movement Reductionと10% 攻撃間隔増加を適用する。

キャプテン

Command

2: +118.8 戦闘時の気力再生

3: -25% Last Stand 待機時間

4: +76 Might

5: Sure Strikeは、あなたのターゲットへ与えるダメージを10秒間5%増加する。

Perseverance

2: +776 Critical Rating

3: -20% Defeat Event Skill群の待機時間

4: +76 Might

5: Make HasteはSlowを治癒し、かつ同エフェクトに5秒間耐性を提供します。

Loyalty

2: 786 Tactical Mitigation; 786 Physical Mitigation

3: -25% Escape from Darkness 待機時間

4: +76 Might

5: Routing Cryは、10秒間、incoming healingを35%デバフします。

 

チャンピオン

Shining Blades

2: 776 Physical Mastery Rating

3: +5% Ardour ダメージ

4: +76 Might

5: クリティカル時:Blade-stormは、10秒間移動速度を25%減少する。

Unyielding Rage

2: +776 Critical Rating

3: +50% Hamstring 継続時間

4: +76 Might

5: Remorseless Strikeの熱狂値コストの削除

Resilient Warrior

2: +786 Tactical Mitigation; +786 Physical Mitigation

3: Battle-frenzyは、10秒間 、incoming Tactical damageを10%減少する。

4: +76 Might

5: Bracing Attackには、Poison、Disease、Fear、またはWoundエフェクトを最大3個ディスペルする50%のチャンスがあります。

 

ガーディアン

Resolution

2: +776 Block Rating

3: Turn the Tablesは、さらなるDisablingエフェクトへの耐性を10秒間与えます。

4: +76 Might

5: Catch a Breathは、Slowを削除し、移動速度を3秒間15%増加する。

Fearless

2: +776 Physical Mastery Rating

3: -20% Thrill of Danger 待機時間

4: +76 Might

5: Whirling Retaliationには、ターゲットを5秒間武装解除する25%のチャンスがあります。

Sovereign's Blade

2: +776 Critical Rating

3: Brutal Assaultには、Block Responseを獲得する25%のチャンスがあります。

4: +76 Vitality

5: Staggerは、もうターゲットのほうを向いているか、クリティカルヒットを要求しません。

 

ハンター

Predator

2: +776 Critical Rating

3: -30s Heart Seeker 気力コスト

4: +76 Agility

5: Merciful Shotは、10秒間、Incoming Healingを25%減少する。

Entrapment

2: +1747 Tactical Mitigation

3: Needful Hasteは、Distracting Shotを回復する。

4: +76 Vitality

5: Rain of Thornsの焦射値コストが削除

Precision

2: +776 Physical Mastery Rating

3: Penetrating Shotは、追加Mitigationを無視します。

4: +76 Agility

5: Precisionスタンスは、クラウド・コントロールの継続時間を25%減少します。

 

もちろん、さらなるひねりがまだ行われるかもしれませんが、上記のリストが非常に最終結果に酷似するを予期できるでしょう。

 

Trading Up(取引)

新鎧セットには、以下の価格構成があります:

Helm: 7500
Shoulders: 6000
Chest: 7500
Hands: 4000
Legs: 6000
Feet: 4000

さらに、Glam Vraigの業者は、下取りプログラムも提供します! 各々の現在の鎧ピースは、アップグレード・バージョンのために、10% Commendation値引き状態で下取りに出すことができます。

 

Legendary Weapons(伝説的武器)

新しいPvMP独占の伝説的武器! これらの新しい伝説的武器は、PvMP特有な外観を持ち、そういうわけで、本当に勇敢なものだけがそれらを使用することができるのを確保するためにランクによって制限されるでしょう。

ランク要件 : 10

Age: 2nd Age

武器タイプ: Sword、Dagger、2-Hand Sword、Bow、Staff、Mace、Orb、Spear

私たちは、プレーヤーが彼らの選んだ武器タイプを装備できるのを確実にするために、武器タイプをできるだけ多くのクラスに対し利用可能にしようとするでしょう。

後のポストで、私は、武器のいくつかのスクリーンショットを含めるつもりです。

 

