2011年07月20日

Re: Proposed Warg Revisions

Re: Proposed Warg Revisions
ワーグの変更案:アップデート
参考:Isengard: Monster Play: Warg Updates

原文:Re: Proposed Warg Revisions

ここに、いくつかアップデートがあります:

Everyone noticed the copy/paste error between Rallying & Dire Howl. YAY!

問題となっていないものは、ここには記されません。

Rally Howl(ときの叫び):
-待機時間が2分に減少
-射程が10mに増加

Dire Howl(不吉な遠吠え)
-待機時間が5分に減少

Flea Bitten(ノミ攻め):
-エフェクト継続時間と待機時間は、45秒に変更
-デバフは、+10% Induction(詠唱時間) と +10% Attack Duration(攻撃速度)に置換え
-この変更は、このスキルを全てのクラスに対して実行可能なものにします(繰り返しますが、数字は変更される可能性があります)

Shadow Howler(影の遠吠え屋):
-X(100-300)ダメージを無効化するバブルのために12ptダメージ無効を削除。 このバブルは、30秒から60秒毎にリフレッシュされ、ワーグがスタンスを抜ける瞬間にディスペルされます。(繰り返します - 数字は変更されるかのうせいがあります - これは本質的には1回から2回の自動攻撃を無効化するか、重いヒットを減少されるでしょう。このスタンス状態のワーグの耐久性を大いに増加します)

Enhanced Skill: Disappear(強化スキル:消える)
-待機時間を7分へ減少
-Cleanse(洗浄、デバフ除去)は、まだ議論中です。 それがどのようにプレイするか確認するためにいくつかのテストを行う必要があります。


posted by ヴェネラビリス at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Isengard Proposal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

Champion Proposal: Final Stages


Champion Proposal: Final Stages
チャンピオンの改訂について:最終段階

原文:Champion Proposal: Final Stages

テストは、プディングがやわらかすぎるか、丁度いいか、あるいは端の方にゴムのような塊があるかどうかを証明するでしょうが、私は、テストの始まりの状態は気に入っており、今現在はかなり良いと感じています。 とは言うものの、全てが変更される可能性はありますが、この事はすぐ先の未来に関しての最終的な考えに目をやります。

General(全般)

もう盾はありません。 たぶん、それは、もう重装盾はないと読むべきで、そしてたぶん、私たちが変更をラップアップし、ライブになるまででしょう。しかし、当面は、もう盾はありません。

両手剣を振るっている時の、攻撃スキルの使用に対する +1 コストは、もうありません。

1つの討伐イベントが残っています:Red Haze(赤い霧)。 Red Hazeは、特性Swift to Angerがスロットされている時に変更されます(詳細はこのポストの後で)。

Stances(スタンス)

それが現在することに加え、Glory(栄光)は始まりに、控えめな量のCritical Defenceを追加します。 特性に応じて増加するこれらは、チャンピオンが以前盾で達成できたCritical Defenceの全量を補完します。

Gloryは、Hedge(妨害)の待機時間を30秒に、Bracing Attack(迎撃)の待機時間を20秒に、Adamant/Invincible(堅固無比/無敵)の待機時間を60秒に、それぞれ減少します。 Gloryは、もう-15% ダメージペナルティを受けません。

それが現在することに加え、Ardour(熱情)は、以下を減少します:AoEスキルによって生成される脅威、AoEスキルのコスト、及びGreat Cleave(強化薙ぎ払い)とDeathstorm(死の嵐)の待機時間を90秒へ減少。

Ardourは、完全な受け流しと回避、及びBlade-wallへの +1 熱狂値生成の授与を可能にします。

それが現在することに加え、Fervour(熱狂)は、真の決定的な一撃となるようMerciful Strike(止めの一撃)を変更します(詳細は後で)。

Fervourが現在持っている、受ける治癒へのペナルティは、削除が真剣に考えられています。 初期テストで、それは適当な位置に留まるでしょう。 そして、ある程度のフィードバックを得た後に、私たちは、それに従って、反応するつもりです。

