2012年12月24日

Letter from the Producer: Looking Back on 2012

Letter from the Producer: Looking Back on 2012
プロデューサーからの手紙

原文:Letter from the Producer: Looking Back on 2012

Letter from the Producer: Looking Back on 2012(プロデューサーからの手紙:2012年を振り返る)

By: Aaron "Rowan" Campbell

こんにちは、みなさん! 2012年を締めくくるために、みなさんに現在の「ゲームの状態」報告と今年のハイライトをお話したいと思いました。 Kate Paiz(LOTROのエグゼクティブ・プロデューサー)は、LOTRO開発の今後の計画についてより多くの詳細とともに2013年初めに戻るでしょう。

今年の最も大きな出来事は、LOTROの4番目のエクスパンション、Riders of Rohanのローンチでした。 私は、RoRを特に誇りにしています - それはLOTROの最も大きく(ランドマスとクエスト)、かつ最も高く評価されたエクスパンションでした。 私たちは騎乗戦闘を導入し、FrodoとBoromirの足跡を皆さんにたどらせ、おおよそ8000のバグを解決し、さらに500,000の語をゲームに加えました。

さらに、2012年は以下のものを私たちにもたらしました:

  • LOTROの5周年のお祝い
  • The Great River 地域
  • Open Tapping と Remote Looting
  • Moriaクエストラインとストーリの改訂
  • スケール化された Fornost と Dol Guldur インスタンス
  • AudacityとEttenmoorsの砦占拠のアップデート

私たちは今どこにいるのでしょうか? ゲームは常に発展しています(そして、LOTROチームは静かに座りません)。 したがって、ここに、2013年前半に向けて、私たちが取り組んでいる若干のものがあります。

Rohan Instance Cluster (Part 2) - [ネタバレ!] このクラスタのハイライトはレイドスペースで、それは一体となって、Daleの破壊からSiege of Ereborの英雄的な最後の抵抗までのBattle of Daleの物語を語ります。 「The Bells of Dale」は、その最後の時のDaleにセットされた6人スペースです。 「Flight to the Lonely Mountain」、「The Fires of Smaug」、及び「The Battle for Erebor」は、たくさんの東夷と彼らの巨大な兵器に対する戦いにあなたを向かわせる12人用レイドです。

Class Skills(クラス・スキル) - 過去、LOTROチームは、クラスの変更と強化を行うため、クラスの「Month Of」イベントを実施しました。 2013に向けて、私たちは、スキル(一部は大きく、一部は実際そうではないもの)と全面的なクラス成長に関してプレーヤー・フィードバックを調査しています。 現在から将へとレベルを勧めることは実際的利益を持っているべきであり、あなたの能力を進歩させ育てるので、クラスは異なっているように感じるはずです。

And what else…(そして、その他) もっと多くのScaled Instances (“In Your Absence” - Ost Dunhothへおかえりなさい)。 より多くのランドスケープ・クエストとエピック・ストーリ。 Skirmishとスケーリング・インスタンスのLootドロップの再調整。

私たち同様このゲームを愛してくれて感謝します! 2013年の中つ国で皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

Aaron “Rowan” Campbell - Senior Producer, LOTRO



posted by ヴェネラビリス at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Developer Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

Update 9 - Travel To Quest Location: Behind the Scenes

アカウント・メンテナンスサイトのダウンのお知らせ。日本時間は12月19日 20:00 - 22:00
Turbine Account Maintenance Scheduled Downtime: Wendesday, December 19th
Turbineアカウント・メンテナンス・サイト、http://myaccount.turbine.comは、メンテナンスのため、米国東部時間(-5 GMT) 12月19日(水) 午前6時から午前8時までダウンする予定です。 この時間中、プレイヤーはゲームへログインしたり、アカウントに変更を行ったりできないでしょう。 サイトがダウンした時に、既にゲーム内にいるプレイヤーは、ログアウトしたり、ディスコネクトされたりしない限り影響を受けないでしょう。

UPdate 9のリリースノート
Update 9, Against the Shadow, Official

Update 9の既知の問題
Known Issues: Update 9 Against the Shadow

ユールのお祭りについての開発日誌
Update 9 - Yule Festival


Update 9 - Travel To Quest Location: Behind the Scenes
開発日誌:クエスト・ロケーションへの移動:舞台裏

原文:Update 9 - Travel To Quest Location: Behind the Scenes

Update 9 - Travel To Quest Location: Behind the Scenes

By: Nathan "NPComplete" Partlan

コミュニティーのみなさん、こんにちは! あなたは恐らく私を覚えていないでしょうが、私は数か月前にイントロダクションを投稿しました。 RoRのリリース以来、私は、Update 9におけるみなさんたちのための新しいフィーチャーとフィックスに忙しく働いてきました。 今日は、皆さんにそれらの1つ、新しい「Travel to Quest Objective(クエスト目的への移動)」フィーチャーを伝えたいとおもいます。 私はプログラマの観点から、この種のものについて詳しく述べ、皆さんに洞察を与えることを望んでいますが、これを作るのを楽しいと思ったために、私がそのことをあなたに伝えたいだけかもしれないことを認めなければなりません。