Creeps(蛆)

このアップデートで、私たちは3つの主要な目標にフォーカスしました:

  • より多くのユーティリティを提供するために、Creepスキル・セットを拡張する。
  • クラス特性が意味のある選択を提供することを確かにする。
  • CreepとFreep間のStat格差を減少する。
  • 上記を念頭に、以下のことを行うことにしました:
  • Creepがリーズナブルに彼らのツールを得ることができるのを確かにするため、Creepスキルと特性のCommendationコストを下げる。
  • 彼らのスキル・ローテーションを仕上げる助けとなる、各Creepクラス用の新スキルを導入する。
  • それらが有意な影響を与えるのを確実にするため、スキル、「Enhanced Skills」、及びクラス特性を洗練させる。
  • スキルとEnhancedスキル特性へそれらを分割することにより、「Advanced Skill」特性の概念を削除する。
  • プレイ・フィールドを同じレベルにするために、ベースダメージとCorrptionを監査する。
 

Creep Damage & Corruption Revisions(蛆のダメージと腐敗の改訂)

'moorsの調査で私たちに非常に明白になった1つのものは、CreepとFreep間のダメージとヒーリングの不一致です。 比較すると、Creepは、Freepが出力可能な数字と比較すると、ダメージ、ヒーリング共に打ち負かされる傾向があります。 私たちは、今シーズンこのギャップを埋めるステップを取るでしょう。 これらのステップは、遠くに行き過ぎる、あるいは十分なところに至らないかもしれません。 私たちはモニターを続け、必要なときに、振り子は揺れ続けるでしょう。

私たちは、BlackarrowとWarg Stalkerはダメージ的によい場所にいると思います。 したがって、大多数の注意はDefiler、Weaver、Reaver、及びWarleaderに向かいました。 これらのクラスは、彼らのスキルとダメージ・エフェクトにかなりのダメージ・ブーストを受け取り、彼らをダメージを与える観点からより実行可能にしました。 さらに、私たちはMastery Corruptionの性能を増加させることにより、さらに多くのダメージをCprruptionを通して利用可能にしました。

Freepヒーリングに対するCreepヒーリングを見る時、私たちの目に最もとまったことは、FreepヒーリングがIncoming Healing Ratingによって増大されうるということでした。 これはCreepがアクセスできなかったものでした。 今シーズン、Battlefield Promotionのランク全体で合計40%のIncoming Healing Ratingを配分するつもりです。

New Skills(新スキル)

各Creepクラスは、彼らのスキル・ローテーションを仕上げる助けとなる新スキルが与えられています。

全てのスキルはランク9でアンロックされます。

Reaver(略奪者)

Impale(突き刺す)

Reaverは、血まみれにされたターゲットに対して野蛮な攻撃を浴びせます。

  • Reaverのターゲット上の各出血毎に追加ダメージを与える近接攻撃。
  • ターゲット上の各攻撃者の出血に対して、Impaleは追加の25%ダメージを与えます。
 

Blackarrow(ブラックアロー)

Explosive Arrow(爆発性の矢)

Blackarrowは、爆発物が先端についた矢を放ち、ターゲットと全てのその近くにいる敵にダメージを与えます。

  • ターゲットにディレイのある爆発物を置く遠隔攻撃。 5秒後、ターゲットは5メートル以内の全ての(ブラックアローの)敵に重いダメージを与えて爆発します。
 

Weaver(大蜘蛛)

Toxic Carapace(毒性甲皮)

Weaverは、全ての攻撃者にダメージをもたらす毒を彼女の甲皮に分泌します。

  • WeaverのMitigationを増加させ、攻撃者に全てのIncoming Damageの30%を反射するバフ。
  • キャスト時に消費された各Pip毎に、継続時間とMitigationボーナスが増加されます。
 

Warleader(ウォーリーダー)

Shield Bash(盾強打)