Skill Changes(スキルの変更)

Fervour中、Merciful strikeは、全ての熱狂値を消費して、消費した熱狂値あたりスキルによるダメージを~10-15%増加します。 これは私たちが、各熱狂値が与えるボーナスを変更したいかどうかを確認するために、テスト中に見直されるでしょう。 ダメージ増加が熱狂値毎に異なるのはあり得ます。 最終目標は、mobが、ある耐久値の閾値以下にいる時に、このスキルを望まれる決定的なものにすることです。 さらに、このスキルは、この状態にある間、2ないし3の熱狂値を返すでしょう。

Blood Rage(沸血の激怒)は、20%から10%へ士気コストを削減します。 Continuous Blood Rage(持続する沸血の激怒)の考察は以下の通りです:Healingのペナルティを削除し、最終的に自己に加えるダメージとボーナスダメージの比率が2-2.5 と 1 になるまで、ダメージ出力が増加するにつれて、自己に加えるダメージを増加する。

Second Windは、もう on defeat スキルではなく、代わりに、待機時間が10秒に減少し、10秒間、毎秒最大気力の~1%をチャンピオンに与える新しいエフェクトがあります。 スキルの現在のバージョンとの比較では、チャンピオンは、これを行うために殺す必要無しに、彼らの全気力の30%を回復できるようになるでしょう。 これは、討伐イベントのための雑魚のいない、長期間のボス戦の助けとなるはずです。(それでも、特性を通して変更されます)。

それが特性で変更されるまで、Flurryは、手付かずです。 Ardent Flurryは特性で説明されたように削除されます。

Hedge(受け流し)は、受け流しのチャンスに対するボーナスをもう提供しないで、代わりに、アーマー評価値へのブーストを提供します。 Gloryスタンスでは、Hedgeの待機時間は30秒まで減少します。 このスキルの他の全ての機能は、元の状態のままになります。

Heroics(英雄)は、もう on defeat エフェクトを必要とせず、待機時間を5分まで減少します。 True Heroicsは、スタンスのペナルティがもう存在しないので、スタンスのペナルティに対する相殺バフを削除しました(Fervourチャンピオンの皆さんは落ち着いて下さい。私はそれに取り組んでいると述べました!)。 古い能力の代わりに、True Heroicsは、以下を獲得します:Glory中、チャンピオンは、半径20メートル以内の全てのターゲットを挑発し、各ターゲットに対する彼の脅威を増加します。彼はまた、最大士気の~15-20%に等しい、Incoming Damageに対するシールドを受け取ります;Ardour中、20メートル内の全てのターゲットが10秒間(攻撃速度と移動速度)遅くされます。 そして、チャンピオンは彼の最大士気の~10-15%と等しいIncoming Damageに対するシールドを受け取ります;Fervour中、チャンピオンは、10秒間、Strikeスキルが当たるチャンスとクリティカルするチャンスを高め、彼の最大士気の~10-15%と等しいIncoming Damageに対するシールドを受け取ります。

Blocking Blades(防御の刃)は、Seeking Bladesに置換えられます。 Seeking Bladesは、on defeatエフェクトを要求しません。 Seeking Bladesは、Relentless Strike(容赦なき一撃) と Remorseless Strike(残忍な一撃)のクリティカルチャンスを10秒間増加します。 Seeking Bladesには、120秒の待機時間があります。 (このスキルは、66+での強化候補です)。

Ebbing Ire(沈静化)とRising Ire(憤激化)は、1つのスキルに合併されています - Ebbing Ire。 ニュートラルな、ArdourとFervourスタンスでは、Ebbing Ireは、現在と同じように機能し、120秒の待機時間があり、起動するために4 熱狂値がかかります。 Glory中には、このスキルは、Rising Ireになり、Rising Ireが現在行なっているように機能します。 20秒の待機時間と、アクティベートのために2 熱狂値がかかります。