このクールな新しいものについて、また、どのようにそれを使用することができるかの説明から始めましょう:

Quest Tracker内の、現在の目的に直ちに移動する資格が現在あるクエストの隣に、(小さな銀色の輪の中に矢印のある)新しい小さなアイコンがあります。 これは、特定のNPCに単に話しかけることをプレーヤーに要求するほとんどの(なぜ全てが駄目かすぐに説明するつもりです)クエスト目的に利用可能になります。 これは、クエストを報告するために、クエスト授与者に戻ることを簡単にするために、主としてデザインされていますが、さらに、単に誰かに話しかけるために長い移動を要求する特定のクエストの最中に役立つことができます。

この新しいアイコンをクリックすると、確認ダイアログ(予期しない使用を防ぐため)を見るでしょう。 1つの「Traveller's Writ」でNPCへ直ちに移動できることを理解するでしょう。 これらはLOTROストアから購入することができる物々交換Wallet通貨です。

「OK」をクリックする時、(NPCに既に近づきすぎているといった)土壇場で問題が発生しないと仮定すれば、問題のNPCの隣にすぐにテレポートするでしょう。 心配はいりません - 問題があれば、Traveller's Writを請求されないでしょう。 いくつかの技術的な挑戦により(私はそれらについて後で説明します)、ある場合はNPCの正確な位置へ輸送され、ある場合は通常よりやや遠いが近くに輸送されます。

このフィーチャーを戦闘中、あるいはインスタンス内、エテン高地内、貸馬での移動中には使用できません。 さらに、重要なストーリ、または戦闘エンカウンターをスキップさせることになる、一部のクエストについては現在、または将来も無効にされています。

私はデザイナーではありませんが、なぜ私がこのスタッフに取り組むことについて興奮していたのか、何をクールだと思ったのかについてもお話したいと思います。 私は残念ながらレベルキャップに達したキャラクタを持たない忙しいプレーヤーです。 私は、クエスト授与者への同じルートの繰り返しの行き帰りを少なくとも私のキャラクタの一人だけでも切り抜けたい。 その結果、私はもっとストーリやクールな新しいコンテンツを経験することができます。 しかしそれでも、私はワールドを見たいと思っていますが、ちょっと退屈になる前に、与えられたフィールドを走り過ぎることができるのはそうなんどもありません。 この新しい移動方法は、私がそうしたい場合、ワールドを見ることを可能にするでしょうが、同じ移動をあまりにも何度も繰り返すことをスキップすることも可能にするでしょう。 いくつかのレベルキャップに達したキャラクタを持った長年のプレイヤーにとっても、これが新しいクラスか種族を試みるのをより簡単にするだろうと期待しています。

ではこれから、技術的パートです。

このフィーチャーを私自身が使用したいことに加え、いくつかの非常にクールな技術的挑戦を提示したので、私は、このフィーチャーに取り組むのを楽しみました。 基本的特徴は単純に見えます:ワールド内でNPCを見つけ、次に、そのスポットへプレーヤーをテレポートさせます。 しかしながら、隠れた沢山の複雑さがそこにあります。 自動的に働く何千ものクエストがあるので、私たちは完全にすべての状況をどうしても予想することができませんでした。 私たちは、特定のクエストに対してシステムを切る方法を作る必要がありました - システムが展開された後に問題が見つかったような場合にさえ。 私たちはできるだけ多くの問題を予想する必要があり、そのため私は、他のいくつかの面白い小さなチェックと考察中に、インスタンスクエストや複数の目的地を持つような問題のあるクエストタイプがこのシステムの使用から無効にされるのを、確実にするために時間を過ごしました。

しかしながら、もしあなたが以前にMMOコーディングの仕事をしたことがなければ、最初の実際のチャレンジは恐らく明白ではないでしょう。 他のプレーヤーがクエスト授与者近くにいなければ、NPCのいるエリアはサーバーにロードされていないこともあります! 結局のところ、なぜそこを使用するプレーヤーがまわりにいないのに、エリアをロードしておくのでしょうか? これは、プログラムがどこにあなたのキャラクタをテレポートすべきであるか理解することを困難にします;問題のエリアは存在しないかもしれません。

