2012年08月13日

Riders of Rohan Developer Diary: East Rohan

Riders of Rohan Developer Diary: East Rohan
東ローハン

原文:Riders of Rohan Developer Diary: East Rohan

East Rohan(東部ローハン)

By: The Lidless Eye

そして、ここに私たちはついに来ました。 私たちは途中ちょっと回り道(こんにちは、Dunland!)をしました。 しかし、もう一度旅の仲間のたどった道の上にいます。 ついに、私たちは、旅の仲間でフロドと仲間が行ったそこここへのツアーを終え、さらに二つの塔の奥深くへと進むことができます。 もう十分外側の絵は描きました。十分控えめでした。

Riddermark。 Rohan。 ようやく。

今年初めのGreat Riverでの私たちのゴールは、プレーヤーにEorlingasのテイストを与えることと、Anduinを下り、Markの境界へと開発を推し進めることでした。 ワールドとコンテンツ・チームがそのエリアに命を吹き込む作業に取り組んでいる間、私はLimlightの反対側の作業を私は始め、それは最終的にゲーム・ローンチ時の最初のEriador開発からLOTROで最大のランドスケープ開発プロジェクトになりました。

つまりこういうことです:Rohanは巨大です。 それは回避てきるものではありません - 見渡す限りの広大な草地を開発する時けちけちすることはできません。 それを十分に表現し、かつ私たちがこれまで提供してきた、その他のワールドに見合ったスケールを維持するために、Mark全体は、私たちの平均的なランドスケープ・エクスパンションのサイズの約6倍である必要があります・・・さらに、そこには、Fangornの奇妙な森のような厄介な詳細は含まれていません。

私の最初のタスクは、王国の地図を掴み、1回のパスでRohan全てを構築する考えられる方法が無いのを首脳陣に実証することでした。 そこは十分に表現するにはまったく大きすぎます。 したがって、最も単純な答えは、最も明白な地理的な境界を横切って、半分にすることでした:Westemnet(西エムネト)とEastemnet(東エムネト)を分けるEntwash川(エント川)。 そこがGreat River地域に隣接していて、旅の仲間が最初に訪れる場所であるので、私たちは東部を最初に開発しました。

これは、私たちにとって良い結果となり、Helm's Deepのようなよりメジャーなセット・ピースによって気を取られることなしに、文化としてのRohanの開発に私たちを集中させました。 私たちは次のアップデートでHelm's Deepに集中するつもりです。 また、Eastemnetは、平均的なトルキーン読者が「Classic」Rohanと考える以上のところです:西のほうにあるWhite Mountainsの木の多い麓にある隠れた要塞とは対照的に、ここは広大な草原があり、小作人が馬の群れの世話をし、Éoredの戦士がウルク=ハイを追って草原を全力疾走するところです。 Rohanの分割が私たちにMarkの2つの異なるフレーバーを行うチャンスを与えたので、テーマ的にも同様にうまく働きました。 今現在、私たちは、Gríma Wormtongue(蛇の舌グリマ)がいまだThéoden(セオデン)を支配し、王の息子は死に、オークが荒々しく走り回り、窮地に立つRohirrimはかろうじて彼らがばらばらにならないようにできている、その時に対応しています。 王国の英雄的で壮麗な復活は後回しにできます;私たちには、転げまわるための絶望があります。

それから、Eastemnet。 そこはまだ広大ですが、より構築しやすいです。 Nen Hithoel(ネン・ヒソイル)の西側にEast Wall(別名Emyn Muil)を追加し、そこにはArgonathとAmon Hen(アモン・ヘン)とRauros(ラウロス)とTindrock(ティンドロック)、その他いいもの、さらにedges of Fangornがあります。 そして、まだ私たちはGreat River地域の3倍のサイズの話をしています。 そこをデザイン・チームによって攻撃可能にする最初のステップは、開発するためのより扱いやすいエリアを私たちに与え、かつRohanの支配関係を肉付けする、この両方のために、王国をより小さな地方に分割することでした。 ここは結局、適度に自治を行なっているが、王が「weapontake」を宣言する場合、キングを援助するために馬に跨らざるをえない領主たちのいくらか緩い封建社会です。 各地方、または(ちょっとしたトールキンっぽい言葉遊びを持った古英語を借りると)Ridingには、それ自身の個性、それ自身の領主(および彼に仕える小君主)、及びそれ自身の問題があります。 (北部の「茂みと湿地」の高地)RohanのThe Wold(ウォルド)は、一つのRidingになり、そして私はAragorn と Éomerが会ったあたりのエリア、上流のEntwash Valeと一緒にしました。