Bracing Attack(迎撃)は、Gloryを除く全てのスタンスで同じままで残ります。 Gloryスタンス中、Bracing Attackには、20秒の減少した待機時間があります。

Dire Need(死中求活)は、同じ機能で残りますが、待機時間は5分に減少します。

Sprint(疾走)は、8秒の継続時間の間、移動速度を+100%増加させるでしょう。 コストは、1 熱狂値になり、戦闘時、非戦闘時に使用できます。 待機時間は、60秒で始まり、おそらく減少するでしょう。 Legacy(伝来)は、この継続時間が不変になることがないのを確実にするため調整されるでしょう。

Sudden Defence(緊急防御)は、全ての熱狂値を消費し、消費された熱狂値あたりチャンピオンの最大士気の~4-5%と等しいIncoming Damageを防ぐシールドを適用します。

Adamant(堅固無比)は、全ての熱狂値を消費し、消費した熱狂値あたりIncoming Damageを3%減少させるようになります。

Invincible(無敵)は、Adamantとして振る舞いますが、Incoming Damage減少は消費した熱狂値あたり~5-6%増加します。

Sound the Attack(大音響)は、Horn of Gondorに改名され、Traitedバージョンは、Improved Horn of Gondorに改名されます。

Fighting Dirty(狡猾な戦い)は、Combat Acuityに置換えられます。 Combat Acuityは、シングル・ターゲットへダメージを与え、10秒間、Bladeダメージを25%ブーストします。 待機時間は、30秒で、起動するために 2 熱狂値かかります。 スキルを使用する耐久値ゲートは削除されます。

Ardour中、Great Cleave(強化薙ぎ払い)は待機時間が90秒まで減少します。

Deathstorm(死の嵐)は、以下の変更以外現行通り機能します:Combat Acuityが、待機時間を引き起こすこと無しに起動します。継続時間は18秒に増加し、プレイヤーがArdourスタンス中の場合、待機時間は90秒に減少します。

Legendary Traits(伝説的特性)

2つについては、上述したので、ここでは他のものに言及します。

Raging Bladeは、以下の変更以外は現在のように振る舞います:Glory中は、脅威を生成、Ardoue中は、そのクリティカルチャンスを増加、Fervour中は、そのクリティカル・マグニチュードの増加。 (このスキルは、66+後に強化される可能性のあるもうひとつのスキルです)

Ferocious Strikes(猛烈なる攻撃)は、Brutal strikes(荒々しき猛攻)をアップグレードし、Improved Brutal Strikesに改名されます。 このスキルは、以下の通り機能するでしょう: Brutal Strikesのようにダメージを与え、同レベルの敵により受け流されたりブロックされたりしません。 コスト 4 熱狂値。 Glory中は、2番目と3番目の打撃の脅威が増加しArdour中は、ヒットする強化されたチャンスがあり、Fervour中は、2番目と3番目の打撃に対し強化されたクリティカル・マグニチュードがあります。 それから最後に、クリティカル時に、チャンピオンの最大士気の~5-10%に等しいIncoming Damageに対するシールドが提供されます。 (私はこのスキルを、「十中八九、そのままでは難所を切り抜けない」ものと表明しています。)

Fight On(終りなき戦い)は、スキルを使用するための士気ゲートを失います。 私は、後でこれに関してもう少し報告するつもりですが、チャンピオンへ士気と気力両方を回復する気力蛇口に変更されるのは、ありそうです。 おそらくダメージバフを削除し、待機時間との割合をマッチさせるために再生量がひねられるでしょう。

以下を行うように、Controlled Burn(熱意の制御)は変更されるでしょう:5秒毎に別の1 熱狂値を追加、近接ダメージに+5%を追加、攻撃速度を5%増加、ターゲットの討伐毎に 1 熱狂値を提供、そして30秒間続きます。(これらは全てあなたをバフし、何も上書きされません。 Legacyは時間を伸ばすでしょう。) 待機時間は5分です。)