しかしながら、私たちはクエスト・ガイドを持っています。 クエスト・ガイドは、あなたが毎日使用するクエスト・リングと距離インジケーターを表示するために、私たちが使用する位置を知っています。 特定のNPCのためにたった1つのクエスト・ガイド・ロケーションを持つクエストについては、少なくともそのNPCがまさににそのポイントに近いとみなすことができます。 これは、長いパトロール・ルートを持つNPCを除いて、ほとんどすべての場合で非常によく働くことが判明します。

一旦基本的フィーチャーが動き出すと、私たちは様々な洗練を行うようになりました。 あなたが戦闘中、貸し馬での移動中、インスタンス内にいる時、または別のクエスト目的を開いたパネルを既に持っている時、Travel to Quest NPCボタンがグレイアウトさせられることを確実にしました。 個々の小さな特殊なケースでは、私は、そのことについてもっと学ぶか、または関連システムとどのように接続かを刷新しました。 より多くのエラーチェックとプレーヤーへの通知を加え、さらにUIをきれいにしました。 さらに、一度に複数の異なった移動タイプを実行しようとするいくつかの楽しい競合状態に走りより修正を行いました。

私が考える最もクールな部分は、毎回NPCの正確な位置へテレポートされることが少しばかげたように思えることを悟った時です。 私たちは、可能な場合にこれをしないように努力することにしました。 NPCの隣りにあなたを連れていくのはよいだろうと私たちは考えました。 しかし、クエスト授与者が壁から採掘している、崖の端に立っている、監房に監禁されているクエストについてはどうでしょうか? これらのシチュエーションそれぞれは、合理的な位置にあなたのキャラクタを置くことに対して異なるチャレンジを提供します。 実際、始める前に、単に降参するほうが簡単だったでしょう。 しかし、この種の問題は夜眠り、自分たちを次の日に仕事に行きたくなるようにさせる前に、私たちエンジニアが考えるのが好きなものです。 ですので、私たちは抵抗できませんでした。

これらの問題と格闘するために、私たちは創造的になりました。 まず、NPCの位置へあなたをテレポートすることにより、そのエリアがロードされることを保証しなければなりませんでした。 その後、あなたがNPCの視界内の歩行可能な位置に降り立ち、全て失敗した場合にはNPCの位置にあなたを置くのを確実にするために、フィジカル・システムと視線チェックを使用することで、少し離れた位置にあなたを動かすために、最善を尽くすことができました。 ほとんどの場合、これは、うまく働くことが判明しました! 少数の例外ケースでは、NPCの正確な位置上に降り立ちます。 さらに少数の若干のケースで、特定のクエスト目的に対してこのフィーチャーをオフにしなければなりませんでした。 そんなわけで、全てのNPCに移動するオプションを常に確認できない場合があるのを理解できたはずです。

これは詳細をあなた自身が見ずに理解するのは少しむずかしく、みなさんのほとんどには面白くないかもしれません。 もしそうなら、恐らく、ゲームを作ることを考慮するべきです!

あなたのクエスト目的に移動するのを楽しんで、質問またはコメントがあるかどうか知らせてください! どんな特定のサジェッションも実装する約束はできませんが(あなたの意見が全員に共有されない場合があり、特定のものは、私たちが持つ時間では実現不可能なことを思い出して下さい)、デザイナーは、それがすごいものになるまで全てを反復したいのを知っています。

posted by ヴェネラビリス at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Developer Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

Riders of Rohan Developer Diary: Warbands

Riders of Rohan Developer Diary: Warbands
Warbandについて

原文:Riders of Rohan Developer Diary: Warbands

Warbands 

By: Jared 'Amlug' Hall-Dugas

Overview(概要)

Riders of Rohanでは、みなさんがかなり長い間期待してきたメジャー・アップデートを私たちが持っていることがわかっていました。 さらに、それを正しく行い、ゲームのできるだけ多くの局面を見なければならなかったことも理解していました。 私たちが捕らえたかった瞬間の1つは、Rohanの広大なうねる平原を縦横無尽に移動する、放浪するモンスターの群れというアイデアでした。 一群のワーグの乗り手が私たちから離れた丘の頂に達しているのを見つけるためだけに、私たちは遠くの丘へ馬に乗って進みたいと思いました。 危険が差し迫った今、あなたは敵の元へ向かいますか、それとも逃げますか? あるいは、支援を得るために何人かの近くのヒーローを集めますか?