ウォーリーダーは、彼の敵の顔に盾を叩きつけることで、敵をDaze状態にします。

  • クリティカル時6秒間ターゲットをStunさせ、Shield Bashの待機時間をリセットする強近接攻撃。
 

Stalker(ストーカー)

Piercing Claws(突き刺す爪)

あなたの獰猛な爪は、最もタフな鎧さえ突き破ることを可能にします。

  • あなたのターゲットのMitigationの50%を無視し、ダメージとしてターゲットの最大士気の10%を与える近接攻撃。
 

Defiler(冒涜者)

Constant Pain(絶えず続く痛み)

Defilerは敵対者に激痛を与えます。 近くの仲間は、敵の苦痛は非常に喜ばしいと分かり、彼らは士気を回復します。

  • Defilerのターゲットにダメージを与え、一方でDefilerのフェローシップをヒールするチャンネル攻撃。
 

 

Skill & Trait Revisions(スキルと特性の改訂)

Reaver(略奪者)

Enhanced Skill: Jagged Cut

  • 出血適用のチャンスが100%に増加。
 

Extended Reach

  • 最大ターゲットは、3から6に増加。
 

Wrath

  • スキルヒット時に、最大耐久力の2%を回復するようになります。
  • スキルヒット時に、最大気力の3.5%を回復するようになります。
 

Blackarrow(ブラックアロー)

Punctured Target

  • ターゲットのMitigationの30%を無視。
 

Headshot

  • ターゲットのMitigationの30%を無視。
 

Penetrating Arrows

  • 弓攻撃は、目標のMitigationの10%を無視するようになります。
 

Enhanced Skill: Gash

  • ヒット時にターゲットを6秒間Stunさせる。
  • 待機時間は20秒に増加。
 

Enhanced Skill: Headshot

  • ヒット時に50%のKnockdownチャンス。
  • クリティカルヒット時に100%のKnockdownチャンス。
 

Weaver(大蜘蛛)

Piercing Attack

  • ターゲットのMitigationの10%を無視。
 

Enhanced Skill: Piercing Attack

  • ターゲットのMitigationの15%を無視。
 

Latent Poison

  • カウントダウンが10秒減少。
 

Warleader(ウォーリーダー)

Banner of Horror/Terror

  • 待機時間を5分に減少しました。
  • もう同じ待機時間チャンネルを共有しません。
 

Quitters Never Win

  • 待機時間を5分に減少しました。
 

Enhanced Skill: Quitters Never Win

  • 待機時間を3分に減少しました。
 

Enhanced Skill: Quitters Never Win

  • 待機時間減少は、15秒に増加しました。
 

Stalker(ストーカー)

Howl of Unnerving

  • Fear procチャンスは、25%から50%に増加しました。
 

Rabid Bite

  • 気力コストのデバフは40%に増加しました。
 

Disappear/Topple

  • 待機時間は5分に減少しました。
 

Sprint

  • 待機時間は5分に減少しました。
 

Enhanced Skill: Rabid Bite

  • 気力コストのデバフを35%増加しました。
 

Enhanced Skill: Disappear

  • 待機時間を2分減少しました。
 

Enhanced Skill: Sprint

  • 待機時間を2分減少しました。
 

Defiler(冒涜者)

Enhanced Skill: Plague Gourd

  • クリティカルチャンスが50%に増加。
 

Fast Lob

  • 全てのGourdとCurseスキルの詠唱時間を減少。
 

Advanced Skill Revision(上級スキルの改訂)

Riders of Rohanで、私たちは「Advanced Skills」をスキルと「Enhanced Skill」特性に分割することによって、「Advanced Skills」のコンセプトを削除するつもりです。 この変更は、各Creepクラスのスキル・セットおよびユーティリティの両方を拡張するだけでなく、搭載する特性を選択する時に、より意味のある選択を提供するでしょう。 多くの場合、古い「Advanced Skill」の機能は、スキルと特性間に分割されており、それにより、十分な性能を利用するために投資することをCreepに要求します。