Traits(特性)

私は、以前に述べられた特性変更に対する変化のみを記載しています。 これは、ここに記載されなかったものは、そのポストで説明された通りということです(ただし、今後も全て変更され得ます)。 特性がここで言及されないなら、それはそのままです。

At the Ready(反撃体制)は、全てのスキル実行に対し、Rising Ire と Ebbing Ireの待機時間を2秒減少するでしょう。

Braced Against Defeat(敗北への抵抗)は、スキルによって返された士気を向上し、10秒間、incoming healingに+10%を加えます。

Second Wind(二陣の風)は、10秒間、回復を1秒あたり2%まで増加させるでしょう。

(現在、Martial Championの)Tight Gripは、Hedgeバフの継続時間を5秒増加し、待機時間を50%にし、Fervour と Ardour では90秒へ、Gloryでは15秒にします。

Swift to Anger(BerserkerからDeadly Stormに移動) Swift Strike(はやての一撃)は、クリティカルヒット時に追加熱狂値を発生させます。 Ardour中、Swift Strikeは、チャンピオンの正面90角度の3体のターゲットを狙うSwift Bladeになって、Red Hazeは、ardourにより、15秒毎に追加の 1 熱狂値、敵を倒す毎に 1 熱狂値を与えるように変わります。

Sprint(Swift StrikeとのトレードでBerserkerに戻る) 待機時間は、15秒まで減少します。

Closing it out(結び)

フィードバックの提供について、皆に感謝します。 それはヨーロッパの皆さんも含んでいます。 私は、ヨーロッパのフォーラムも覗いていました。 さらなるフィードバックを歓迎します。

私は、これが今あるところ、そしてこれを完成させるために取り組み、あるポイントでテストするために進むのが気に入っています。 どんなクラスが次になるかはっきりしませんが、次はWardenになるのに賭けます。

posted by ヴェネラビリス at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Isengard Proposal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

Champion Proposal: Updates

Rise of Isengardで追加される24人レイドのドラゴン Draigochのコンセプトアート
Meet LotRO's latest Big Bad: The dragon Draigoch
公式の方

LOTROストアのセール情報。7月の日替わりセール。
LOTRO Store Summer Specials Week 3
7月15日(金) Relic Removal Scroll 10%オフ
7月16日(土) Virtue: Loyalty 30%オフ
7月17日(日) Will Stat Tomes 25%オフ
7月18日(月) Currency Cap 25%オフ
7月19日(火) Out-of-Combat Regen Tomes (90 Minutes) 50%オフ
7月20日(水) Trait Slot: Race 30%オフ
7月21日(木) Virtue: Discipline 30%オフ


Champion Proposal: Updates
チャンピオンの改訂について:アップデート

原文:Champion Proposal: Updates

今までのところ、多くの素晴らしいフィードバックと議論。 そのフィードバックから基づき、熱心に取り組んだいくつかの対案。

On Defeat(討伐時)

On defeatは、ある人達は、それが削除されるのを嫌い、他の人達は歓迎し、またある人は変更案に動じないように思え、意見は均等に分割しているようです。 順当に、私は、これをかなり良い決定とみなしています。 しかしながら、Red Hazeを変更するしっかりした方法を見つけることができない限り、Defeat反応は残るでしょう。

Flurryがイエロー・ラインへ移動

好ましくない選択、私は、はっきりとそれを聞きました。 それをRedに戻します。 Athletic(強健)がイエローに移動しそうです。 この変更で何がおきるか?