こうして、Warbandsは生まれました。 Easterlingsの集団、あるいは人間と彼のCrebainペット、これらの広範囲のパトロールは、Rohan全体にわたり、あなたの一日をだめに(spoil)するか、あるいはあなたのバッグを戦利品(spoil)でいっぱいにする準備ができています。友達、または通りすがりの見知らぬ人を集め、これらの獣たちと一人であるいは一緒になって戦いましょう。

History of World Mobs

Lord of the Rings Onlineや他のMMOで、World Mobは、かなり不変のものでした。 一般に、彼らは、ずっと遠くにとどまる必要のある、レアmobあるいはスポイラーを務めます。 どんな経験を積んだMMOプレーヤーも、大きなレイド・レベルWorld Mobが地方を襲撃しているのを見て地面が振動するのを感じるか、LOTROでそのレア・モンスターを見つけると、何人かの友だちか見知らぬ人の手伝いを得てそのモンスターを破りました。

しかしながら、通常、これらのmob討伐に対する報酬はかなりあやふやで、SpawnキャンプやSteal Killのレースはそれらをおもしろくしません。 さらに、これらのmobは、あなたの最も親しいギルドメンバー20人の支援なしでは殺せないほど、しばしばかなり高いStatを持っていました。 非常にしばしば、私は、プレーヤーとして、そのランダムSpawnを殺したいと思いました。 それに挑戦し失敗するか、私がフロントガラスの虫であることをわかっていて、まるで災厄のようにそれを避けました。 しかしそれを、むしろチャンスだと感じるようになりたいと思いました。 あるいはそのmobと戦おうとしている誰かが近くにいるのを見たら、一緒に参加し戦えるようになりたいと思いました。

Warbandsで、私たちは、これを達成することを目標としています。

The Anatomy of Warbands(ウォーバンドの解剖)

Encountering a Warband(ウォーバンドとの遭遇)

Warbandsは形もサイズも様々です。 何人のmobがWarbandにいるか、またどのタイプのmobになるかに制限はありません。 Warg-riderの群れからそこらじゅうを踏みつける腹を立てたトロルまでさまざまです。 彼らは、Rohan全体にわたって長距離をパトロールするでしょう。 Warbandに近づいた時、あなたのマップとミニ・マップは、新しいマップノートをアップデートし、Warbandが近くにいることをあなたに知らせます。 その現場へ馬に乗って向かうと、あなたはWarbandクエストを受理するチャンスを得るでしょう。 このクエストは、デイリーで繰り返し可能で、また、あなたに報酬を与えますが、特別なギフトボックスもあります。

待って!何?特別なギフトボックス? はい、すぐにその話をします。

Engaging a Warband(ウォーバンドとの交戦)

クエストを受けても受けていなくても、パーティー・ステータスにかかわらずWarbandと戦うことができるでしょう。 もはや、他の誰かを見つけ、パーティを作り、mobがUntap状態まで待ち、それからそのmobを倒したい人々の長い列のあなたの番になるまで待たなければならないことはもうありません。 Warbandは、mobを倒すのを助けるか、そのmobを倒している人をヒールする場合に、誰でもクレジットを得ることを可能にする新しいopen-tappingシステムを使用するでしょう。 みんなの力を合わせましょう! Warbandは止められるに違いありません! Warbandが分捕品を直接ドロップしない(クエストのみがドロップ)ので、あなたの隣人を助けることはよいことです。 誰でもWarbandを倒したことに対する完全なXPとクレジットを得るでしょう。

Defeating a Warband(ウォーバンドを倒す)

オーケー、オーケー、わかってます。 ギフトボックス。 Warbandデイリーの1つを完了する時、Warbandがどこのエリアにいるかに依存して、いくつかの異なるギフトボックスのうちの1つを獲得するでしょう。 これらの箱は、レアな材料を含む生産材料、住宅アイテム、ポーション、Mark、Medallion、宝飾品、Shard、(mounted relicを含む)Relic、第二紀のシンボル、箱からのみ出るWar-steed外観が入っています。 最終的にRohanのデイリーを全て行えば、1日当たり10個を超えるこれらのギフトボックスを得ることができます。 新しいエンド・ゲーム・メカニズムに加え、これはうまくいけばかなり長い間あなたのインベントリ・バッグを満たすはずです。

私たちは、Rohanで行った新しいシステムの変更でそれを望んでいます。 Warbandsは、あなたがレベリング中とその先で、魅力あるエキサイティングなものになるでしょう。 ここまで読むために時間をかけて感謝します。 そして、もうすぐRohanであなたに会うことを望みます!

 
posted by ヴェネラビリス at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Developer Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。