Eastemnetの残り、緑の草と放牧地/農耕地の象徴的な広大な広がりを私は2つの地方、NorcroftsとSutcroftsへ分割しました。 私は、各Ridingに領主を割り当てて、その一部は原作で少し言及されたキャラクタから引用し、その他を規定するために新キャラクタを考案しました。 そして、彼らに彼ら自身の人格と家族(そしてシンボル - 緑の地に白い馬をその街の旗として持つ街が次々と現れるのは、Rohirrimに混乱を起こすのと同じぐらいプレーヤーにも混乱を引き起こすでしょう)を与えました。 さらに、私は、残りの土地、川を渡った先についてのアイデアを書き出しました。したがって、王国がどのようにまとめ合わされるかについて十分なスキームがあります。 私は、WestemnetにあるBroadacresとStonedeansのRiding間の違いをあなたに教えることもできますが、耐えてください。 そのうちそこにたどり着くでしょう。

「待って、待ってくれ!」みなさんのうちの数人は恐らくそう言っています。 「Tolkien は、放浪する牧夫を除いては、Eastemnetに誰も暮らさないと言いませんでしたか?」 ええ…はい。 しかし、East WallからFangornまで3人のハンター(そしてMerryとPippin)を追跡するとき、私たちは、その小さな荒野のセクションのみを実際に見ます。 それに、Rohirrimは馬鹿ではありません。 彼らは、放浪するオーク、ワーグ、及びそういったものたちから、この広大な素晴らしい土地(またその人々)を守るために、いくつかの要塞を構築します。 そういうわけで、Entwash(エント川)のこのサイドにEdoras(エドラス)またはAldburg(アルドブルグ)サイズの都市はありませんが、一握りの村と町、それからかなりの数の砦と監視ポストがあります。 これらのうちのいくつかは、Markの敵によって包囲されたり、さらには破壊されたりしており、特に、Éomerが西に避難するように全員に命令してからは、本格的な猛攻撃を阻止するに十分なRiderたちはまったくいません。

そんなわけで、バンザイ! Rohanの全てがスケッチされました。 大量の平らな土地を作り、そこを草で覆う時間です!

そううまくはいきません。 地理的には、Rohanは考えていたよりももっと複雑なことがわかりました。 つまり、まずはそれがRiver Anduinにどのように関係するか考えてください。 ここに、Woldと並行して流れるが、その一方で、草原まで急勾配で下る丘を通り抜けることになり(草原でははるかにゆるく傾斜している)、最後に湖になり、そこから(ずっと低い!)湿原まで落ち込む、(ほとんど)航行が可能な河川があります。 紙の上でそれを見る場合、あなたは微笑んで頷くことができます。 しかしそこを構築するとなると・・・それはどのように機能するのでしょうか? 非常に穏やかな草地のとても近くにそういった極端なものをどのように持つことができるか書きだすことにさらに時間を必要としました。 そしてそれから、物事をもっと複雑すると、Rohanは1つではなく2つの大きな山脈に囲まれており(私たちはゲームの他のパートのために、少なくともその一部分を既に構築しています)、それらの山脈それぞれは、そこから流れ出て一緒になりEntwashを形成する川を持っています - East Wallの丘陵を作っていくにつれ、うあぁああぁ、私の脳は傷つき私は今や倒れる必要があります。

たくさんの時間と、私たちのランドスケープ・モデリング・ソフトウェアをさまざまに(そう、罵りながら)巧妙に使いこなすことが必要でした。 トールキンがそこについて記述したとおりに過不足なく、すべての物事が一緒にうまく働くことができるよう、Markの輪郭を彫刻するために。 そして、うまくできたと思います。 (私は、Mark全体を彫刻しました。 将来いつかなんらかの予期せぬ嫌なことなしに全てのものが正しくまとまっている必要があるので、少なくとも大まかに。 そしてとにかく、あなたはEntwash全体のものを見る必要があります。) あなたは、Eastemnetの一方の端からもう一方の端まで、あなた自身や馬が崖から身を投げる心配無しに任意の方向に馬に乗って駆けることができます。 しかし、あなたはまたGreat Riverをたどって遠路はるばるAmon Henへ向かい、あなたが望んでいたように、威厳があり気高いSeat of Seeingからの眺めに目をみはることもできます。 そしてさらに、East Wallの崖を下り草原へ向かったMerryとPippinのたどった道を追うこともできます。