考え: Ardent Flurry(熱烈な電光石火)は、Ardour(熱情)中、活性化しません - 代わりに、それは、Fervent Flurry(熱狂電光石火)になります(私は頭韻が嫌いです)。

考え: Red Haze(赤い霧)は、もうFervour(熱狂)中、活性化しません - 代わりに、それはArdourに移動し、Kill数をベースに熱狂値を生成します。

Other Bits(その他)

Sudden Defence(緊急防御): これは、ヒールでもなく、ボーナスMoraleでもなく、Morale Shieldです。 これは、数秒間、あるいは打たれ終えるまで残っている防御的盾です。

Sprint(疾走): 速度ブーストは、戦闘時、非戦闘時両方で働き、スキルは、あなたが戦闘中のみ使用可能です。 (5秒の継続時間は変更されそうです。) いいえ、永続的にこれを得ることは無いでしょう。

Merciful Strike(止めの一撃): これが変わらないか、あるいはあなたがレベルアップするにつれて、あなたのローテーションから出て行くことは、十分にあり得ます。 尤も忘れないで欲しいのは、あなたが65に達する前に、それ以前のレベルを通らなければならないことです。 そして、最初のうちはその止めを加えるようなスキルを持っていません。

Root on Heroics(英雄の足止め): 何か良い物になる可能性もあるし、それほど良くないものになる可能性もあります。 Fearは、面白い対案です - もちろんPvMPソリューションを必要とするでしょう。

Ires(怒りスキル): 1つのスキルに統合して、スタンス毎に変わりますか? ArdourとFervourは、現状通りEbbingを保ちます。 Gloryは、Risingに切り替わります…どんなスタンス状態でもないとき…ふーむ…Ebbing? チャンピオンは、オークの口を殴るのが好きなので、Ebbingがありそうです。

The Phantom ICPR Nerf(幽霊ICPRナーフ): どこにもありません。 どこにもないという意味は、私が何か断定的にICPRが変更予定であると言いましたか。 あまりに多くの気力を取り戻すなら、変更を検討する可能性があると言及しました。 何も確定されてはいません…まだ。

Second Wind(二陣の風): 10秒間、毎秒2%になります。 (これはおそらくON Defeatに戻らないでしょう。 もう少しこのスキルについて考えます。 真面目な話、Nerfではありません。)

Brutal Strikes(荒々しき猛攻): 分かりました。 もし私がFerocious を improved brutal にしたいのであれば、brutalをImprove(強化)します。 トレードオフを考えつかなければなりませんが、これはLegendaryなので、それをLegendaryにするのはひどくありません・・・・単純にbrutalをまっすぐアップグレードするかもしれません。

Fight On(終りなき戦い): 何かしら改訂が必要でした。 はい、on defeatで誤って引用していました。

Controlled Burn(熱意の制御): Controlled Burnはスタンスではありません。 それはバフです。 現状では、それは良すぎます。 バフの部分(Exchange of Blows、Flurry、Red Haze、ボーナスダメージ、熱狂値生成の増加)は、もうスタンスを抑えたりオフにしたりしないでしょうし、もっと強力なスキルを上書きしたりしません。 なにも永続的に残りませんが、スキルがアップしている間、それらは純粋なバフでしょう。(これは、Nerfではありません。)

Hedge(妨害): ArdourとFervour中には、通常のように機能します。 Glory中は、それは、説明されるように変更されます。

Sound the Attack(大音響): 改名は、ただ意味をなすものにします。 私たちは、あるものとしてスタートし、後で完全に違ったものになるあまりに多くのスキルを持っています。 私たちは一貫性に向かって進み、Improved Sound Attackを作っています - それもまた働くかもしれません。(あなたは正しいです、全てのチャンピオンがゴンドールから来ているというわけではありません)

-30% Healing in Fervour(熱狂中の-30% 治癒): 私は、これを取り除くことを望んでいます。 本当にそう思っています。 それはある他の要素に依存します。 いろいろな計画がうまくいくなら、-30% Healingが取り除かれるでしょう。

Closing this Out(結び)

全て変更される可能性があります。 引き続きフィードバックをお願いします!

posted by ヴェネラビリス at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Isengard Proposal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。