新スキルと「Enhanced Skill」特性は、旧「Advanced Skills」と同じランクでアンロックされ、あなたのトレーナーを訪ねることにより各々購入することができます。 既に「'Advanced Skill」特性を購入しているプレーヤーは、自動的に新スキルと「Enhanced Skill」を与えられるでしょう。

種族「Advanced Skills」がこの改訂の一部ではないことに注目することは重要です。 これらの特性は「Racial Skills」と改名されており、まだ特性がスロットされることを要求します。

Reaver(略奪者)

Blade Toss

  • 背後からより多くのダメージを与える遠隔攻撃。
 

Enhanced Skill: Blade Toss

  • ターゲットの速度を低下。
 

Resilience

  • ReaverからCCを削除。
 

Enhanced Skill: Resilience

  • 一時的なCC耐性を追加。
 

Against the Odds

  • スキルの待機時間をリセット。
 

Enhanced Skill: Against the Odds

  • 耐久値と気力回復を追加。
 

Blackarrow(ブラックアロー)

Set Trap

  • ターゲットを足止めする罠を地面に設置。
 

Enhanced Skill: Set Trap

  • Rootはダメージで壊れにくくなり、、罠にかかったターゲットはより多くのincoming damageをうけます。
 

Steadfast Barrage

  • Block、Parry、Evadeできないチャネル攻撃。 移動中に使用できない。
 

Enhanced Skill: Steadfast Barrage

  • 移動中に使用可能だが、速度は減少する。
 

Snare

  • 敵を遅くする3つの罠を設置。
 

Enhanced Skill: Snare

  • Blackarrowに10%移動速度バフを追加。
 

Weaver(大蜘蛛)

Clinging Webs

  • ミス・チャンス・デバフ。
 

Enhanced Skill: Clinging Webs

  • ParryとEvade Ratingデバフを追加。
 

Feast

  • スキルのリセットと、このスキルはWeaverの気力を回復。
 

Enhanced Skill: Feast

  • 気力回復は、Weaverのフェローシップに適用されるようになります。
 

Warleader(ウォーリーダー)

Purge

  • ターゲットからCCを削除。
 

Enhanced Skill Purge

  • 一時的なCC耐性を追加。
 

Snap Out of It!

  • Warleaderと仲間からCCを削除。
 

Enhanced Skill: Snap Out of It!

  • 全てのターゲットに時間ごとのヒールを追加。
 

Stalker(ストーカー)

Rallying Howl

  • 討伐イベント時、時間ごとのヒール(最大6回スタックするようになる)。
    • ヒールは、Stalkerのフェローシップのみに適用。
 

Enhanced Skill: Rallying Howl

  • スタックするフェローシップ・ダメージ・バフ。 各StalkerのHowlがスタックに追加(キャップは5)。
 

Flayer

  • Health bubble付きのArmourとMitigationバフ。
    • 値は、現在の「Advanced Skill」から減少されています。
 

Enhanced Skill: Flayer

  • ArmourとMitigationバフの増加。
    • 値を現在の「Advanced Skill」総計にセットします。
 

Defiler(冒涜者)

Blessing of Darkness

  • ターゲットからDefilerへダメージをリダイレクト。 Defilerをヒール。
 

Enhanced Skill: Blessing of Darkness

  • ターゲットをヒール。
 

Fungal Spores

  • ターゲットに時間ごとのヒールを設置。
 

Enhanced Skill: Fungal Spores

  • Incoming Healバフと、時間ごとのヒールの最後に追加的ヒールを追加。
 

Class Mechanic Revisions(クラス・メカニズムの改訂)

Reaver(略奪者)

Relentless

  • Reaverは、彼らの現在の耐久値に基づいたボーナスMitigationとダメージを獲得します。
    • 耐久値が完全な場合、ReaverはボーナスMitigationを持っています。 彼の耐久値が減少するにつれ、彼のボーナスMitigationは減少しますが、ボーナス・ダメージを獲得し始めます。
 

Weaver(大蜘蛛)

Venom

  • Venomのpipは、Weaverのダメージと抵抗貫通を5/10/15/20/30%増加するようになります。


posted by ヴェネラビリス at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Developer Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。