これが、それらが私に実際に行わせた仕事です。 私は、高校時代にタイムスリップし、私の職業相談員にこのことを話してみたいです。

East Rohanを開発する上での次のチャレンジは、私をしばらくの間悩ましていたものでした:視覚的に退屈になることなしに、そのような巨大で(ほとんど)樹木がない草原を本当に作ることができるのか? 過去に、私たちは、小さなエリアに様々なバイオームを含もうとしました(Dunland と Great Riverを見てください)。 しかし、Rohanのロアは、それ以上の要素の幅の広がりを制限します。 それは、私たちが働きかけることができるもので、もっとはるかに創造的になり、「glassland」を解釈する異なる方法を見つけることを意味しました。 各Ridingはそれ自身の個性、そして実際の世界からそれぞれ異なったインスピレーションを得ました。 Woldは、ほとんど大草原のようになり、全て金色と赤褐色、Norcroftsで黄緑の牧草地へ色あせ、それからゆるやかに傾斜するにつれて暗く、肥沃で、湿ったものになり、Sutcroftsの肥沃なwaterlandsに至ります。 その一方で、Entwash Valeについては、トルキーンが原作にそのエリアについて記述したので、全て灰緑色の丘陵と川の岸に沿ったすべて川の端に沿った、灰色の緑の丘陵地帯と柳の多い湿原です。 木は、少数の孤立した地帯を除いて、どこも不足します。 砕けた石と野花の草地は、森以外のMarkのこの部分のほとんどを分断するものです - もちろんFangornは除きます。

各Ridingの地に、それ自身の性格を与えることは、そこに生活しているRidersを定義する助けにもなりました。 例えば、Markの不毛の端でまっとうに生きているWoldの人間たちは、粗野で、粗雑で、自給自足しています。 本質的に王国の穀倉地帯であるSutcroftersの人々は、より文化があり、(とにかくRohirrimとしては)あまり戦闘的ではありません -- 礼儀正しいですが、現状に無頓着です。 彼らは、古いNúmenórean城塞の廃墟の中に、Snowbourneの主要な村さえ構築しています - ここはかつて、Calenardhon(カレナルゾン)の一地方でした。 そして今もGondor(ゴンドール)の跡が残ります。

話は変わって、Rohan自体の性質から生じる、以前は私たちが決して対処する必要のなかった開発の一面:ここは、Eriadorのほとんどの地域のような、いくつかの過去の文明の砕けた名残、あるいはDunlandのような交戦中の種族の一群ではなく、それ自身の文化を持った巨大で機能している王国です。 トルキーンは、原作の中でその様相を生き生きと描写しますが、彼がその中でカバーしなかったものもたくさんあります。 例えば原作の中で会うほとんど全ての男性は、領主か戦士です。 そして、私たちが遭遇するただ一人の女性は本質的に王女です。 しかし、庶民はどのように生きているのでしょうか? 彼らは楽しむために何を行うのでしょうか? Rohirrimは何を食べるのでしょうか? 彼らの法は何でしょうか、また、彼らはどのように犯罪者を罰するのでしょうか? 彼らは、私たちが原作で見る馬と太陽以外に、どの紋章のシンボルを使用するのでしょうか? 彼らの美術品と音楽はどのようなものでしょうか? 書き言葉が普段使わないルーン文字に制限されている場合、彼らはどのように物語を話しますか? 彼らの会話は、どのように他の文化と異なるのでしょうか? 女性と子供にとって、生活はどのようなものでしょうか? 数週間にわたって、私は、トールキンがインスピレーションを受けた文化、アングロサクソン人とゴート人の文化を集め、Rohirricの全ての物事についての、率直に言って驚くほど大きなガイドを研究し、編集しました。 それは巨大なビーストです。 そして、その一部だけがいつもゲームの最前部へ来るでしょう。 しかし、全てのデザイナーは、彼または彼女が創造するコンテンツの基礎としてそれを使用することができます。

そういうわけで、これがEast Rohanです:騎乗戦闘のためのたくさんの広く開いたスペース。 英雄的な戦士は、全てのサイドの敵に対して絶望的な戦いをします(Isengardだけではありません - Mordor と Easterlingsは長い期間Horse-lordを悩ましてきました)。 村と要塞は火を掲げ、善良な人々は散らばり、彼らの病んだ王への信頼は壊れています。 Horse-lordの人々がこれまでに信頼したことがない、(そして聞いたこともない)英雄達の絶望的な必要性。

そして今、デザイン・チームが東部を洗練し磨き続けているので、私にとってはEntwashを横切る時です。 Westemnet(そしてFangorn!)は、それだけでは構築できないでしょう。



posted by ヴェネラビリス at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Developer Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。